大分県豊後大野市の希少ハチミツ 羽田野弘文さん 人生の楽園で紹介

Sponsored Link

ミツバチが育む山郷プロジェクトの代表である羽田野弘文さんが、9/3放送『人生の楽園』で紹介されます。今では希少となったニホンミツバチで村おこしを行っている方で、生産された蜂蜜の入手方法は「ふるさと納税」だけですが入手は可能となっています。

今回は羽田野弘文さんの蜂蜜の入手方法などを紹介します。

大分県豊後大野市の希少ハチミツ 人生の楽園


なぜか道ばたにある養蜂(ようほう)

温泉担当が、いつも楽しみにしている『人生の楽園』9/3放送では、大分県豊後大野市でニホンミツバチの希少ハチミツを生産する施設「ミツバチが育む山郷」を経営する羽田野弘文さんが紹介されるとありました。

京都でも山奥では養蜂(ようほう)は盛んに行われており、府道でも国道でも、道ばたにポツテンと養蜂の箱が置かれているのを見ることができます。

特に、こういったニホンミツバチの養蜂は少なくなっており、今では希少蜂蜜「幻の蜂蜜」として重宝されるようになってきました。

ミツバチが育む山郷


ミツバチが育む山郷

ミツバチが育む山郷

羽田野弘文さんが行っている「ミツバチが育む山郷」は、豊後大野市朝地町鳥田というところで行われています。

城山の山中にあり、大変山深い土地です。

このあたりは標高700m「鳥屋地区」(とやちく)と呼ばれており、大分市内から車で1時間程度の場所にあります。シャクナゲで有名な「神角寺」の近くに、その養蜂場はあります。

滝や渓谷が多く、景観の良い土地ではありますが、人家もまばらで、いずれは廃村になるであろうと思われていました。

しかし、それではいかんということで、なにか村おこしができないかと考えて始めたのが「ニホンミツバチの養蜂」という道でした。

大分県豊後大野市朝地町鳥田1353-7
URL:http://murazato.jimdo.com/

ミツバチが育む山郷 蜂蜜の入手方法は?


ミツバチが育む山郷 ニホンミツバチの純粋蜂蜜 310g

ミツバチが育む山郷 ニホンミツバチの純粋蜂蜜 310g

このミツバチが育む山郷さんの蜂蜜は、どこを探しても販売店などの入手方法は紹介されていないのですが、実は意外な入手方法がありました。

ふるさと納税 です!

ハチミツ310gの瓶ひとつが、1万円以上の納税で入手することが可能です。

(1)ふるさとチョイス
(2)CityDO!(受付停止中)
(3)ふるさと納税(クレディセゾン会員専用)

大分県豊後大野市の希少ハチミツ 羽田野弘文さん 人生の楽園 まとめ


大分県豊後大野市で希少ハチミツを生産する羽田野弘文さんについての「まとめ」です。

(1)2016年9月3『人生の楽園』で紹介
(2)大分県豊後大野市朝地町でニホンミツバチの養蜂を行っている
(3)ミツバチが育む山郷プロジェクトの代表
(4)ハチミツは「ふるさと納税」で入手可能

人生の楽園 9/3 予告


人生の楽園 9/3 予告は以下のとおりです。

家族を東京に残して単身で大分県の故郷に移住し、希少なニホンミツバチの養蜂で、生まれ育った山里を元気づけようと奮闘する63歳の男性を紹介
東京で働きながら、盆暮れには家族で豊後大野市に帰省していた主人公。帰省のたび、衰退する故郷の姿を目の当たりにして、何か方法はないかと考え続けた。そして思いついたのが、“養蜂による故郷再生”。かつてこの集落の家々で飼われていたニホンミツバチの養蜂を地域の産業にし、里山の再生にもつなげようと考えたのだ。ニホンミツバチは一般的なセイヨウミツバチより飼育が難しいが、故郷の特産にしようと力を尽くしている。

Sponsored Link


抗菌作用の強いマヌカハニー


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。