舞待夢(まいたいむ)@新潟県柏崎市の古民家レストラン『人生の楽園』で紹介

新潟県柏崎市の古民家でカフェ&レストラン「舞待夢(まいたいむ)」が2018年12月1日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。西山町別山の「後谷地区(うしろだに)」にあるJR越後線「石地駅」から徒歩20分ほ田園地帯にあります。

舞待夢(まいたいむ)は築150年の茅葺きの古民家を改装して営業されています。

広告

新潟県柏崎市の古民家レストラン「舞待夢(まいたいむ)」が人生の楽園で紹介


ノスタルジックな古民家レストラン「舞待夢(まいたいむ)」が人生の楽園で紹介

ノスタルジックな古民家レストラン「舞待夢(まいたいむ)」が人生の楽園で紹介

新潟県柏崎市の古民家でレストラン「舞待夢(まいたいむ)」が人生の楽園で紹介されるそうです。

築150年の茅葺き(かやぶき)古民家を改装したレストランです。

西山町別山の「後谷地区(うしろだに)」にあり、自家栽培の野菜と地場産食材のお料理を提供しているカフェ&レストランです。

舞待夢(まいたいむ)の茅葺屋根


茅葺屋根は最短でも25年は保つ屋根ですが葺き替えが大変です

茅葺屋根は最短でも25年は保つ屋根ですが葺き替えが大変です

舞待夢(まいたいむ)の茅葺屋根は、今は茅葺き風になっているようです。

茅葺きの屋根は明治時代に建築されたものが京都でも数多く残っていますが、茅葺屋根は囲炉裏の煙で燻すことで何十年も保つといわれている屋根です。

最近は囲炉裏を使う家が少ないので、耐久年数は少ないのですが、それでも25年は使えるとされています。

しかし、葺き替えのためにススキやチガヤなどの茅を地域で大量に育てる必要もあり、最近ではトタンでそれ風に見せている古民家も多いようです。

舞待夢(まいたいむ)メニューや値段


舞待夢(まいたいむ)メニューは「山野草天ぷらそばセット」や豆腐のハンバーグ「和風ハンバーグセット」などがあり、値段は1000円から(セルフドリンク付き)となっています。

予約メニューもあり「越後御膳(5000円~)、西山御膳(3000円~)、舞待夢御膳(2000円~)となっていました。

舞待夢(まいたいむ)営業時間や定休日

舞待夢(まいたいむ)営業時間や定休日についてです。

営業時間は木曜日~土曜日の3日間のみ「11時30分~17時」定休日は「日曜日~水曜日」です。

新潟県柏崎市西山町別山5944
営業時間:11時30分~17時(木曜日~土曜日)
定休日:日曜日~水曜日
公式サイト:http://maitaimu.com/

舞待夢(まいたいむ)への行き方

では、舞待夢(まいたいむ)への行き方(アクセス方法)はどうなっているのでしょうか。

JR越後線「石地駅」から徒歩20分ほどで、駅からタクシーは期待できないので駅から徒歩か自家用車で行くことになります。

柏崎駅から電車で30分、乗車賃は320円です。

舞待夢(まいたいむ)SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2018年12月1日 予告


人生の楽園 2018年12月1日 予告は以下の通りです。

30年探し続けた理想の古民家に出会い、その良さを知ってもらおうとカフェを開いた數森美子さん(65歳)。築150年の重厚な空間で味わう、地元食材を使ったランチとは!?
30年間探し続けた理想の古民家に出会い、2007年の中越沖地震で被災しながらも5年の歳月をかけて修復し、その良さを知ってもらおうとカフェを開いた數森美子さん(65歳)と、それを支える夫の康二さん(66歳)の物語。築150年の大きなかやぶき屋根の古民家は、太い柱や幅広の差し鴨居など重厚なたたずまいで、地域に暮らす人々には懐かしい空間。ゆったりくつろげる店内で味わう、地元食材をふんだんに使ったランチとは!?


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。