オカリーナ工房土音 @栃木県小山市 益子焼の里で作るオカリナが『人生の楽園』で紹介

栃木県小山市で「オカリーナ工房土音(ひじおと)」を営む板垣洋一さんが2020年11月7日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。同じ栃木県の益子町という益子焼で有名な土地の土で作るオカリナのお店で、益子焼の技術を使って製作されているオカリナを販売しています。

オカリーナ工房土音(ひじおと)のオカリナが『人生の楽園』で紹介


オカリーナ工房土音(ひじおと)のオカリナが『人生の楽園』で紹介

オカリーナ工房土音(ひじおと)のオカリナが『人生の楽園』で紹介

2020年11月7日放送の『人生の楽園』で、栃木県小山市にあるオカリナ工房「オカリーナ工房土音(ひじおと)」の店主・板垣洋一さんが紹介されるそうです。

板垣さんは元銀行員で、陶器の益子焼で有名な益子町の銀行で支店長をしていた時にオカリナを自分で作りたいと思い始めたそうです。

理由は、益子町で行われる氏神様の祭り「土祭(ひじさい)」に奉納されたオカリナを見た時に、そのオカリナが益子町の土で作られていないことを知ったからだそうです。

陶器の町なのに地元の土でオカリナを作っていないのはなんでだろう?

そんな疑問から陶芸技術とオカリナ演奏を学びはじめます(2009年7月~)。

その後、2013年に銀行員を54歳で早期退職して、2016年9月に自分のお店「オカリーナ工房土音」を開業しました。

オカリーナ工房土音(ひじおと)のオカリナはどこで買える?

では、このオカリーナ工房土音(ひじおと)のオカリナはどこで買えるのでしょうか。

益子町の土で作るオカリナは「Claytone」というブランドで販売されており、益子白土で作られるオカリナとして「栃木県小山市ふるさと納税」の返礼品にもなっています。

値段は1万円台から3万円台くらいまで、公式サイトの通販ページから購入できるようになっています。

また、銀座の「山野楽器」さんでも販売されているそうです。

ふるさと納税の場合は楽天市場「栃木県小山市ふるさと納税」からチョイス可能で、53000円~68000円までの金額でオカリナ奏者中原蘭のために開発したプロモデル「蘭シリーズ」のみの提供となっていました。

この「蘭シリーズ」の値段の違いは表面仕上げの違いだそうで「basic(一般的な表面磨き加工)」と「dolce(表面が鱗状仕上げ)」と「legato(表面を磨かずに土感のある仕上げ)」で異なるそうです。

他にも「forte」というプロモデルもあるようなので、公式サイトでいろいろ見比べてみると良いでしょう。

オカリーナ工房土音(ひじおと)の場所

では「オカリーナ工房土音(ひじおと)」は栃木県小山市のどこにあるのでしょうか。

場所は栃木県小山市横倉という地域、東北新幹線「小山駅」から車で15分ほどのところです。

営業時間は「10時~18時」ですが、来店する場合は事前にメールで要連絡することになっていました。これはオカリナ制作で応対できない場合もあるからだそうです。

人気番組の『人生の楽園』で紹介されたらなおのことなので、見に行きたい場合はメールで相談したほうが良さそうですね。

〒323-0813 栃木県小山市横倉508−2(地図
営業時間:10時~18時
定休日:不定休
公式サイト:http://claytone.jp/

人生の楽園 2020年11月7日 予告


人生の楽園 2020年11月7日 予告は以下の通りです。

趣味の音楽が高じてオカリナを手作りし、銀行を早期退職して工房を開いた板垣洋一さん(62歳)。窯元から分けてもらった益子の土で、9時間かけて焼成するオカリナとは!?
趣味の音楽が高じてオカリナを手作りし、銀行を早期退職して工房を開いた板垣洋一さん(62歳)と、それを支える妻の文子さん(61歳)の物語。洋一さんがオカリナ作りで使うのは益子の土。益子支店長時代の縁で益子焼の窯元から土を特別に分けてもらい、900℃の電気窯で9時間かけて焼成する。さらに洋一さんはオカリナ普及のため、プロのオカリナ奏者・中原蘭さんと教室を開き、高谷オカリナの里では仲間と定期演奏会の開催も。

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。