半兵衛 農業体験民宿と食事処つくばの里@茨城県龍ケ崎市 人生の楽園

Sponsored Link

半兵衛(農業体験民宿)さんが5/7放送『人生の楽園』で紹介されます。場所は茨城県龍ケ崎市です。「食事処つくばの里」も運営する地元の同窓生グループが運営する民宿で2011年にオープンし野菜づくりなどの農家体験ができる1泊6000円の民宿です。

では、この半兵衛(農業体験民宿)さんとはどのような民宿なのでしょうか?

人生の楽園@茨城県龍ケ崎市


5/7放送『人生の楽園』は茨城県龍ケ崎市が紹介されます。

この「茨城県龍ケ崎市」(りゅうがさきし)ですが、あまり関東でも知らない方が多いと思います。

牛久市や取手市につくば市のすぐ隣りの市で、牛久沼というのは実は龍ケ崎市にあったりするのですが、あまり有名なものもなく、「龍ケ崎コロッケ」というご当地グルメがあるくらいです。

流通経済大学と田んぼと工場があるという立地ですが、そこで農業体験民宿「半兵衛」を営んでいるのが、今回の『人生の楽園』で紹介される岡野順さんご夫婦です。

では、この農業体験民宿「半兵衛」はどこにあるのでしょうか?

農業体験民宿 半兵衛

農業体験民宿 半兵衛さんの場所は「茨城県龍ケ崎市板橋町」です。

古民家をリニューアルした平成23年(2011年)オープンの農家レストランで、本谷英基さんという方も共同経営者となっていました。

というのも、この「農業体験民宿 半兵衛」さんは、地元の小学校・中学校の同窓生の6人が運営しており、すぐ近くの定食屋「食事処つくばの里」の運営も行っています。

ちなみに周囲は田園地帯となっています。

農業体験民宿は、1泊2食で6000円とお気軽なお値段となっていますが、8~10畳の和室が3室で最大5名までの宿泊施設となっています。宿泊予約は公式サイトから可能です。

・野菜づくり
・味噌づくり
・コンニャクづくり

体験メニューは「野菜づくり」「味噌づくり」「コンニャクづくり」となっており、農作業は5時間と3時間のコースがあります。

茨城県龍ケ崎市板橋町1705
営業時間:11時~18時
定休日:無休
URL:http://npo-biolife.jp/hanbei/index.html

食事処つくばの里(龍ヶ崎市)

今回紹介される「農業体験民宿 半兵衛」さんも農家レストランではあるのですが、食事だけなら同じ経営の「食事処つくばの里」が推されているようです。

「食事処つくばの里」も龍ケ崎市にあり、「農業体験民宿 半兵衛」さんの近くです。

50名規模の宴会場もあり、和洋食を食べることができるレストランになっています。

茨城県龍ケ崎市半田町170
営業時間:
定休日:
Facebook

岡野順さんのインターネットライブ放送

今回の主人公である岡野順さんが、インターネットライブ放送「蛙蛙ライブ」(かわずあらいぶ)に出演している放送もあります。

地域の農家のお役に立ちたいという思いで、同級生と一緒に「農業体験民宿 半兵衛」や「食事処つくばの里」の運営を行っていますが、経営は芳しくなく2015年になって、やっと利用客も増えてきたそうです。

人生の楽園 5/7 予告


人生の楽園 45/7 予告は以下の通りです。

【仲間と始めた体験民宿】定年後、茨城県龍ケ崎市にUターンし、同窓生の仲間5人で力を合わせて民宿を始めた男性を紹介。タケノコ掘り体験などで宿泊客をもてなしている。
定年退職後、故郷・龍ケ崎市にUターンし、小中学校の同窓生と旧交を温めた主人公。近くの農家から「空き家になった古民家を借りてくれないか?」との話を受け、同窓生仲間の5人で農業体験民宿を開くことにした。同窓生には元大工の棟梁や料理人、ガラス屋さんもおり、5人で手分けして宿を切り盛りしている。今の季節は宿泊客を竹林に案内し、タケノコ掘り体験。採りたてを庭で焼いたり、木の芽和えにして楽しんでもらっている。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。