石鍋亭 いしなべてい 周防大島 宮地直人 11/14 人生の楽園

Sponsored Link

人生の楽園』11/14放送は瀬戸内海の周防大島に移住し民宿「石鍋亭いしなべてい)」を経営する宮地直人さんご夫婦が主人公です。

『人生の楽園』はテレ朝の大変優れた番組なので、ぜひ見ていただきたいです。

11/14 人生の楽園


2015-11-12_140622

周防大島には「定住促進ツアー」というのがあって、こちらを利用して定住を決意される方がいらっしゃいます。

今回の主人公、宮地直人さんもその一人で、51歳の時に「周防大島町定住促進協議会」を利用されて、古民家を改装し民宿「石鍋亭」を始められた方です。

11/14放送『人生の楽園』では、そんな宮地直人さんの移住生活が取り上げられます。

※画像は公式サイトより

周防大島に移住 宮地直人さん


周防大島(すおうおおしま)は大変大きな島で、本土からも近いので道も繋がっているアクセスの良い島です。正式名称は「屋代島」と言います。

山口県ってどこ? と思われる方もいらっしゃると思いますが、四国の左上の中国地方の西端にある県です。

瀬戸内海で三番目に大きい島で、別名「金魚島」とも呼ばれています。島の形が「金魚」の形をしているからです。

温泉もたくさんあるし、瀬戸内の景色の良いところなんで、旅行にはオススメです。

今回の主人公、宮地直人さんは、そんな周防大島の景色に惚れ込んで移住されたとのことです。

民宿 石鍋亭 いしなべてい

民宿 石鍋亭は、2015年5月に周防大島(山口県)に新規オープンしたばかりの民宿です。

設計・施工は周防大島で多くの施工例がある「ティーエム設計」さんで、工期は半年となっていました。

築100年の古民家を改装されたそうですが、状態も良く、広くてキレイな民宿になっています。暖炉もある広間に、個室はソファやベッドもあるなど快適に過ごせるように工夫されています。

定番の石窯でのピザづくり体験や自家栽培のフルーツでのおもてなしなど、センスの良さが伝わる民宿です。

民宿 石鍋亭では、特にお料理が自慢ということで、瀬戸内でとれた鮮魚を使ったお料理が公式サイトでたくさん紹介されています。

気になるお値段は一泊二食で12000円となっています。ただし、1日一組で最大10名までの予約制です。ただ、年内予約は満員で、来年1月は平日ならなんとかなるという盛況です。

山口県大島郡周防大島町横見139
チェックイン・アウト:16時IN、10時OUT
予約:070-2354-1478(10時~17時まで受付)
URL:http://ishinabetei.com/

※Googleマップに登録されていなかったので登録しておきました。

石鍋亭 行き方

石鍋亭の行き方(アクセス)ですが、JR山陽本線「大畠駅」からバスが出ています。「大畠駅」の北口を出て左手にバス乗り場があります。

「防長バス」の町立橘病院行きに乗車して、横見バス停で下車です。(時刻表はこちら

路線図はこちらです。

周防大島の名物 みかん鍋


周防大島というと思いつくのが「みかん鍋」です。

みかんの一大産地としても知られていますが、10年くらい前から「みかん鍋」というのがプッシュされています。

みかんを瀬戸内海で獲れた魚介鍋に、そのまま入れた名物鍋です。

URL:http://www.suouoshima.com/

Sponsored Link


【送料無料】【山口県】【周防大島町安下庄】【生産者直送】【谷本農園】三代目が作る安下庄の熟成大島みかん10kg※別途送料、東北300円、北海道・沖縄500円かかります

瀬戸内ジャムズガーデン

周防大島にIターンをして、ジャム屋さん「瀬戸内ジャムズガーデン」を新規オープンした若者のドキュメンタリーが、11/7のNHK『目撃!日本列島』で放送されました。

人口減少に悩む島で、奮闘するジャム屋さんを扱ったドキュメンタリーで、その奮闘で島の雰囲気が変わって行くのを追いかけた番組でした。

周防大島のフルーツでつくったジャムが大人気となっています。楽天や公式サイトから通販もできますよ。

関西では11/22に放送。山口では11/13に『NHKドキュメンタリー』で放送されます。

Sponsored Link


瀬戸内ジャムズガーデン 島のジャムセット6本 JMGD−6(送料込・送料無料)【内祝い ギフト 出産内祝い 引き出物 結婚内祝い 快気祝い お返し 志】【02P07Nov15】

山口県大島郡周防大島町日前331−8
営業時間:10時~18時
定休日:水曜
URL:http://www.jams-garden.com/

人生の楽園 11/14 予告


人生の楽園の11/14放送分の予告は以下の通りです。

アウトドアと料理が大好きで、釣った魚を料理しては家族や友人にふるまっていた主人公は、「瀬戸内の島に家と船を買って釣りをする」という暮らしを夢に描いた。そして51歳で参加した周防大島の定住促進ツアーで眺めの良い古民家と出会い、会社を早期退職して島に移住。家を改装して民宿を始めた。移住仲間の農家や魚屋さんから仕入れた食材を使った料理は、美味しいと大評判。夫の後に島に移住した妻も、民宿を手伝っている。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。