河内木綿はたおり工房(東大阪市)が12月16日放送『人生の楽園』で紹介

河内木綿はたおり工房(東大阪市)が『人生の楽園』12月16日放送で紹介されるそうです。大阪府八尾市で盛んだった「河内木綿」という和綿でグッズ作りや機織り体験などをされている工房です。今回は「河内木綿はたおり工房」を主宰する中井由榮さんご夫婦が紹介されます。

河内木綿はたおり工房さんは近鉄奈良線「石切駅」の近くにあるそうなので、一度行ってみたいお店です。

広告

河内木綿はたおり工房(東大阪市)が『人生の楽園』で紹介


木綿から糸を紡ぎ、機織りして布を作ります

木綿から糸を紡ぎ、機織りして布を作ります

12月16日放送『人生の楽園』は、東大阪市で伝統工芸「河内木綿」を復活させるために奔走している中井由榮さんご夫婦が紹介されると予告されていました。

河内木綿」は室町幕府のあった15世紀末頃に中国から入ってきた木綿を、河内(今の大阪)で栽培して産業化されたものです。

今の大阪で栽培されていた木綿を使った機織技術である「河内木綿」は、八尾市や松原市で発展していった繊維で、主な生産地は八尾市になります。

今でも八尾市には河内木綿を生産されている工房はありますが、ご夫婦が2015年にオープンした東大阪市の河内木綿のお店『河内木綿はたおり工房』が紹介されるということでした。

・山根木綿(大阪府八尾市)
・久宝寺木綿(大阪府八尾市)
・三宅木綿(大阪府松原市)

河内木綿はたおり工房 場所と行き方


河内木綿はたおり工房は石切大仏の近くにあります

河内木綿はたおり工房は石切大仏の近くにあります

では「河内木綿はたおり工房」さんへはどのようにして行くのでしょうか。

石切駅から石切劔箭神社へ続く参道(距離あります)の途中にある民家を改装して工房にしたお店で、グッズの販売と機織り体験ができる施設になっています。

近鉄奈良線「石切駅」から線路沿いを南へ向かうと「石切参道商店街」という参道があるので、そこを入って1分くらいにある民家です。

河内こっとん」というブランドで、コースターなどを販売しているとのことで、ちょっとオシャレでこだわったカフェなどで使うと良さそうな商品です。

また「ハンカチやコースターの製作体験」も行われており、500円~3000円程度で体験会に参加できるとのことなので問合せてみるのも良さそうです。

大阪府東大阪市東石切町3丁目2−13
営業時間:11時~15時
定休日:9の数字が付く日(9日、19日、29日)
URL:https://genki365.net/gnkh17/mypage/

Twitterの口コミや感想

人生の楽園 12月16日 予告


人生の楽園 12月16日 予告は以下の通りです。

町工場の多い東大阪市で、畑で収穫した綿を使って、仲間と一緒に伝統の河内木綿を作る74歳の女性を紹介。綿花の栽培などで夫がサポートしている。
東大阪市に古くから伝わる河内木綿は、丈夫で破れないという特性を持つ。しかし繊維が短いため紡績の機械にかけられず、衰退していた。そこで「素晴らしい河内木綿を復活させたい」と考えた主人公は仲間を募り、伝統技術を一つ一つ学びながら河内木綿を作り始め、2年前に工房をオープンした。収穫した綿から手作業で糸を紡ぎ、丈夫で味わいのある木綿を織り上げる。できあがった作品は工房で販売。機織りの体験教室も行っている。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。