和紙工房 松鹿 しょうろく 淡路 人生の楽園 奥田好治

Sponsored Link

和紙工房 松鹿(しょうろく)さんが『人生の楽園』12/26放送で「淡路の里 夫婦の和紙工房」として紹介されます。淡路津名紙(あわじつながみ)を手作りする手漉き和紙工房「和紙工房 松鹿」と「ギャラリーながさわ」を淡路島で経営されている奥田好治さんが主人公です。息子(奥田晃介)さんは京都でカメラマンをしているのですが、お父様の和紙でポストカードにした写真作品を発表していたりもします。

人生の楽園』はテレビ朝日の優れた、考えさせられることの多い番組なのでオススメします。

12/26 人生の楽園


2015-11-27_232746

今回の主人公は、奥田好治さんご夫婦で、タマネギの一大名産地である兵庫県淡路島で「和紙工房 松鹿」と「ギャラリーながさわ」を経営しています。

淡路津名紙(あわじつながみ)という手漉きの和紙を再興された方です。

ご主人が若い頃から趣味で、紙すき(和紙づくり)をしていたのですが、定年退職後に和紙職人になると決意して、淡路市塩田出身であったことから、淡路島で和紙職人としての人生を始めます。

淡路津名紙(あわじつながみ)は、淡路のギャラリーで購入することができます。

和紙工房 松鹿 しょうろく

和紙工房 松鹿」と「ギャラリーながさわ」は淡路島の長沢地区にある古民家をリノベした工房です。

上のストリートビューだと、白い家の奥です。

ギャラリーながさわ」は、2015年11月8日にオープンしたばかりで、和紙漉き体験教室なども盛況とのことで、工房も大きくしたのだそうです。

淡路島の「和紙工房 松鹿」さんでは、他にも地元名産「タマネギ」や「ユーカリの木」も使っています。

玉水紙 (楮・タマネギの皮)
楮表皮あま皮入り (楮の表皮とあま皮)
センダン草の種子入り (楮の表皮とセンダン草の種子)

兵庫県淡路市長澤405
営業時間:10時~16時
定休日:不定休
URL:http://sho-roku.com/

Sponsored Link


☆新発売1000円ポッキリ!☆【みそ汁・シチューに】淡路島いつでも乾燥玉ねぎ!●送料無料●手間入らず☆野菜不足と感じた時にドライオニオン【メール便でお届け】

松鹿舎(京都市下京区)

上のポストカードは、我々も住む京都でカメラマンをされている「奥田晃介」さんという方の写真を和紙でポストカードにしたものです。

同じ奥田さんですが、今回の主人公の息子さんです。

2011年から、京都市下京区で「松鹿舎」という会社を立ち上げて、お父様の和紙を使った作品なども手がけています。

つまり、京都だったら、この方に連絡すれば、和紙が入手できるという話です。

京都市下京区油小路通仏光寺上ル風早町577-1 メゾンドマルワ506
URL:http://shorokusha.com/

淡路津名紙 あわじつながみ

淡路島の「和紙工房 松鹿」さんで作っている和紙は「淡路津名紙」と呼ばれる手漉き和紙です。「あわじつながみ」と読みます。

つまり、機械ではなく、人の手で作られる和紙のことで、私の小さい頃はまだこういう和紙生産の家がありました。

和紙というのは、木の繊維をやわらかく細かくして、それを薄く集めて乾かしたものですが、やわらかい繊維に強度もあることから、紙衣(着物)として使われることもあります。

日本では、古代から生産されており、日本全国各地に独特の手漉き紙文化があり、その地名をとって「~和紙」と呼ばれています。

歴史は1000年以上 淡路島手漉き和紙


淡路島の手漉き和紙歴史は1000年以上ですが、高度成長期に入った日本では、手漉き和紙はどんどん無くなっていき、淡路島でも手漉き和紙文化は消滅してしまいます。

Sponsored Link


LED 照明 シーリングライト和紙


和紙で作ったリビング用LEDライトなんかもあって、今でも機械漉きの和紙は残っていますが、手漉き和紙は昭和に入ると次第になくなってきました。

では、なんで手漉き和紙はどんどん無くなってしまったのでしょうか?

それは、大変手間がかかるからです。

楮紙


淡路津名紙(あわじつながみ)は、主に楮(こうぞ)を材料にした楮紙のことです。

「和紙工房 松鹿」さんも、淡路島で楮(こうぞ)の栽培から和紙作りに取り組んでいます。使うのは楮(こうぞ)の枝の皮です。

椿(ツバキ)ではありません。楮(こうぞ)です。

Sponsored Link


【楮紙】土佐和紙 天下一品(手漉き・未晒楮)

楮(こうぞ)は、南の島で自生していた植物ですが、それを日本に持ってきて和紙の原材料にしてきました。聖徳太子の時代、飛鳥時代から和紙の材料になってきたものです。

楮(こうぞ)
ネリ(トロロアオイの根の粘液)
タマネギ
ユーカリの木

淡路津名紙は、楮(こうぞ)の皮を剥いで、白皮をやわらかく細かくしたものを、トロロアオイの根から抽出したネリ(糊のこと)を使って薄い紙状にしていきます。

今回の主人公である奥田好治さんが復活させたのは、この楮(こうぞ)を原材料にした淡路津名紙です。

紙すき体験


淡路島のギャラリーでは、カメラマンをされている息子さんの作品を使ったポストカードや、和紙の販売も行っており、「紙すき体験」も可能になっています。

「紙すき体験」は、500~1000円で体験可能(予約制)です。

はがき(4枚) 500円
色紙(1枚) 500円
ミニ色紙(6枚) 1000円
B5版(2枚) 1000円

先月(11月)までは、300円と500円だったので、値上がりしています。というか、これまでが安すぎました。

人生の楽園 12/26 予告


一般的な生き方で、大学を出て、企業に就職して、定年退職まで働いて、退職後は悠々自適に生活というのも悪くありませんが、『人生の楽園』では、第二の人生がテーマになっており、年を重ねてからのチャレンジが多く紹介されます。そういうのを見ると、一度しかない人生を充実したものにするには、どうするば良いのかと考えさせられることがたくさんあります。

人生の楽園 12/26 予告は以下のとおりです。

定年退職後に紙すき職人となり、伝統的手法で和紙を作る65歳の男性を紹介。淡路島に自生するコウゾの木の皮を使い、一から手作りしている。
会社勤めの傍ら、生まれ育った淡路島で何か打ち込めるものを探していた主人公。ある日、妻が和紙の小物を作っているのを見て、この和紙を自分で作ってみたいと思い立った。そこで少しずつ和紙作りを学び、5年前に定年退職後、本格的な和紙職人となった。伝統的な和紙づくりは、島に自生するコウゾの原木を蒸して皮をはぐことから始め、ユーカリの葉などを使って彩色する。先月開いた和紙工房には、海外からも紙すき体験に訪れる。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。