【人生の楽園】温泉のある駅「水沼駅温泉センター」、3/29「わ89-302」引退するわたらせ渓谷鉄道「神戸駅」(ごうどえき)のボランティア駅長

Sponsored Link

3/28放送『人生の楽園』は1時間拡大スペシャルになっていました。毎週見ているので、楽しみです。

今回の放送では、わたらせ渓谷鉄道「水沼駅」にある「水沼駅温泉センター」が経営難で閉鎖した時に、これを復活させようと会社を退職してまで奔走した神山登さん。水沼駅に近い桐生市黒保根町に移住してきたダニエル・ガスマンさんご夫婦。同じくわたらせ渓谷鉄道「神戸駅」(ごうどえき)でボランティア駅長をする金子昇さんが紹介されます。

神山登さん(わたらせ渓谷鉄道「水沼駅」にある「水沼駅温泉センター」)
ダニエル・ガスマンさん(わたらせ渓谷の風景にほれて移住した元アメリカ空軍軍人夫妻)
金子昇さん(渓谷鉄道「神戸駅」(ごうどえき)のボランティア駅長)

温泉のある駅「水沼駅温泉センター」(わたらせ渓谷鉄道「水沼駅」)

駅自体に「温泉マーク」のある渓谷鉄道「水沼駅」は、温泉「水沼駅温泉センター」のある駅です。別名「猿川温泉」とも言われます。

お風呂は目の前の「わたらせ渓谷」を見下ろす絶景露天風呂に内風呂があり、泉質は「含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉」となっています。炭酸水素塩泉自体はトロリとしたお湯が特徴ではあるのですが、ナトリウム・カルシウムが多く含まれているようで、このタイプだと湯上りがお肌サラッサラツになるお湯で、お湯もサラッとしたものです。

今回の主役「神山登さん」は地元役場に勤める公務員でしたが、定年退職1年前となった時に地元の温泉センターが休館することとなり、「これはいかん」と役場を早期退職しちゃってまで経営再開に奔走した方です。人生いろいろで面白いですね。

群馬県桐生市黒保根町水沼120−1
入浴時間:10:30から20時
入浴料:600円
URL:http://www.mizunuma-sb.com/

金子昇さん(渓谷鉄道「神戸駅」(ごうどえき)のボランティア駅長)

わたらせ渓谷鉄道は懐かしい単線の電車が走っています。これ「わ89-302」という列車なのですが、3/2で引退しちゃうんです。

わたらせ渓谷鉄道は足尾町と群馬県桐生市を結ぶ路線で、1989年開業ですが、その時からずっと走ってきたのが「わ89-302」です。そんなに古くはない路線ではあります。

3/29は、午前の部と午後の部の二回で「ファイナルツアー」が開催されます。

参加費は5500円(往復運賃・お弁当・記念品付)

午前の部は売り切れ。

午後の部では、13:36発「桐生駅」~15:29着「間藤駅」を往復します。(3/29以外は予約なしで乗車できます

各部で40人限定です。

URL:http://www.watetsu.com/

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。