農家民宿ひなた @群馬県富岡市「田舎を体験できる宿」が人生の楽園で紹介

群馬県富岡市にある「農家民宿ひなた」さんが、2020年3月28日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。富岡市の名産「下仁田ねぎ」を使った鍋や、12月~2月限定の郷土料理「おっきりこみ」が番組では紹介されるようです。では、この農家民宿ひなたさん、いったいどこにある宿なのでしょうか。

群馬県富岡市「農家民宿ひなた」さんが『人生の楽園』で紹介


群馬県富岡市・妙義山の近くにある「農家民宿ひなた」さんが『人生の楽園』で紹介

群馬県富岡市・妙義山の近くにある「農家民宿ひなた」さんが『人生の楽園』で紹介

群馬県富岡市にある「農家民宿ひなた」さんが、2020年3月28日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。

2018年に開業した宿で、オーナーの浦野公男さんご夫婦の日常が番組で紹介されるそうです。

農家民宿ひなたさんは、1911年(明治44年)に建てられた養蚕農家であった実家を改装した建物。

屋根の上に2つの小さな屋根がのっかっているのが特徴的な母屋です。

ちなみに、これは「腰屋根」と呼ばれるもので、蒸し暑い群馬県では夏場に暑い空気を逃がすために設けられた換気窓です。

野菜や穀物(米、小麦、蕎麦)も自家栽培されているそうで、冬場は名産の「下仁田ねぎ」を使ったお料理(ねぎ鍋、焼きねぎ、てんぷら、お好み焼き、ピザ)を提供しているそうです。

番組では冬場の寒い時期限定のメニューで、群馬県の代表的な郷土料理「おっきりこみ」が紹介されるようでした(12月~2月まで提供)。

農家民宿ひなた はどこにある?

では「農家民宿ひなた」さんは はどこにある宿なのでしょうか?

最寄り駅は上信電鉄「南蛇井駅」で、駅から徒歩12分ほどのところです。

JRで「高崎駅」まで行き、上信電鉄に乗り換えて行くことができます。東京からなら北陸新幹線が高崎駅まであるので、そんなに遠くないところにありますね。

〒370-2465 群馬県富岡市中沢337番地1

人生の楽園 2020年3月28日 予告


人生の楽園 2020年3月28日 予告は以下の通りです。

かつて“日向”と呼ばれた故郷で、元養蚕農家の生家を改修して農家民宿を始めた浦野公男さん(62歳)。宿では下仁田ネギの収穫やわら細工、“おっきりこみ”麺打ち体験も
かつて“日向”と呼ばれた故郷で、1911(明治44)年築造の越し屋根が特徴的な元養蚕農家の生家を改修して、農家民宿を始めた浦野公男さん(62歳)と、それを支える良子さん(56歳)の物語。宿の売りは季節ごとに用意される様々な田舎体験!下仁田ネギ収穫など農業体験や、わら細工や竹細工など農家の手仕事体験、自家製小麦による“おっきりこみ”の麺打ちなど郷土料理体験、さらに昔懐かしい篠(しの)鉄砲やお手玉作り体験も

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。