志田フラワー園 @佐賀・嬉野市「川原安幸さん夫婦のフラワー園」人生の楽園で紹介

佐賀県嬉野市川原安幸さん夫婦が整備し無料で公開している「志田フラワー園」さんが2018年5月12日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。2018年4月12日~16日のちょうど芝桜が見頃の時期にテレビ朝日『人生の楽園』スタッフによる密着取材があって、地元の子どもたちによる「不知火太鼓(和太鼓)」の演奏も紹介されるとのことでした。志田フラワー園では「芝桜つつじ紫陽花」が4月初旬から5月まで見られるとのことで、旅行雑誌でも紹介されているフラワー園です。

では、この「志田フラワー園」さん、どこにあるどんなフラワー園なのでしょうか。

広告

佐賀・嬉野市の夫婦が作るフラワー園「志田フラワー園」が人生の楽園で紹介


今週の『人生の楽園』で佐賀・嬉野市で夫婦が作る無料のフラワー園「志田フラワー園」が紹介されます

今週の『人生の楽園』で佐賀・嬉野市で夫婦が作る無料のフラワー園「志田フラワー園」が紹介されます

2018年5月12日放送『人生の楽園』の舞台は、佐賀県嬉野市で川原安幸さん夫婦が個人運営するフラワー園「志田フラワー園」さんが紹介されることになっています。

2018年4月12日~16日までテレビ朝日『人生の楽園』スタッフによる密着取材があり、次の日の4月17日にはNHKの取材も来ていたとのことです。

人生の楽園』の取材時には、地元の有志・子どもたちによる「不知火太鼓(和太鼓)」の演奏も行われ(4月15日13時から)その様子も放送されるとのことでした。

志田フラワー園さんは、2016年春に開園した個人運営のフラワー園です。

奥様が難病で倒れた時に、夢で見た花園を再現したいと考え、ご自宅の庭を利用してフラワー園を整備されたそうです。

元々は、主人公の川原安幸さんの祖父母が作った小さなフラワー園で、2011年頃から整備してシバサクラやツツジを植えて育ててきました。

そんな個人の思いがつまったフラワー園がテレビで紹介されるということで、いかにも『人生の楽園』らしいステキなテーマです。

人生の楽園で紹介される「志田フラワー園」とは

志田フラワー園さんの園内には「白、ピンク、むらさき」の芝桜が咲き乱れ、4月の満開時には園内に芝桜の良い香りが漂います。

志田フラワー園さんの敷地は2千平方メートルもあって広いのですが、入園料が無料というフラワー園なんです。

2018年は4月初旬から芝桜が見頃となり4月20日頃まで満開だったとのことですが、4月27日には見頃は終わっていたとのことでした。

でも、これからは「紫陽花(あじさい)」のシーズンで、それを見に行くという手もありますね。

・芝桜
・つつじ
・紫陽花

志田フラワー園 への行き方(アクセス方法)

志田フラワー園さんへの行き方(アクセス方法)です。

車で行くような山奥にあるフラワー園ですが、駐車場も3箇所あるので自家用車で行くこともできます。

最寄り駅はJR長崎本線「肥前鹿島駅」になりますが、距離にして12km以上あるので徒歩で2時間近くかかります。

肥前鹿島駅からはタクシーで15分ほどの道のりで、志田フラワー園さんの手前の道は500mほど離合困難の農道になるので、地元のタクシーを駅から利用する方が事情がわかって便利でしょう。

佐賀県嬉野市塩田町大字久間甲
Instagram:https://www.instagram.com/sida_flower/

志田フラワー園 SNSの口コミや感想

. 夫婦の手作りフラワー園💠 . #志田フラワー園 #芝桜 #嬉野市 #塩田町

*asako*さん(@asa.colobockle725)がシェアした投稿 –

人生の楽園 2018年5月12日 予告

人生の楽園 2018年5月12日 予告は以下の通りです。

農家兼精米所を営み、大工でもある川原安幸さん(72歳)が、妻が見た花畑を再現したいと手作りした、シバザクラ咲き誇る庭園とは!?
農家兼精米所を営み、大工でもある川原安幸さん(72歳)と妻の絹代さん(70歳)の物語。15年前、難病で絹代さんはがじゅうたんのように一面に広がる奇麗な花畑を見て「カメラを取りに戻らなきゃ」と思った瞬間に息をふきかえす。そして退院後、夫婦は先祖から受け継ぐ佐賀・嬉野市の山あいの土地にこつこつとシバザクラを植え、2016年春に志田フラワー園として開園した。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。