Mふぁーむ@島根県松江市 上田茂さん人生の楽園に出演

Sponsored Link

3/5放送『人生の楽園』は島根県松江市で週に1度の八百屋Mふぁーむ」(えむふぁーむ)を経営する上田茂さんご夫婦が紹介されます。

人生の楽園』はテレビ朝日の優れた、考えさせられることの多い番組なのでオススメします。

では、上田茂さんのお野菜はどこで買えるのでしょうか?

直売所の「Mふぁーむ」は島根県松江市のどこにあるのでしょうか?

人生の楽園 上田茂


2016-03-05_125852

3/5放送『人生の楽園』の主人公は、島根県松江市東出雲町でIターンをして農場を始めた上田茂さん(68)と奥様の真美子さん(58)のご夫婦です。(奥様はUターン)

上田茂さんは事業を畳んで、奥様の出身地(島根県松江市東出雲町)で農業を始めたのですが、今ではそのお野菜を「頑固な野菜の会(きこなやさいのかい)」という生産者グループに所属して販売しています。

高菜
春菊
白菜
ニンニク
唐辛子
ブロッコリー
日用品など

お野菜は「無農薬野菜」で、島根県松江市東出雲町にある1500坪の農場で生産しています。

また、週に1度だけですが、島根県松江市の中心部に近い場所で「Mふぁーむ」という野菜直売所を始めており、今回の放送では、そちらが紹介されます。

では、上田茂さんのお野菜はどこで買えるのでしょうか?

また、直売所の「Mふぁーむ」は島根県松江市のどこにあるのでしょうか?

Mふぁーむ

この週に1度の八百屋さん「Mふぁーむ」ですが、島根県松江市の中心部に近い場所にあります。

オープンは2010年12月で、最初は親戚の野菜を売りながら、自分の生産した野菜を販売し始めたそうです。

そんなに不便な場所ではなさそうで、JR松江駅からも徒歩10分程度。近くにはスーパーマーケットもあります。

ただ、近くのお年寄りから「近くに買い物ができる店がなくなって不便だ」という声を聞いて、お店を始めています。

では、なんでこの場所なのでしょうか?

実は、この付近は高齢化が進んでおり、人口の半分近くが65歳以上の方々なのです。

京都も場所によりますが、田舎だと、こういうところあるんです。

年齢を重ねると、どうしても行動範囲が狭くなります。若い方には問題ないエリアでも、高齢者にとってはそうではないのです。

近くのスーパーは距離にして約1キロの場所ではありますが、それでも遠いのです。

島根県松江市和多見町46
営業時間:
定休日:

上田茂さんは、配達もしてくれるとのことなので、近くのお年寄りの方には嬉しいお店のはずです。

頑固な野菜の会

上田茂さんのお野菜は、頑固な野菜の会(きこなやさいのかい)グループが出店する「みしまや上の木店」の中の売り場で購入することも可能です。

みしまや上の木店は地元の大きなスーパーマーケットで、JR松江駅からは車で10分くらいのところにあります。

島根県松江市上乃木3丁目14−20
営業時間:9時~22時
定休日:年中無休
URL:http://www.mishimaya.com/agenogi

出西しょうが 幻のしょうが


今回の舞台は松江市ですが、お隣には出雲市があります。

そこに、実は「幻のしょうが」があるんです。

名前は「出西しょうが」(出西生姜)というのですが、出雲市斐川町の出西地区でしか育たないという高級ショウガです。

旬は夏頃になります。

Sponsored Link


【生姜糖 国産】 來間屋生姜糖本舗 生姜糖 1枚箱入り【生姜糖 生姜湯 しょうが糖 しょうが 粉末 出西しょうが 出西生姜 來間屋】【出雲・松江・島根県産お茶・和菓子・地酒の縁結び本舗】【RCP】

人生の楽園 3/5 予告


人生の楽園 3/5 予告は以下のとおりです。

【幸せを届ける夫婦の野菜】 東京から松江市に移住して一から農業を始め、買い物をする場所に困っているお年寄りたちのために、週に一度の八百屋さんを始めた夫婦を紹介。
家業の印刷会社を畳み、妻の故郷・島根県松江市に移り住んだ夫婦。家の近くに畑を借りて季節の野菜を育て、収穫した野菜を週に一度だけ、市の中心部にある小さな店で販売している。お客さんは近隣に住むお年寄りたち。古くからの商店が相次いで閉店したため、とても感謝されている。夫婦は遠くまで買い物に行けないお年寄りのために、日用雑貨や加工食品も買い付けて店に並べている。地域で愛される八百屋さんを営む夫婦を紹介。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。