ファーム根本の無花果 @千葉・松戸市 根本一夫さんのイチジク農園が『人生の楽園』で紹介

千葉県松戸市で「ファーム根本」を運営するイチジク農家の根本一夫さんが2019年9月28日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。元シェフの腕前を活かして、イチジクを使ったケーキやパンの販売を行う直売所もある農園です。

広告

ファーム根本の無花果 根本一夫さんのイチジク農園が『人生の楽園』で紹介


"ファーム根本の無花果 根本一夫さんのイチジク農園が『人生の楽園』で紹介

“ファーム根本の無花果 根本一夫さんのイチジク農園が『人生の楽園』で紹介

2019年9月28日放送の『人生の楽園』は、千葉県松戸市でイチジク農園を営む根本一夫さんご夫婦が紹介されるそうです。

農園の名前は「ファーム根本」さん。

イチジクをメインに野菜などの栽培を行っている農園さんです。

イチジク(無花果)は夏の終りから秋の短い期間に出荷される柔らかく甘いフルーツで、日本でも昔から栽培されている果実です。

原産地はアラビア南部ですが、日本には17世紀に渡来しています。

イチジクは「花」です(中に花が見えます)

イチジクは「花」です(中に花が見えます)

イチジクは「無花果」と書くように、本来は花の部分が果実のようになっている植物です。

花のように見えなくて「果実」にしか見えないから「無花果」なんです。

厳密に言えば「茎」の中に花が咲いているという植物です。

無花果(いちじく)はスムージーなどでも使わる食材です

無花果(いちじく)はスムージーなどでも使わる食材です

産地の多くは愛知や和歌山、京都も出荷量では全国8位ほどの生産量があります。

日本で栽培されている品種は「桝井ドーフィン」や「とよみつひめ」など、皮が柔らかくそのまま食べられ甘味も強い「とよみつひめ」は人気がある品種です。

その甘さを活かして「ケーキ、パイ、スムージー」など多くの料理で使われる食材ですね。

しかし、旬の時期が短いので、イチジク農家だけで生計をたてるのは難しいのが現状です。

ファーム根本さんは、ご主人の根本一夫さんが定年後に植えた一本のイチジクから始まったそうです。

そのイチジクはとても美味しかったことから、イチジクの数を増やしていき、イチジク栽培で生計をたてようと決心。

代々受け継いできた野菜畑もイチジク畑にしてイチジクの生産を始めます。

前述のように、イチジクは旬の時期が短いので、イチジク農家だけで生計をたてるのは難しいのが現状です。

日保ちもしないので、ジャムなどの加工品にして保存期間を長くするなど工夫して販売されているそうです。

根本一夫さんは元はヒルトン東京ベイで26年間シェフとして働いていた方なので、ジャムなどへの加工もお手の物ですね。

ファーム根本の無花果は直売所で購入可能

ファーム根本の無花果は直売所で購入可能だそうです。

毎年8月初旬頃から出荷・直売となっており、Facebookページで告知などが行われていました。

元シェフだけあって、いちじくタルト(430円)、いちじくショートケーキ(330円)なども販売。

他にも、生ハムといちじくのサンド(320円)、フィグフロマージュ(260円)、いちじくジャムとマーガリンコッペ(180円)などのパンの販売も行われていました。

人気があってすぐに売り切れるそうなので、テレビで紹介されたら行列ができるかもしれませんね。

千葉県松戸市幸田西の下63
営業時間:8時~12時
定休日:不定休

SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2019年9月28日 予告


人生の楽園 2019年9月28日 予告は以下の通りです。

定年後も働ける場所を作りたいと、父の野菜畑をイチジク農園に造り替えた根本一夫さん(63歳)。完熟の瞬間を見極め朝採りしたイチジクは、甘みが凝縮されるドライ加工も
定年後も働ける場所を作りたいと、父親の野菜畑をイチジク農園に造り替えた根本一夫さん(63歳)と、それを支える妻の悦子さん(64歳)の物語。日持ちしないため完熟の瞬間が貴重なイチジクは、最高の状態で味わってもらえるよう朝5時から収穫し、併設する直売所などで販売。また自宅敷地内に加工場を造り、ドライイチジクやジャム、コンポートなどにも加工。さらに緑のイチジク・コナドリアの栽培や、氷彫刻のパフォーマンスも

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。