上杉農園 ジューンベリー(山梨市牧丘町)上杉三郎さん『人生の楽園』で紹介

Sponsored Link

山梨県山梨市牧丘町の上杉三郎さんが7/16放送『人生の楽園』で紹介されます。2007年に移住して「ジューンベリー」を栽培する「上杉農園」をされている方です。便利な暮らしをしないよう心がけ「ひとり暮らしの果樹栽培」を楽しんでいる方です。

上杉農園」ではジューンベリージャムも生産しており、「道の駅まきおか」で購入も可能です。

山梨市牧丘町の上杉三郎さんが『人生の楽園』で紹介されます


山梨市牧丘町の上杉三郎さんが、7/16放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。

ひとり暮らしの果樹栽培

・・・・となっており、山梨市牧丘町で田舎のひとり暮らしを満喫する姿が紹介されます。

ひとり暮らしの果樹栽培


上杉農園ジューンベリージャム

果樹とは「ジューンベリー(June Berry)」のことです。それを「ジューンベリージャム」にして「道の駅まきおか」で販売しています。

※写真は公式サイトより

上杉三郎さんの山梨市牧丘町で田舎のひとり暮らしは、薪でお風呂を焚き、農園で食べ物を育てる、昔からの生活の方法です。

特にサラリーマンなどで超多忙な生活をしてきた方が、真逆のシンプルな生活にあこがれる傾向にありますね。

やることを減らしていくと、心に余裕が生まれるのですが、田舎暮らしの醍醐味というのは、まさにそこにあると思います

ジューンベリー(June Berry)栽培で生計をたてる


ジューンベリー(June Berry)の花

上杉三郎さんが自分の農園「上杉農園」で栽培しているのが「ジューンベリー(June Berry)」です。

・和名「シデザクラ」
・桜のような白い花が4月~5月に咲く
・日本では観賞用の植木として知られている
・紫の実がなる
・6月が旬
・ジャムなどの加工食品づくりにも使える

「ジューンベリージャム」も少しずつですが生産しているとのことです。製造は行政の認証を受けるために、生産工場に委託しています。

「ジューンベリージャム」を販売しているところは珍しいです。

というのも、ジューンベリー(June Berry)は観賞用で植木などが売られていることがほとんどだからです。

上杉農園

このあたりは甲府市の北にある山梨の「妙見山」(みょうけんざん)の下にある集落です。富士山がキレイに見える土地でもありますね!

妙見山の標高は約1224メートルで、上杉農園のあるあたりは標高が750メートルです。

この標高差だと街中とくらべて、温度差は約5度は違います。暑い日でも朝夜は涼しいと感じるくらいの場所です。真冬だと氷点下10度くらいの極寒となります。

でも、縄文時代から人が住んでいたんです。近くには「古宿遺跡」という住居跡が保存されています。

山梨県山梨市牧丘町西保中1915
URL:http://u-farm.fruits.jp/

上杉農園のジューンベリージャムが買える場所「道の駅まきおか」

上杉農園のジューンベリージャムは「道の駅まきおか」で買うことができます。

正確には「道の駅 花かげの郷まきおか」という道の駅です。

このあたりはというか山梨はフルーツの産地で、巨峰とリンゴが有名です。

ここは人は少ないのですが、実は北海道ではよく見る「YAEH!カード」(ヤエー!カード)があります。(ない場合もあります)

通称「ヤエステ」といい、バイカーなどに人気のシールです。(ヤエステのサイトはこちら

昔はよくツーリングですれ違うと「ピース」(挨拶)をしたもので、それの名残ですね。

山梨県山梨市牧丘町室伏2120
営業時間:8:30~17:30
定休日:水曜(祝日は営業し翌日休み)、年末年始
URL:http://michinoeki-hanakage.fruits.jp/
Blog:http://maruta.be/ufarm


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。