若木屋豆腐処 @佐賀県「峠の豆腐や 髙岸修輔さん」が『人生の楽園』で紹介

佐賀県武雄市で特産品の大豆「フクユタカ」を原材料に使った豆腐店を営まれている髙岸修輔さんが2018年3月3日放送の『人生の楽園』で紹介されるそうです。「峠の豆腐や 若木屋(若木屋豆腐処)」という国道498号線沿いにある峠の豆腐屋さんです。

苦味のない美味しい豆腐が食べられる豆腐屋さんということで気になる放送回になりそうです。

広告

佐賀県「峠の豆腐や 若木屋」が『人生の楽園』で紹介


佐賀県武雄市にある「峠の豆腐屋」が『人生の楽園』で紹介

佐賀県武雄市にある「峠の豆腐屋」が『人生の楽園』で紹介

峠の豆腐屋・・・・もし、山越えの道中で、こんなフレーズを見たら立ち寄ってしまいます。

豆腐はおいしい水で作るのが大事だからですが、やはり山から湧き出る清水ほど美味しいものはありません。

といっても、そんなお店は田舎にしかないのですが、そんな豆腐を売るお店が佐賀県武雄市にあるそうです。

川古の大楠公園にある日本5位の巨木ちかくに「峠の豆腐屋 若木屋豆腐処」さんはあります

川古の大楠公園にある日本5位の巨木ちかくに「峠の豆腐屋 若木屋豆腐処」さんはあります

場所は、巨木「川古の大楠公園」がある佐賀県武雄市若木町という所です。

川古の大楠は、樹齢3000年、高さ25メートル、根回り33メートルという「全国5位の巨木」として知られています。

その近くにある「峠の豆腐や 若木屋」さんが、毎週欠かさず視聴している番組『人生の楽園』で紹介されると予告されていました。

『人生の楽園』という番組を見ていると「田舎で商売するための工夫」が随所に見られるのですが、今回は経営が難しい「豆腐屋」さんなので、どんなノウハウがあるのか参考にしたいと思います。

なお、放送日は本日(2018年3月3日)です。

若木屋豆腐処の豆腐とは

ところで、今回の舞台である佐賀県は「大豆生産量が日本で二位」で、大豆品質でいえば「日本一」と言われるほどの大豆の名産地です。

品種としては「フクユタカ」という主に関西圏で豆腐などの大豆加工食品で使われている大豆が栽培されており、武雄産の大豆であれば100%「フクユタカ」になります。

髙岸修輔さんのお店「若木屋豆腐処の豆腐」でも、この「フクユタカ」を使って豆腐作りに精進されているそうです。

開店オープンは2017年ですが、今の髙岸修輔さんは二代目です。

初代は髙岸修輔さんの叔父さんが営まれていたのですが、そこで修行して2015年に二代目として経営をされています。

・はぎ豆腐 220円
・牛乳豆腐 210円~230円
・ピーナツ豆腐 180円
・胡麻豆腐 200円
・オレンジ牛乳豆腐 230円
・豆腐シューマイ 60円
・豆腐ナゲット 60円
・えび入り湯ば巻 120円
・豆腐ハンバーグ 200円
・サラダステーキ 100円

若木屋豆腐処 豆腐の通販やアクセス方法は?

では「若木屋豆腐処」の豆腐を入手するには、どうすれば良いのでしょうか。

販売は「武雄温泉物産館」でも行われており、佐賀市神野の「米菜クック」にも豆腐を卸しているようです。

お店へ行く場合は武雄温泉の北で国道498号線沿いまで自家用車などで行く必要があります。

通販などはないのですが、武雄の豆腐は嬉野温泉名物「佐嘉平川屋 湯豆腐」なんかが有名なので、当地の豆腐は通販でも入手可能になっています。

佐賀県武雄市若木町大字川古106-5
営業時間:9時~18時(11月~2月は17時まで)
定休日:水曜日(祝日は営業し翌日休み)
TEL:0954-26-2626

人生の楽園 2018年3月3日 予告


人生の楽園 2018年3月3日 予告は以下の通りです。

50代半ばで会社員から豆腐職人に転身し、叔父の豆腐店を継いだ62歳の男性を紹介。地元・佐賀県産の新大豆を使った豆腐は香りが高いと大評判。
長年勤めていた服飾メーカーの業績が悪化し、54歳で職を失った主人公。故郷の佐賀県武雄市で豆腐店を営む叔父から、「後を継がないか」と持ちかけられた。腕一本で生きる“職人”に憧れていた主人公は、豆腐職人の道に進むことを決意。叔父の元で修業を積み、3年前に店の2代目となった。秋に収穫した大豆は年明けから新大豆として出回るため、今の季節は“豆腐の旬”。大豆の香り高いおぼろ豆腐、ざる揚げ豆腐などが大人気。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。