八ヶ岳食工房 @長野・原村 信州吟醸豚を麹で熟成させたハム工房『人生の楽園』で紹介

今週の『人生の楽園』の舞台は長野県の八ヶ岳!そこに信美豚や信州吟醸豚で作るハム屋を営む方が紹介されるそうです。お店の名前は「八ヶ岳食工房」さん、麹で熟成させた和のハムとも呼べる絶品ハムを作られているお店です。

広告

八ヶ岳食工房 (長野県原村)が『人生の楽園』で紹介


八ヶ岳自然文化園(長野県)すぐ近く八ヶ岳食工房さんが『人生の楽園』で紹介されるそうです

八ヶ岳自然文化園(長野県)すぐ近く八ヶ岳食工房さんが『人生の楽園』で紹介されるそうです

毎週欠かさず見ている今週の『人生の楽園』は、長野県の八ヶ岳が舞台です。

紹介されるのは、長野県原村信美豚や信州吟醸豚を食用醗酵菌(麹)で熟成させたハムを作っている工房八ヶ岳食工房」さん。

以前「生ハムのアボカドオイル漬け」がテレビでも紹介されたことがあり、商品は「生ハムベーコンパンチェッタソーセージビーフ・パストラミ生ハムのアボカドオイル漬け生ハムのオリーブ・オイル漬け」などの製造・販売をされています。

毎週末には直営カフェ「サタデー&サンデー(サタサン)」で生ハムランチも提供しているそうで、一度は行ってみたいお店です(カフェは9月23日まで営業中)。

ランチは飲み物付きで1200円(税込)!

ただ、テレビで紹介されたこともあり、カフェは予約をと告知されています。

サタサン・プレート 1200円
自家製ビーフ・パストラミ サンド・プレート 1200円
ロースト・ボーク・プレート 1200円
ポーク・バーガー 1200円
自慢の生ハム盛り合わせ 1200円

八ヶ岳食工房のハムは公式通販もしくはオンワード・マルシェで購入可能

では、八ヶ岳食工房さんの信美豚や信州吟醸豚を麹で熟成させたハムはどこで購入できるのでしょうか?

これまで数多くの『人生の楽園』で紹介されたお店へ行って来たのですが、さすがに長野県まで行くのは少し大変です。

しかし「八ヶ岳食工房公式直販」で購入可能な他、「オンワード・マルシェ」でも通販可能とのことでした。

めしと、つけもんと、パンと (兵庫県篠山市)
焼き菓子工房 KURURU (兵庫県篠山市)
農家民宿Banjya (京都・京北)
ふくろう珈琲店 (滋賀県大津市)
メリ樹 (三重県伊賀市)
Cafe nouka (京都府亀岡市)

八ヶ岳食工房 営業情報

では「八ヶ岳食工房」さん、いったいどこにあるお店なのでしょうか。

前述のように長野県の「八ヶ岳自然文化園」の南側で、ペンションの多い「原村」というところにあります。

最寄り駅はJR「茅野駅(ちのえき)」で、新宿駅から特急あずさ利用で行くことができます。

駅からはタクシーで30分くらい。

自家用車で行く場合は中央道「諏訪南IC」をおりて、県道425号線へ。そこから「八ヶ岳エコーライン」へ入って「上里」交差点を右折です。

長野県諏訪郡原村原山17217−1667
営業時間:10時~17時(土日祝のみ営業、カフェは土日祝の11時~14時30分)
定休日:月曜日~金曜日
公式サイト:http://8foods-factory.com/

SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2019年8月31日 予告


人生の楽園 2019年8月31日 予告は以下の通りです。

人生のピークをもう一度作りたいとレコード会社を辞め、八ヶ岳の麓でハム工房を開いた加藤公貞さん(63歳)。信州吟醸豚をこうじで熟成させる、世界を目指す生ハムとは!?
人生のピークをもう一度作りたいと55歳でレコード会社を辞め、八ヶ岳の麓の高原に単身移住し、趣味を生かしてハム工房を開いた加藤公貞さん(63歳)と、東京で仕事を続けながら支える妻の由佳さん(57歳)の物語。乾燥させた酒かすを飼料に混ぜて育てた信州吟醸豚を、こうじを使って2年間熟成させる生ハムで、公貞さんが目指すのは“世界のステージ”!さらに顧客の声を直接聞きたいと、夏の週末のランチ限定でカフェも開店!!

広告


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。