うどん のんち(麵屋讃岐のんち)@石川県珠洲市「奥能登のうどん屋」が人生の楽園で紹介

2020年5月30日放送の『人生の楽園』で、石川県珠洲市にある人気の讃岐うどん屋「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」さんが紹介されるそうです。開店から行列ができるお店として知られており、出汁が自慢のお店です。

石川県珠洲市「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」が人生の楽園で紹介


石川県珠洲市「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」が人生の楽園で紹

石川県珠洲市「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」が人生の楽園で紹

石川県珠洲市(奥能登)にある「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」さんが、2020年5月30日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。

店主さんは故郷である石川県珠洲市を元気にしたいと四国でうどん修行をした尾間谷一彦さん。

過疎化進む町で地域の方々が交流できるうどん屋さんを開業したいと始められたのだそうです。

番組は2011年に放送された回の再構成となっており、放送から9年後の様子も紹介されるそうです。

今は地元で有名店になったそうで、開店から行列ができるほどの人気店。

また、野菜で作ったかき揚げが人気だそうで、出汁が秀逸だと評判のお店です。

釜揚げ 550円
かけ 550円
きつね 660円
きのこ 770円
かき揚げ 830円
鳥天 830円
イカ天 830円
ベーコン餅 830円
牛すじ 880円
カレー 880円
ぶっかけ 550円
鶏五目ごはん 260円

このお店への行き方や営業時間は?


能登半島最北端の地に「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」はあります

能登半島最北端の地に「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」はあります

では「うどん のんち(麵屋讃岐のんち)」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は奥能登、石川県の最北端である珠洲市にお店があります。

電車は能登半島を半分くらい移動可能な「のと鉄道七尾線」が「穴水駅」というところまで行っているのですが、そこから車で1時間以上かかる場所です。

営業時間は「11時~14時、木曜日のみ16時~20時も営業」で、定休日は「月曜日(祝日は営業し翌日休み)、金曜日」となっていました。

〒927-1213 石川県珠洲市野々江町シ 部20−1
営業時間:11時~14時、木曜日のみ16時~20時も営業
定休日:月曜日(祝日は営業し翌日休み)、金曜日

このお店の口コミは?

人生の楽園 2020年5月30日 予告


人生の楽園 2020年5月30日 予告は以下の通りです。

工場を早期退職して半年間の準備を経てうどん店を開いた尾間谷一彦さんと、定年退職後に静岡県藤枝市に移住して緑茶作りを始めた渡邊正治さん。二人の楽園の主人公の今は
2011年に紹介した石川県珠洲市の工場を早期退職し、香川県での単身修業など半年間の準備を経てうどん店を開いた尾間谷一彦さんと、妻の悦子さん。開店から9年を経て店はすっかり人気となり、初孫も誕生!!▽2009年に紹介した定年退職後に静岡県藤枝市の茶畑と製茶設備を借り、花のような香りの緑茶作りを始めた渡邊正治さんと、妻の福子さん。探求心旺盛な正治さんはその後養蜂を始め、今はおいしい蜂蜜を追い求めている

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。