【四季御膳】おがわ作小屋「おがわ四季御膳」~小さな村の彩り御膳~(宮崎・西米良村「おがわ作小屋」)

Sponsored Link

平成の桃源郷、宮崎県の西米良村小川地区にある「おがわ作小屋」では、78歳の女主人「中武タツさん」が作る、四季の食材を使った16種類の料理を小皿に盛る「四季御膳」が、過疎の村起こしの主役となっています。

西米良村小川地区で採れる四季の食材をこれでもかと使った、色鮮やかな御膳はまるで宮廷料理のような美しさです。

おがわ作小屋「おがわ四季御膳」1300円(税別)


2015-01-03_130412

小皿は月替りで変わり、掛け干し米と手造りの味噌でいただきます。滋養あふれる日本の伝統食です。

素材には地域で採れた30種類の食材が使用され、「米良糸巻き大根」といった地域の野菜、そして山で捕れたイノシシ肉、ゆずを使った甘露煮など、アイデアを凝らした料理が出されます。

メニューや営業時間はFacebookで告知されます。

2015-01-03_131109

超キレイで美味しそうです。惚れ惚れしちゃうような御膳です。これで、1300円は安いです。(ご飯・味噌汁おかわりは100円)

画像は公式サイトより

おがわ作小屋の場所(行き方)


日本の原風景、どう見ても素晴らしい景色です。

宮崎県西米良村は人口1200人ですが、この小川地区は人口たったの100人です。そこに、年間観光客2万人が訪れるといいます。食事処だけでも、2012年度に年間1万6000人が訪れるそうです。

これは、本当にスゴイことで、これだけのお客が呼べるのも、「おがわ四季御膳」があるからこそです。

このビジネスモデルなら、外国人観光客だって呼ぶことは不可能ではありません。現在、外国人観光客には以前も紹介した「ドラゴンルート」(昇龍道)が盛況ですが、似たビジネスモデルでルート化すればいけるんじゃないかと思います。ま、予算がついてこないでしょうけど。

おがわ作小屋
宮崎県児湯郡西米良村小川254
営業時間:9時から17時(休憩処)、10:30から15時(食事処、L.O.14時)
https://twitter.com/ogawasakugoya(メニューや営業日を掲載)
http://ogawa-sakugoya.com/food/
※2009年10月オープン

素泊まり2500円からのコテージもあります。

車で行くしかなく、宮崎市から約2時間です。しかし、これなら人は来ますよね。

こちらは、1/3放送の「人生の楽園」でも紹介されます。

「人生の楽園」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。