森のSobaCafe ゆふそら @大分・由布市「豊後富士望む絶景の十割そば」人生の楽園で紹介

絶景の「豊後富士(由布岳)」を眺めながら食べる十割そば屋「森のSobaCafe ゆふそら」が『人生の楽園』で紹介されます。姫野豊春さんご夫婦が経営される自家製蕎麦のお店で2014年9月に開業しました。十割蕎麦は自家製の手打ちで、国産最上級の蕎麦粉で打った麺です。

蕎麦以外にもガレット・コーヒー・ケーキなどもある「蕎麦カフェ」だそうですが「森のSobaCafe ゆふそら」さんとはどんなお店なのでしょうか。

広告

絶景の十割そば「森のSobaCafe ゆふそら」が人生の楽園で紹介


絶景の「豊後富士(由布岳)」の森にある十割そば「森のSobaCafe ゆふそら」が紹介されます

絶景の「豊後富士(由布岳)」の森にある十割そば「森のSobaCafe ゆふそら」が紹介されます

毎週楽しみにしている『人生の楽園』、今週は「豊後富士望む絶景の十割そば」が紹介されるそうです。

上の写真が絶景の「豊後富士(由布岳)」で、その森にある十割そばのお店「森のSobaCafe ゆふそら」さんが舞台です。

森のSobaCafe ゆふそら」さんは、姫野豊春さんご夫婦が経営される自家製蕎麦のお店で、この絶景の「豊後富士(由布岳)」が眺められる見晴らし抜群の場所にあります

では、この「森のSobaCafe ゆふそら」さん、どんなお店なのでしょうか。

View this post on Instagram

NICE VIEW

hiroaki sugawaraさん(@hrak0203)がシェアした投稿 –

十割そば「森のSobaCafe ゆふそら」

森のSobaCafe ゆふそら」さんは、最初からこの土地で蕎麦屋を始めようと思っていたわけではないそうです。

元は大分県で「古本やCDを販売する店」をされていたそうなのですが、ネット社会になって業界全体の業績が落ち込んできたのを機に由布市の山奥へ移住し「今後はゆっくり暮らしたい」と土地を購入したのだそうです。

そして、ある日に建てた家の近くに見晴らし抜群の土地を発見。

ここに何かしたいと思うようになり、日本人が好きな蕎麦の手打ちを学び始めます。

その時、すでに53歳でしたが、家族の協力もあり2014年9月に「森のSobaCafe ゆふそら」をオープンさせたのだそうです。

ゆふそら の十割そば

ゆふそら の十割蕎麦は石臼で挽いた蕎麦粉を手打ちして作られています。

細めでコシのある麺で、それを最高級品の羅臼昆布と鰹節のツユでいただく十割蕎麦です。

十割蕎麦はツナギを使わないので、蕎麦の風味がそのまま味わえる食べ物。

絶景の豊後富士望みながら十割蕎麦をいただけるお店が「森のSobaCafe ゆふそら」なのです。

View this post on Instagram

㊗️人生の楽園・森のSobaCafeゆふそら ・ 大好きだけどなかなか行けない湯布院の 森のSobaCafeゆふそら なんとこれまた大好きな人生の楽園で 1月12日土曜日18時から紹介されるそう! 円寿とよし松がミシュランガイド熊本・大分 2018特別版に掲載された時も我が事の様に 嬉しかったけれど ゆふそらが人生の楽園で紹介されたら良いのに〜 とずっと思っていたので願いが叶った気分(笑) ちょっと不安になる入り口の森を抜けたら 絶景の由布岳がパッと広がる ゆふそらはお人柄が温かい笑顔溢れるご家族が 曜日限定で営んでいる 蕎麦ももちろん美味しいけれど 蕎麦粉のガレットが又絶品! 焼きたてパンも無くならないうちに 取り置きしてもらい夕飯にラタティーユと 一緒に食べるのが我が家の流れになっている 今年はいつ行けるかな?(涙) 放送されたら又凄い事になってしまうだろうなぁ 嬉しくてちょっと淋しい だけど是非見て欲しい!人生の楽園(笑) ・ #九州 #大分 #由布市 #湯布院 #由布岳 #蕎麦 #そば #そば屋巡り #麺スタグラム #蕎麦スタグラム #ゆふそら #十割蕎麦 #二八蕎麦 #ガレット #パン #焼きたてパン #絶景 #素敵な笑顔 #秘密にしたい #食べて欲しい #真逆な気持ち #人生の楽園 #今週末放送

ぱぽさん(@papo_38_)がシェアした投稿 –

・ざるそば 800円
・辛味大根そば 900円
・なめこセイロ 900円
・十割そば 1000円
・冷やしかぼす蕎麦 900円
・おろしそば 1100円(夏のみ)
・梅おろしそば 1200円(夏のみ)
・納豆蕎麦 1200円
・野菜せいろ 1300円
・地鴨せいろ 1450円
・鴨せいろ 1600円
・かけそば 800円
・なめこそば 900円
・かぼすそば 900円
・玉子とじそば 1000円
・にしんそば 1250円(冬のみ)
・野菜餡掛けそば 1300円(冬のみ)
・鴨南そば 1600円
・ガレット 800円~1200円
・ケーキ&コーヒーセット 750円
・コーヒー 500円

森のSobaCafe ゆふそら 営業時間と定休日やアクセス方法


湯布院のやまなみハイウェイは草原地帯を通る道です

湯布院のやまなみハイウェイは草原地帯を通る道です

この「森のSobaCafe ゆふそら」さんへ行くには、湯布院の「やまなみハイウェイ」を使って行くことになります。

日本百名道のひとつで、定番のドライブスポット。

道の途中には温泉や飲食店がある観光地にもなっている道路です。

湯布院ICから「やまなみハイウェイ」を10分ほど走ると「蛇越展望台」のところに脇道があるので、そこを入ると「森のSobaCafe ゆふそら」さんです。

大分県由布市湯布院町川西(MAP
営業時間:11時~17時
定休日:水曜日、木曜日

森のSobaCafe ゆふそら SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2019年1月2日 予告


人生の楽園 2019年1月2日 予告は以下の通りです。

豊後富士と呼ばれる由布岳を望む森の中に、そばカフェを開いた姫野豊春さん(59歳)。大きな窓から絶景を楽しみ味わう、毎朝粉からひいて手打ちする十割そばが大人気!!
豊後富士と呼ばれる由布岳を望む標高770mの湯布院の森に、そばカフェを開いた姫野豊春さん(59歳)と、それを支える妻の泰子さん(55歳)の物語。家族で手造りした店の自慢は、大きな窓からの絶景と、豊春さんが毎朝石臼で粉をひき、つなぎを使わずに手打ちする1日10食限定の香り高い十割そば!さらにフランス料理の名店で学んだ娘の美保さんが作る、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理、そば粉のガレットも大人気!!


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。