グランマキッチンえりこ @徳島県阿波市「郷土料理レストラン」人生の楽園で紹介

徳島県阿波市に住む篠原えり子さんが経営するレストラン「グランマキッチンえりこ」が2019年3月23日放送の『人生の楽園』で紹介されることになっています。

吉野川の川沿いにある徳島県の郷土料理や伝統料理を食べることができる完全予約制で週末のみ営業のレストランです。

なお、同じ徳島県阿波市の「和三盆専門店わんさんぼん(服部製糖所)」についてはこちらをご覧ください。

人生の楽園で紹介される「グランマキッチンえりこ」とは

2019年3月23日放送の『人生の楽園』で、徳島県阿波市に住む篠原えり子さんが経営するレストラングランマキッチンえりこ」さんが紹介されることになっています。

2017年3月19日に自宅を改装して始めたレストランで、予約は一週間前までの完全予約制です。

阿波市の野菜や魚に豆腐などを使った徳島の郷土料理や伝統料理を食べることができ、お料理は「1日20食限定」で料金によって3コースに分かれています(1500円コース、2000円コース、2500円コース)。

店内では一度に20名ほどで利用できるレストランとなっています。

徳島県阿波市阿波町西原208−1
営業時間:11時~14時(日曜日と祝日のみ営業)
定休日:平日、土曜日

グランマキッチンえりこ は郷土料理が魅力


昔から徳島県内で食べられてきた郷土料理「でこまわし」

昔から徳島県内で食べられてきた郷土料理「でこまわし」

では、人生の楽園で紹介される篠原えり子さんが始めた農家レストラン「グランマキッチンえりこ」では、どのような郷土料理や伝統料理が食べられるのでしょうか。

一例として「おひらならえでこまわし(上写真)」といった郷土料理をたべることができるようになっており、食材は阿波市の野菜を中心に豆腐や魚を使っています。

野菜は夫の篠原精二さんと一緒に育てた「コメトマトナスエンドウ」など約50種類の野菜を使用。

それらの食材を無添加(化学調味料不使用)で提供しているそうです。

気候が温暖な徳島ならでは料理を楽しむことができるレストランです。

おひら
ならえ(和え物)
ずきがし(芋料理)
でこまわし(野菜や魚を串に囲炉裏で焼いた料理)

グランマキッチンえりこ&農家民宿あわ の予約について


グランマキッチンえりこ の隣を流れる吉野川

グランマキッチンえりこ の隣を流れる吉野川

では「グランマキッチンえりこ」で食事をするにはどうすれば良いのでしょうか。

「グランマキッチンえりこ」で食事するには一週間までの予約が必要で、予約は電話予約(0883-35-7362)のみです。

同年4月には同じ場所で「農家民宿あわ」も営業開始しており、1泊1組8名までの利用の民宿にもなっています(土曜日、日曜日、祝日のみ宿泊可能)。

すぐ近くには雄大な吉野川が流れる場所で、のんびりと郷土料理を楽しむというのも良いですね。

人生の楽園 2019年3月23日 予告


人生の楽園 2019年3月23日 予告は以下のとおりです。

60歳を過ぎてから野菜ソムリエの資格を取得し、自宅母屋で徳島の伝統料理を楽しむレストランを始めた篠原えり子さん(68歳)。野菜や豆腐を中心とした徳島伝統の味とは!?
60歳を過ぎてから野菜ソムリエの資格を取得し、自宅母屋で徳島の伝統料理を楽しむレストランを始めた篠原えり子さん(68歳)と、それを支える夫の精二さん(72歳)の物語。かつて化粧品販売でトップセールスを誇り、人権擁護委員のボランティア活動で、子どもたちに郷土料理に教える食育に情熱を注いだえり子さんは、野菜ソムリエとなり店を開くまでに…。おひら、ならえ、でこまわし…野菜や豆腐を中心とした徳島伝統の味とは!?


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。