岡山県笠岡市に移住した吉井武さんが『人生の楽園』で紹介

岡山県笠岡市移住した吉井武さんが2019年4月6日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。瀬戸内海の「北木島」を望む農地込みの貸家を空き家バンクで見つけて移住されそうですが・・・・

この笠岡市はいったいどんな都市なのでしょうか。

広告

岡山県笠岡市に移住した吉井武さんが『人生の楽園』で紹介


瀬戸内海の「北木島」、人生の楽園では北木島を望む一軒家に住む吉井武さんが紹介されます

瀬戸内海の「北木島」、人生の楽園では北木島を望む一軒家に住む吉井武さんが紹介されます

2019年4月6日放送の『人生の楽園』は岡山県笠岡市に移住した吉井武さんご夫婦が紹介されるそうです。

海が見える家に住みたいという希望があり、瀬戸内海の「北木島」を望む一軒家を空き家バンクで借りて第二の人生を満喫されています。

吉井武さんは京都府出身の方で、仕事は大阪の会社に勤務。しかし、40歳になる前に腰を痛めて早期退職されたそうです。

一度は香川県三豊市に移住するも「いつでも家から海が臨める家に住みたい」と、2018年6月に笠岡市の空き家バンクで見つけた一軒の空き家に再移住されています。

岡山県笠岡市は瀬戸内海に面した都市で、瀬戸内の沖合には同じ市内の「北木島」を望むことができる場所です。

道の駅笠岡ベイファームのポピー畑

道の駅笠岡ベイファームのポピー畑

道の駅笠岡ベイファームのひまわり畑

道の駅笠岡ベイファームのひまわり畑

5月には道の駅笠岡ベイファームで広大な「ポピー」畑を見ることができ、夏には「ひまわり」が咲き乱れる都市です。

実はこの笠岡市、瀬戸内海沿岸の市町村で「住みたい田舎ベストランキング(2019年度)」で第一位を取得した都市でもあるのです。

吉井武さんが物件を探した 笠岡市の空き家バンクとは


笠岡市の空き家バンク、農地込みの物件も検索可能

笠岡市の空き家バンク、農地込みの物件も検索可能

では、この住みたい田舎ベストランキング1位の笠岡市に住みたい方はどこで空き家を探したら良いのでしょうか。

2019年4月6日放送の『人生の楽園』に出演される吉井武さんが探した空き家バンクは笠岡市公式のもので、以下のサイトからアクセスすることが可能です。

これは地元の「貸したい、売りたい方」が登録した物件を「借りたい、買いたい方」が探すことができるデータベースです。

価格や地域、間取りなど細かい検索条件が指定できるので便利な空き家検索になっています。

吉井武さんが見つけた物件は「農地」込みの空き家ですが、そういった農地のある物件も詳細検索可能になっています。

この住みたい田舎ベストランキング1位「笠岡市」の空き家バンクを見ているだけでも、なんとなく町の雰囲気がわかって便利ですね。

人生の楽園 2019年4月6日 予告


人生の楽園 2019年4月6日 予告は以下の通りです。

海が見える家に住みたいと、岡山県笠岡市に移住した吉井武さん(69歳)。自宅の縁側やキッチンから海を眺め、港の朝市で魚を買い、海辺のサイクリングを楽しむ暮らしとは!?
海が見える家に住みたいと岡山県笠岡市に移住した、吉井武さん(69歳)と妻の恵栄さん(64歳)の物語。笠岡市の空き家バンクで見つけた借家は、居室や縁側、キッチンから瀬戸内海が眺められ、大家さんの好意でリフォームも自由。好みの色のペンキを塗り、擦りガラスを透明ガラスに替えて、海の景色を楽しんでいる。また無償で借りた畑で野菜を育て、漁港の朝市で魚を買い、昼間は海辺をサイクリング!さらに笠岡諸島巡りも。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。