佐々木忠雄さんの手作り生活が3/26人生の楽園で紹介 千葉県館山市

Sponsored Link

3/26放送『人生の楽園 春の拡大スペシャル』で、千葉県館山市の古民家に移住した佐々木忠雄さんご夫婦が紹介されます。千葉県館山市は房総半島南端にある温暖な気候の土地で、海の見える海岸沿いにある古民家を購入したそうです。

人生の楽園』はテレビ朝日の優れた、考えさせられることの多い番組なのでオススメします。

山のキッチン東星田とみぃが3/26人生の楽園で紹介 千葉県南房総市

人生の楽園 花に囲まれ 手作り生活


2016-03-26_161214

3/26放送『人生の楽園 春の拡大スペシャル』で千葉県館山市の古民家に移住した佐々木忠雄さんご夫婦が紹介されます。

佐々木忠雄さんはサラリーマン時代に、持病のリュウマチをこじらせてしまい、退職後は静かな田舎でのんびり過ごしたいということで、千葉県で古民家を探し始めます。

そして、2010年に千葉県館山市で出ていた賃貸物件の古民家を発見し、自ら改修して移住に成功したご夫婦です。

千葉県館山市竹原で古民家を改修して移住

佐々木忠雄さんは退職後に千葉県館山市に移住したのですが、その際に古民家を改修して移住しています。

場所は、千葉県館山市竹原315-8付近のようです。というか、そこです。

佐々木忠雄さんは移住に際しては、3つの条件を挙げていました。そのため、探し当てるのに10年もかかったと言います。

温暖な土地
田園風景
手ごろな広さの畑

温暖な気候で田園風景というと、関東より西になりますが、千葉県の房総半島は温暖な気候で、特に白浜などもある館山市は条件に一致します。

館山市は黒潮が近く、海から温かい風が吹いてくるので、アノ辺りでもなぜか温暖な地形なのです。

佐々木忠雄さんのガーデニング


2016-03-26_154445

ご主人の佐々木忠雄さんは、この千葉県館山市の温暖な気候を利用し、ガーデニングに挑戦しています。

腕前は、第一回たてやまガーデニングコンテストでも受賞するほどです。

ご自宅前を「ペチニア・金魚草・パンジー・つつじ・ユキヤナギ」でガーデニングして、コンテストに応募していました。

ペチニア
金魚草
パンジー
つつじ
ユキヤナギ

出典:http://www.city.tateyama.chiba.jp/tosikeikaku/page100075.html

千葉県館山市は移住では人気のあるエリア


2016-03-26_155701

千葉県館山市は移住では人気のあるエリアです。

このあたりだと、千葉県富津市も人気がありますが、館山市の方が椰子の木が海岸沿いにあったりして、白い砂浜を見ながら走れる「内房なぎさライン」もあったりと景色はキレイです。(場所にもよります)

天気が良ければ富士山なども見えますね。

千葉県富津市
千葉県南房総市
千葉県勝浦市

アクアラインを使えば、東京の大田区まで車で1時間ちょいくらいです。

ただ、房総半島を内回りで使っていくと、かなり時間がかかります。

実際に、房総半島を車で一周したことがあるのですが、千葉県の市原市くらいから館山市に行くのにかなり時間がかかりました。国道16号があるのですが、2車線で景色も平坦なので時間がかかるような感じがするのです。

千葉県館山市への移住の仕方


2016-03-26_160931

南房総市では「空き家バンク」があるのですが、東京湾沿いの富浦地区まで出ると古民家で600万円ほどで物件があります。高いか安いかはあなた次第ですが、古民家自体に資産価値はないので、ほぼ土地代です。

海沿いの古民家の賃貸で、月額6万円ほどです。高いか安いかはあなた次第ですが、千葉のこのあたりだったらリゾート気分なので、この価格帯だと思われます。

ただ、多くの場合は、古民家というのは改修が必要です。

長年放置されていた家というのは必ず荒れています。今回の主人公である佐々木忠雄さんも、最初に行ったのは荒れ果てた古民家の改装からでした。

移住支援制度の解説
空き家バンク

おおよそで、6万円~7万円の賃貸物件(古民家)が多いようです。

ただ、私の相場観だと、この辺りなら月3万円くらいでないと厳しい感じはします。

人生の楽園 3/26 予告


人生の楽園 3/26 予告は以下の通りです。

館山市の古民家を気に入り、神奈川県から通いながら夫婦で少しずつ改装し、移住を果たした70代の夫婦。妻は庭で花を咲かせ、夫は野菜を育て、遊びに来た孫は広い庭をかけまわっている。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。