食堂ゆすかわ @愛媛県西予市 遊子川ザ・リコピンズが『人生の楽園』で紹介

2018年11月17日放送『人生の楽園』で規格外トマトを使った町おこし(地域おこし)事例が紹介されるそうです。紹介されるのは愛媛県西予市城川町の「遊子川(ゆすかわ)」地区で活動している遊子川ザ・リコピンズと直営農家レストラン「食堂ゆすかわ」です。

規格外トマトを使った事業事例はたくさんありますが、こちらはその中でも有名な事例としてよく紹介されています。

広告

食堂ゆすかわ・遊子川ザ・リコピンズが『人生の楽園』で紹介


人生の楽園で規格外のトマトで地域おこしをするリコピンズ「食堂ゆすかわ」が紹介されるそうです

人生の楽園で規格外のトマトで地域おこしをするリコピンズ「食堂ゆすかわ」が紹介されるそうです

2014年4月9日に開業した農家レストラン「食堂ゆすかわ」さんが、2018年11月17日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。

予告では「母ちゃんのトマト食堂~愛媛・西予市」とのみ書かれているのですが、愛媛県西予市城川町の「遊子川(ゆすかわ)」地区で地元のトマトを使った地域起こしをされている「遊子川もりあげ隊 遊子川ザ・リコピンズ」の皆さんが映っていました。

紹介されるのは、奈良県奈良市で縫製工場をしていた辻本明文さんと辻本京子さんご夫婦で、2002年に遊子川地区でトマト農家に転身して、遊子川で生産されるトマト(規格外品)を使った地域おこしをされている方です。

その奥様が代表をされているのが「遊子川ザ・リコピンズ」で、トマトケチャップなどの加工品を販売。

また、すぐ近くで「農家レストラン 食堂ゆすかわ」も運営されています。

・農家レストラン 食堂ゆすかわ
・遊子川もりあげ隊 遊子川ザ・リコピンズ

農家レストラン 食堂ゆすかわ (Aコープ跡の活用事例)

農家レストラン「食堂ゆすかわ」は、JAのAコープ跡をリニューアルした食堂8時30分~17時まで無人のカフェスペースとして提供されているそうです。

地域内外の方が集まるコミュニティスペースになっており、コーヒーや紅茶がセルフサービスで提供されているとのことで、これはAコープ跡地の活用事例という珍しい事例です。

地方の過疎化した山間部でもよく見るのが「郵便局と全農(JA)」なのですが、そのJAが運営していた直売所が全国に展開されています。

それを「Aコープ」というのですが、京都だと岩倉や市原にありますね。

JAのAコープ、地方ではその跡地が放置されているのをよく見ます

JAのAコープ、地方ではその跡地が放置されているのをよく見ます

とはいえ、山間部や過疎地域の「Aコープ」では営業を継続できない店舗も多く、上の写真のように跡地だけになっている事例もあります。

しかし、遊子川ではこの跡地を使ったトマト加工品販売や食堂経営で年間2000人の利用者があるそうです。

十分「地域おこし」として機能していると思いますし、今後もこういった事例が増加しても良いように思いますが、遊子川ザ・リコピンズさんは農林水産省から「優良事例(ディスカバー農山漁村の宝)」に選ばれて有名になっているので、そういったバックボーンも必要になってくるでしょう。

ただ、遊子川ザ・リコピンズさんが有名になれたのは、町おこし(トマトのオーナー制、就農体験、映画の自主制作)に注力していたからで、単に「お店を作りましたハイどうぞ」だけではないというところがポイントです。

・JAに併設されていた直売所「Aコープ」跡地を活用した地域おこし事業のひとつ
・農林水産省から「優良事例」に選ばれて有名に
・遊子川もりあげ隊「遊子川ザ・リコピンズ」が運営する食堂・カフェスペース
・8時30分~17時まで無人のカフェスペースとして提供
・水曜日と第四日曜日のみ昼にランチを提供

食堂ゆすかわ メニューと値段

なお、食堂ゆすかわでは、商品の「トマトユズポン」や「リコピンズケチャップ」を使ったランチを提供されています。

値段は全品700円ということで、新鮮な野菜をたっぷり使ったメニューでお得感があります。

・リコピンズランチ 700円
・ケチャプたっぷりオムライス 700円
・まるごとトマトうどん 700円
・自家製ケチャップ スパゲティナポリタン 700円
・トマトたっぷり ハヤシライス 700円
・トマトたっぷり キーマカレー 700円

食堂ゆすかわ アクセス方法

では、この「食堂ゆすかわ」さんはどこにあるのでしょうか。

公共機関で行ける場所ではなく、西予市から20km以上離れた山間部にお店があります

駐車場完備なので自家用車やバイクで行くしかありません。

愛媛県西予市城川町遊子谷
営業時間:11時~14時(ランチ:水曜日と第四日曜日のみ)
定休日:不定休(ランチ以外はコミュニティスペースとして開放)
公式サイト:http://yusukawamoriagetai.com/

食堂ゆすかわ・遊子川ザ・リコピンズ SNSの口コミや評判(感想)

人生の楽園 2018年11月17日 予告


人生の楽園 2018年11月17日 予告は以下の通りです。

標高700mの高地でトマトを栽培しながら、規格外のトマトを活用して加工品製造と食堂を始めた辻本京子さん(65歳)。トマト果汁をじっくり煮詰めたケチャップとは!?
標高700mの高地でトマトを栽培しながら、トマト農家の女性たちで“リコピンズ”を結成し、規格外のトマトを活用して加工品製造と食堂を始めた辻本京子さん(65歳)と、それを支える夫の明文さん(69歳)の物語。京子さんと明文さんがトマト農家となったのは16年前。奈良市で経営する縫製工場が、阪神大震災後の不況で倒産したのがきっかけだった…。トマト果汁にタマネギやニンニクを加え、じっくり煮詰めたケチャップとは!?


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。