Ke-yaki Kitchen @埼玉県入間市「アメリカ人陶芸家のカフェ」人生の楽園で紹介

埼玉県入間市にあるアメリカ人陶芸家のカフェレストラン「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」さんが、2020年4月25日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。『Ke-yaki Kitchen』は2017年5月に陶芸ギャラリーも兼ねたカフェレストランとして開業されました。

埼玉県入間市「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」が人生の楽園で紹介


入間市駅近くのカフェ「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」が人生の楽園で紹介

入間市駅近くのカフェ「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」が人生の楽園で紹介

2020年4月25日放送の『人生の楽園』で、埼玉県入間市にあるアメリカ人陶芸家のカフェが紹介されるそうです。

お店の名前は「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」さん。

オーナーはケーネンジェームスさんというアメリカ人陶芸家の方だそうです。

ジェームスさんは33年前に来日して英語教師をしていましたが、53歳で陶芸家の道へと進み、2017年5月に陶芸ギャラリーも兼ねたカフェレストラン『Ke-yaki Kitchen』を開業しました。

お店は築100年の古民家で提供されているのは「欧米家庭料理」です。

ディナーはルイジアナ州(アメリカ)を起源とするシチュー料理自家製ソーセージ料理などを提供し、お値段は1900円~2200円くらい。

他にもテンダーロインステーキ(270g)やエビ料理などもあります(5900円~9300円)

もちろん、ランチかカフェタイムもあり、パンのテークアウトも可能です。

・自家製パン
・ハンバーガー
・サンドイッチ
・フライドポテト
・自家製ケーキやスコーン
・手作りソーセージ
・カクテル シュリンプ
・ブリーチーズ焼き
・ルイジアナ州のシチュー料理など
・コーヒー
・紅茶

Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)はどこにある?

こちらの「Ke-yaki Kitchen(ケーヤキ キッチン)」さんですが、2020年4月時点で時短営業および臨時休業で不定期営業となっています。また、お持ち帰りのみの対応となっていますのでご注意ください。

また、現在は新型コロナウイルスの影響もあり、テレビの影響が見込まれる2020年4月26日(日)は駐車場を閉鎖し「混雑対策」を行うことにしています。

お店からも「極力 外出はお控え下さい」と利用者に呼び掛けていますので、遠方からわざわざ行くようなことは自粛してください。

場所は入間市駅から徒歩10分、住宅街の中にあるカフェレストランです。

〒358-0004 埼玉県入間市鍵山1丁目1−3
営業時間:10時~17時(土曜日、日曜日)、11時~17時頃(水曜日~金曜日)
定休日:月曜日、火曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/ke_yaki_kitchen/
公式サイト:https://ke-yaki-kitchen.jimdofree.com/

このお店の口コミは?

人生の楽園 2020年4月25日 予告


人生の楽園 2020年4月25日 予告は以下の通りです。

アメリカ人陶芸家として活動しながら、築100年の古民家で欧米家庭料理のカフェレストランを開いたケーネン ジェームスさん(69歳)。その味わい深い焼き物&料理とは!?
33年前に来日してアメリカ人陶芸家として活動しながら、築100年の古民家を借りて、欧米家庭料理のカフェレストランを開いたケーネン ジェームスさん(69歳)と、それを支える妻の美穂さん(50歳)の物語。障子に英字新聞を張るなど遊び心のある店内には、味わい深い色合いのジェームスさんの焼き物が展示され、提供されるメニューはハンバーガーやサンドイッチ、ローストポークなど…。さらに自家製のパンやケーキも大人気!

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。