コッコパラダイス @湘南「放し飼い有精卵」が人生の楽園で紹介

神奈川・二宮町 鶏の菜園「コッコパラダイス」が2018年12月8日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。放し飼い有精卵無農薬・無化学肥料で育てた湘南野菜を生産・販売している農家さんです。川尻哲郎さんと末永郁さんが耕作放棄地を借りて始めた養鶏場が神奈川県中郡二宮町松根にあります。

では、 鶏の菜園「コッコパラダイス」とはどんな農家さんなのでしょうか。

広告

神奈川・二宮町 鶏の菜園「コッコパラダイス」が人生の楽園で紹介


温暖な神奈川・二宮町にある「コッコパラダイス」が『人生の楽園』で紹介

温暖な神奈川・二宮町にある「コッコパラダイス」が『人生の楽園』で紹介

神奈川・二宮町の農家「鶏の菜園 コッコパラダイス」が2018年12月8日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。

新規就農セミナーで意気投合した川尻哲郎さんと末永郁さんら3人組のサラリーマンが耕作放棄地を借りて始めた養鶏場と湘南野菜を生産する農家さんです。

2017年からこのビジネスを始められたそうで、商品は「平飼い(放し飼い)の有精卵」と湘南野菜10品目です。

野菜や米は無農薬・無化学肥料にこだわり、卵を産む鶏の飼料も無農薬・無化学肥料で育てた米を使うコダワリ農家です。

・神奈川・二宮町の農家
・川尻哲郎さんと末永郁さんが耕作放棄地を借りて始めた
・養鶏場と湘南野菜を生産
・商品は「平飼い(放し飼い)の有精卵」と湘南野菜10品目

コッコパラダイスの放飼い有精卵 値段と購入場所は?


平飼い卵

平飼い卵

『人生の楽園』では、コッコパラダイスの「放飼い有精卵」が主力商品として紹介されるはずです。

放飼い有精卵の販売場所は、中井中央公園で2018年6月16日開業した「なかい里都まち♡CAFE」や公式サイトの通販で入手可能となっています。

値段は4個パックで300円となっていました(2018年12月現在)。

コッコパラダイス「放飼い有精卵」のこだわり

コッコパラダイスの「放飼い有精卵」は、卵を産む鶏の飼料も無農薬・無化学肥料で育てた米を与え、鶏がストレスを感じないように放し飼い(平飼い)で育てた卵です。

有精卵というのは交配した雌鳥から生まれる卵のことで、雌鳥のグループに0.5%~1%ほどの雄鶏を混ぜて飼育した雌鳥の卵のことです。

もちろん「自然交配」なので100%完全な有精卵になるとは言い切れないのですが、現状では鶏舎などに0.5%~1%の雄鶏が混ざっていれば「有精卵」を名乗ることができます。

栄養価などは無精卵と変わりありませんが、より自然な環境で育つということに意味がある方法で、鶏がストレスを感じないように自然な環境で育つというのは大事なことです。

・放し飼い(平飼い)で育てた卵
・飼料は無農薬・無化学肥料で育てた米や野菜を使う
・有精卵

鶏の菜園「コッコパラダイス」のこだわり野菜


微生物と共存した土づくりから始めている「コッコパラダイス」は無農薬・無化学肥料

微生物と共存した土づくりから始めている「コッコパラダイス」は無農薬・無化学肥料

川尻哲郎さんと末永郁さんたちは農業のスペシャリストとして出発したのではなく、素人農家としてスタートしていますが、かなりのコダワリがある農家さんです。

通常の有機栽培と謳われた「慣行農業」で栽培された野菜は、農薬不使用ではありません。

しかし「コッコパラダイス」さんでは微生物と共存した土づくりから始めているため、野菜が力強く育ち農薬や化学肥料を必要としない栽培方法なのです。

また、通常の農家では生産性を重視して一代限りの種である「F1」を使うのですが、「コッコパラダイス」では次の栽培用に種づくりをされています。いわゆる「固定種、在来種」と呼ばれる種をきちんと採って栽培されているのです。

こういった点でも、鶏の菜園「コッコパラダイス」はかなりのコダワリがある農家さんと言えるでしょう。

・微生物の力を使った土づくりから始める
・農薬や化学肥料が不使用
・神奈川・二宮町の丘陵地で栽培するので交雑種になりにくい

鶏の菜園 国庫パラダイスの場所はどこ?

では、この「鶏の菜園 コッコパラダイス」はどこにあるのでしょうか。

番組紹介でも公式サイトでも住所は「神奈川県中郡二宮町」となっていますが、こちらは普段生活されている事務所兼自宅です。

実際の農園は、二宮町から北西へ1kmほど行った「神奈川県足柄上郡中井町井ノ口」という場所にあります。

神奈川県中郡二宮町松根15-3(MAP
営業時間:
定休日:日曜、祝日
公式サイト:https://coccoparadise.com
公式Instagram:https://www.instagram.com/coccoparadise/

コッコパラダイス SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2018年12月8日 予告


人生の楽園 2018年12月8日 予告は以下の通りです。

新規就農セミナーで出会った仲間と神奈川県二宮町の耕作放棄地を借りて、鶏の有精卵と野菜の生産を始めた川尻哲郎さん(56歳)。バツイチ独身新米農家の奮闘の日々とは!?
新規就農セミナーで出会った仲間と、神奈川県二宮町の耕作放棄地を借りて農業を始めた川尻哲郎さん(56歳)の物語。離婚を経験した哲郎さんはアパートで独り暮らしをしながら、200羽の鶏を平飼いして有精卵を生産し、大根やニンジン、レタスなど約10種の野菜を栽培。さらに「湘南二宮・ふるさと炭焼き会」に参加し、地域住民と交流しながら里山再生や環境保全活動も…。バツイチ独身新米農家の、額に汗して奮闘する日々とは!?


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。