ちょい呑み処さかなや @岩手・一戸町が『人生の楽園』で紹介

岩手県一戸町「ちょい呑み処さかなや」が2018年9月29日放送『人生の楽園』で紹介されます。スーパーの鮮魚担当で得た経験を活かして鮮魚店を2018年5月に開店させた田口健さんご夫婦が主人公です。ちょい呑みタイムは18時~21時、鮮魚店の営業時間は10時~19時です。

では「ちょい呑み処さかなや」さんはどこにあるお店なのでしょうか。

広告

人生の楽園で岩手県一戸町「ちょい呑み処さかなや」が紹介されます


岩手県一戸町のちょい呑み処が『人生の楽園』で紹介されるようです

岩手県一戸町のちょい呑み処が『人生の楽園』で紹介されるようです

2018年9月29日放送『人生の楽園』で、岩手県一戸町(いちのへまち)で「ちょい呑み処さかなや」を開店させた田口健さんご夫婦が紹介されるということです。

お店の名前は「さかなや」で、本来は鮮魚店なのですが、夜はお刺身や奥様手作りのお惣菜でちょい飲みできるお店になります。

2018年5月に開店したばかり、盛岡市中央卸売市場で目利きした魚を刺し身にしたり焼き魚にして販売していおり、これを肴に夜はちょい飲みをするというお店です。

今の時期なら岩手のサンマが旬になってきます

今の時期なら岩手のサンマが旬になってきます

今の時期なら岩手のサンマが旬で、それを岩手の銘酒「南部美人」でいただくのが最高の時期です。

ご主人は、元々スーパーで鮮魚担当をされており(魚の目利きができる)ので、旬の魚をいただくには良いお店かもしれません。

奥様も、ご実家がお弁当屋さんということで、二人でできるお料理を提供されています。

とても素敵なお店に思えたので、場所や営業時間などを調べてみることにしましょう。

岩手・一戸町「ちょい呑み処さかなや」アクセス方法


さかなやさんは、IGRいわて銀河鉄道「奥中山高原駅」から徒歩数分

さかなやさんは、IGRいわて銀河鉄道「奥中山高原駅」から徒歩数分

この「ちょい呑み処さかなや」さんの場所なのですが、ローカル線「IGRいわて銀河鉄道」の奥中山高原駅から徒歩数分の所にあります。

ちょうど、国道4号線の「奥中山高原駅口」の交差点角なので、目立つ立地です。

盛岡駅からだと10駅目「奥中山高原駅」で下車して行くことになります。

営業時間は鮮魚店が「10時~19時」で、ちょい呑みタイムは「18時~21時」となっていました。定休日は水曜日ということですが、個人営業なので不定休はありそうです。

岩手県二戸郡一戸町中山字大塚115-5
営業時間:10時~19時(ちょい呑みタイムは18時~21時)
定休日:水曜日(日曜不定休)

SNSの口コミや感想

人生の楽園 2018年9月29日 予告


人生の楽園 2018年9月29日 予告は以下の通りです。

かつて小売店の鮮魚担当だった経験を生かし、ちょい飲みもできる鮮魚店を開いた田口健さん(66歳)。確かな目利きで選んだ魚をつまみに酒が飲める、地域に愛される店とは!?
かつて小売店の鮮魚担当だった経験を生かし、ちょい飲みもできる鮮魚店を開いた田口健さん(66歳)と、それを支える妻のさとみさん(64歳)の物語。障害者支援施設で働いていた健さんは、もう一度鮮魚に関わる仕事がしたいと65歳で空き店舗を借り、自分の店を持った!店内には盛岡市中央卸売市場から健さんの確かな目利きで仕入れた新鮮な魚と、実家が弁当屋のさとみさんが作った総菜が並び、ちょい飲み処には地域の人々が集う。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。