田中マネの食堂 @福井市 ソフトボールチームのまかない食堂が『人生の楽園』で紹介

2019年10月26日放送の『人生の楽園』で、JR福井駅西口から徒歩15分の食堂「田中マネの食堂」さんが紹介されるそうです。ソフトボールチームの田中マネージャー(田中美千代さん)と監督である笠原一之さんが共同経営で2019年7月1日に開業したお店です。名物のおむすびランチは「月曜、火曜、木曜、金曜」の水曜日以外の曜日で提供されているそうです。

広告

JR福井駅西口から徒歩15分の食堂「田中マネの食堂」さんが『人生の楽園』で紹介


JR福井駅西口から徒歩15分の食堂「田中マネの食堂」さんが『人生の楽園』で紹介

JR福井駅西口から徒歩15分の食堂「田中マネの食堂」さんが『人生の楽園』で紹介

2019年10月26日放送の『人生の楽園』で、福井市にある食堂「田中マネの食堂」さんが紹介されるそうです。

ソフトボールチームのマネージャーをしていた田中美千代さんが2019年7月1日に開業したお店で、同じソフトボールチームの監督である笠原一之さんと共同経営しています。

JR北陸本線「福井駅」から徒歩15分のところにカウンター9席のお店、店名の「田中マネ」は田中マネージャーの愛称が屋号になっています。

マネージャーをするソフトボールチームの試合がある時に作っていた朝ごはん(まかない)をランチで提供しているのだそうです。

ランチの値段は800円、手作りのおばんざいと福井の自家製コシヒカリのおにぎり(おむすび)ランチや自家製豆腐ハンバーグロコモコ風ランチがあります。

ランチは「おむすび2個魚料理和え物酢の物煮物漬物汁物」で800円とお安く、コーヒーとデザートも付いてきます。

おむすびは80円で1個追加可能。

内容は月曜日~金曜日まで毎日替わり名物のおむすびランチは「月曜、火曜、木曜、金曜」の水曜日以外の曜日で提供されているそうです。

月曜日:季節の野菜てんぷらまたは揚げ物
火曜日:お魚の料理
水曜日:豆腐ハンバーグロコモコ風
木曜日:お魚の料理
金曜日:お肉の料理

ランチは「11時30分~14時」の間で提供されていますが、夜も「17時30分~22時30分」で営業していて、焼き物や揚げ物の1品メニューやご飯ものがあるそうです。

豆腐ハンバーグ2種 600円
大根ステーキ 500円
鶏肉のソテー 750円
ささみチーズ巻きフライ 700円
えびと豆腐の春巻 700円
牛のしぐれ煮 800円
豚しょうが焼 700円
蕎麦サラダ 700円
豚バラと大根と酒の重ね塩麹鍋 1000円
納豆パスタ 900円
茶そば 700円
そうめん 700円
おにぎり(1個)200円
鬼おにぎり(2個)400円
貧乏めし 500円
田中マネのガバオライス 900円
田中マネのオムライス 900円
田中マネのカレー 900円
素朴なお茶漬け 500円
白ごはん(漬物+吸い物)400円

田中マネの食堂 への行き方(営業情報)

田中マネの食堂があるのは福井市の中心部にある歓楽街の一角「片町」です。

JR福井駅西口から福井城址の前を通りながら路面電車の「福井城址大名町駅」方面へと向かうと歓楽街「片町」があります。

営業時間は「11時30分~14時、17時30分~22時30分」の二部制で、平日のみの営業です。

片町には他にも有名なお店があるので、一緒に巡ってみると良いでしょう(後述)。

福井県福井市順化2丁目21−3
営業時間:11時30分~14時、17時30分~22時30分
定休日:土曜日、日曜日、祝日

田中マネの食堂 の近くにある福井グルメ


福井名物「ソースカツ丼」はヨーロッパ軒がオススメ

福井名物「ソースカツ丼」はヨーロッパ軒がオススメ

せっかく、福井まで来たのなら「田中マネの食堂」さんのおむすびランチを食べてから近くで福井グルメを堪能すると良いでしょう。

近くには他にも有名なお店がいくつかあってドキュメント72時間で紹介された さくら氷」、さらに「2019年1月26日放送の人生の楽園で紹介された寄合カフェ 京町Y・Y」があります。

また、福井のソウルフード「ソースカツ丼越前そば」の有名店もあって、ソースカツ丼が名物の「ヨーロッパ軒 総本店」が近くにあります。

福井に来たら越前そばも食べていただきたい

福井に来たら越前そばも食べていただきたい

越前蕎麦ならJR福井駅すぐ近くに「前蕎麦倶楽部」さんもあります。

福井は蕎麦と米が美味しいところ、地元グルメも一緒に巡ってみてはいかがでしょうか。

人生の楽園 2019年10月26日 予告


人生の楽園 2019年10月26日 予告は以下の通りです。

ソフトボールチームのマネージャーとして作っていた“まかない”を、もっと多くの人に味わってもらおうと食堂を開いた田中美千代さん(62歳)。その愛情たっぷりの味とは!?
地域のソフトボールチームのマネージャーとして作っていた“まかない”を、もっと多くの人に味わってもらいたいと、定年退職後に食堂を開いた田中美千代さん(62歳)と、それを共同経営で支えるチームの監督、笠原一之さん(59歳)の物語。わずか9席の店内にはカウンターに手作りのおばんざいが並び、ご飯は美千代さんの夫が育てたコシヒカリ。美千代さんが手間ひま惜しまず、愛情をたっぷりかけて作る“まかない”の味とは!?

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。