産直やしお・農家民宿やしお(秋田県由利本荘市)大坂日出雄さん『人生の楽園』で紹介

Sponsored Link

秋田県由利本荘市の大坂日出雄さんが7/9放送『人生の楽園』で紹介され、2016年にオープンしたばかりの「産直やしお」と「農家民宿やしお」が紹介されます。ご夫婦で経営しており秋田県由利本荘市に同じ秋田から農家民宿をやるために移住してきたそうです。

では、「産直やしお」と「農家民宿やしお」は、どこにあって、どのようなお店なのでしょうか。

秋田県由利本荘市の大坂日出雄さんが『人生の楽園』で紹介されます


秋田県由利本荘市の観光地

大坂日出雄さん(秋田県由利本荘市)が、7/9放送『人生の楽園』で紹介されます。

経営する「産直やしお」と「農家民宿やしお」を2016年にオープンされて、その移住からオープンに至る経緯などが紹介されるようです。

ご主人も奥様も同じ秋田県出身のふたりで、定年退職を契機に「農家民宿」を経営したいと考えるようになり、2015年に東由利に移住を決意しました。

東由利のあたりは、夏は蛍が飛び、夜は満天の星空が見られる田舎ですが、自然豊かな土地柄で、ボツメキ水源地のわき水を使った日本酒などの生産も盛んな土地です。「亀田城」なども見所ですね。

産直やしお 2016年4月23日オープン
農家民宿やしお 2016年6月1日オープン

産直やしおは「道の駅 東由利」かを2キロほど南に行くとある小さな野菜・山菜の産直店舗です。

また、農家民宿やしおという民宿もオープンしています。

産直やしお

産直やしおは、国道107号線(本荘街道)沿いにある大きな道の駅「道の駅 東由利」から2キロほど南にあるお野菜や山菜などの産直店で、2016年4月23日に新規オープンしました。

産直やしお

道の駅にも産直はあるのですが、「産直やしお」さんは休憩所もある小さな小さな道の駅という感じの建物で、畑や田んぼの広がる山間の田園地帯の中にあります。

そのため、景色の良いお店になっていました。

お店では、裏で栽培しているお野菜や近隣の地元農家さんのお野菜を扱っています。また、お漬け物や花に野菜苗・工芸品なども扱っているお店です。

秋田県由利本荘市東由利舘合白山66
営業時間:9時~18時
定休日:月曜
URL:http://www.akita-gt.org/event/1837/1921/yashio.html

※画像は秋田グリーンツーリズムより※

農家民宿やしお


農家民宿やしお

先ほどの産直と同じ場所に、2016年6月「農家民宿やしお」が新規オープンします。

1日1組の完全予約制の農家体験型民宿で、5人まで宿泊することができます。お料理など、地元の新鮮野菜・山菜を使ったが夕食付きで6000円程度で宿泊することができます。

素泊まり(1泊) 4000円
夕食付き(1泊) 5800円
朝食付き(1泊) 5000円
2食付き(1泊)6800円

農家体験は1時間750円で要予約ということになっています。宿泊料金はチラシから少し改訂されていますが、上記のものが正確です。

宿泊料金には「道の駅 東由利」にある「黄桜温泉」の入浴料が含まれています。天然温泉の大浴場があり、泉質は弱アルカリ性の単純温泉です。

秋田県由利本荘市東由利舘合白山66
URL:http://www.akita-gt.org/event/1837/1921/yashio.html

秋田県由利本荘市東由利舘合白山66
入浴料:300円(90分)※休憩室は時間制限なし※
営業時間:10時~21時
定休日:第一・第三月曜(祝日は営業し翌平日に代休)
URL:http://www.ont.ne.jp/~k-yurari/kizakura.html

※画像は秋田グリーンツーリズムより※

Sponsored Link


秋田県由利本荘市の宿泊施設一覧です


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。