このみの里 おかず屋 福津 人生の楽園 柴田稔 しばたみのる

Sponsored Link

このみの里 おかず屋(福岡県福津市)が『人生の楽園』11/28放送で「ふるさと農園の惣菜屋」として紹介されます。今回の主人公は柴田稔(しばたみのる)さんです。農園を始めたのは、野菜をつくって「朝市」を始めて地域貢献をするためです。

『人生の楽園』はテレ朝の大変優れた番組なので、ぜひ見ていただきたいです。

11/28 人生の楽園


2015-11-26_145720

今回の主人公の柴田稔(しばたみのる)さんがお住まいなのが、福岡県福津市の八並(やつなみ)地区です。

福岡市の北にある「許斐山」(このみやま)のふもとにある山間の集落です。

さほど遠くないところに住宅地もあって不便でもなく便利でもない田園が広がる、日本ではよく見る里山の風景が広がっています。

今回の主人公は、そこで農家の息子として育った柴田稔(しばたみのる)さん。

野菜が好きで、市役所を56歳で早期退職して農業をいちから勉強して始めた農園が紹介されます。

柴田さんの野菜を買うには?

柴田稔(しばたみのる)さんは、地元で地域貢献をするために無農薬野菜を栽培しています。

販売は、毎週日曜日には宗像農協神興支店の駐車場朝8時~9時の間で行っています。

また、普段は農協の直売所(二カ所)で野菜を販売しています。

宗像農協神興支店の駐車(毎週日曜朝8時~9時、地図
ふれあい広場ふくま(上写真)
わいわいファーム(地図

日曜以外は、農協の直売所「ふれあい広場ふくま」と「わいわいファーム」で販売されています。

通常は、直売所に行くのが便利です。

福岡県福津市上西郷539−1
営業時間:8:30~17時
定休日:第三火曜
URL:http://www.city.fukutsu.lg.jp/shisei/shisetsu/fureai.php

いろんな種類の野菜を販売


柴田稔さんの野菜作りは地域貢献ということもあり、毎週日曜には田舎のスーパーが少ない場所で屋外販売をしているのですが、そのため種類も多く栽培するという方法をとっています。

野菜は、すべて無農薬有機野菜です。

かぼちゃ
大根
春菊
にんじん
ナス
佐賀白石レンコン
ごぼう
にんにく

このみの里 おかず屋

また、奥様はご主人のお野菜が大好きで、それでお料理をしたいと料理教室に通って、2013年10月に「このみの里 おかず屋」をオープンしました。

コンテストで優秀賞をとるほどの腕前で、福岡のふるさと事業では「本物の和食」を教える講師などもしていらっしゃいます。

お惣菜は、野菜と同じように農協の直売所「ふれあい広場ふくま」と「わいわいファーム」や日曜の朝市でも販売されています。

福岡県福津市八並409
電話:090-7382-2464
営業時間:
定休日:

このみの里」という名前は、「許斐山」(このみやま)から名付けられました。

佐賀白石レンコン


Sponsored Link


れんこん 泥付き 3kg 佐賀県 白石産

柴田稔さんが特に力を入れて栽培しているのが「佐賀白石レンコン」です。

佐賀白石レンコンは、有明海の干潟の良質な土壌で育つレンコンのことで、蓮根の高級品とも言われています。

ほくほくモチモチとした食感が特徴です。

福津のクリームスイカ

柴田稔さんがお野菜を販売している「ふれあい広場ふくま」には、この辺ではここでしか購入できない福津のクリームスイカ」というレア商品を販売してもいます。

これは、黄色スイカのことで、夏の商品(7月~8月)ですから、今の時期は入手は難しいです。

糖度が12度以上あるスイカで、シャリシャリするメロンみたいとの評価もあります。

Sponsored Link


【北海道富良野産】有機肥料でとっても甘く育ったクリームスイカ

人生の楽園 11/28 予告


人生の楽園の11/28放送分の予告は以下のとおりです。

主人公は、先祖代々受け継がれてきた田畑を人に任せて市役所勤めを続けていたが、自分の手で農業をしたいという思いが強くなり、56歳で早期退職。米や野菜を作り始めた。すると妻は「この美味しい野菜をたくさんの人に食べてほしい」と、自宅の倉庫を改装して惣菜製造を始めた。郷土料理のがめ煮やぬか漬けなどを早朝から作り、直売所や朝市で販売している。夫が力を入れているのはレンコン栽培。泥と格闘しながら収穫している。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。