『人生の楽園』で紹介されるうどん店「うどん馳走 山石土平」

うどん馳走 山石土平 @滋賀県長浜市 讃岐天ぶっかけ『人生の楽園』で紹介

2018年6月23日放送『人生の楽園』で紹介される「うどん馳走 山石土平」の「讃岐天ぶっかけ」実食レビューです。滋賀県長浜市に住む岩坪健一さんご夫婦が経営されている讃岐風うどん店で、奥様の千佳さんが揚げる天ぷらも好評で開店直後に満席です。営業時間定休日駐車場も具体的に紹介します。
Continue reading

漁師yado民宿さくらがある男木島の港、連絡船「めおん」で渡航することができます

漁師yado民宿さくら @香川県・男木島「さくら色のたこ飯」が『人生の楽園』で紹介

2018年6月16日放送『人生の楽園』では、香川県・男木島(おぎじま)に住む大江哲夫さんご夫婦が経営されている「漁師yado民宿さくら」さんが紹介されるようです。離島である男木島の小さい島の民宿です。宿泊料は、一泊二食付きで6500円(税込)、絶品とされる「さくら色のたこ飯」が夕食に付いてきます。
Continue reading

蔵カフェ飯島茶寮さんの「信州伊那谷ガレット」(上伊那観光連盟 広報資料より)

蔵カフェ飯島茶寮 @長野県 そば粉のガレット『人生の楽園』で紹介

2018年6月9日放送『人生の楽園』で、長野県飯島町に移住した鈴木直人さんの「土蔵カフェ」が紹介されることになっています。お店の名前は「蔵カフェ飯島茶寮」といい、2015年9月20日に築140年の蔵をリノベして開店されています。店内は温かみのあるカフェになっており、趣味のジャズ楽器などが置かれいます。そこで食べることができるのが「信州伊那谷ガレット」で、土日祝のみのランチセット(1200円)です。
Continue reading

山刀伐峠の「子持ち杉・子宝地蔵」松尾芭蕉が歩いた奥の細道の最大難所

たらふく工房満沢 たらふく御膳@山形県最上町「閉校の農家レストラン」人生の楽園で紹介

山形県最上町にある廃校を再利用した農家レストラン「たらふく工房満沢」さんの地場産食材を使った豪華な「たらふく御膳 1200円」が、2018年6月2日放送『人生の楽園』で紹介されることになっています。最上町では、平成24年3月で廃校になった最上町立満沢小学校を「みつざわ未来創造館 らいず」として地域活性化のために使っており、そこで菅安子さんを代表としたおばあちゃん8人が食堂を経営しています。その食堂が「たらふく工房満沢」さんです。
Continue reading

荒井博さんも食べた日本最古の和菓子「一和(一文字屋和輔)」あぶり餅

茶房あらい @山梨県甲州市 荒井博さんの古民家茶房『人生の楽園』で紹介

山梨県甲州市にある荒井博さんの古民家茶房「茶房あらい」さんが、2018年5月26日放送『人生の楽園』で紹介されます。8畳の和室に土間だけの小さなお店ですが、自分たちで建てた古民家風の家屋は立派な建物で、和室から庭を眺めながら「讃岐うどん」や「あぶり餅」にコーヒーなどをいただける茶房(カフェ)になっています。あぶり餅といえば、京都発祥で日本最古の和菓子店だ食べられるのですが、荒井博さんは京都旅行で「あぶり餅」に魅せられて、料理好きということもあって自分であぶり餅を作られているそうです。
Continue reading

南山城村の北部「童仙房(どうせんぼう)」の風景

南山城村に移住した児島正之さん@京都『人生の楽園』で紹介

今週の『人生の楽園』で、また京都の方が紹介してもらえると予告されていました。紹介されるのは京都府相楽郡南山城村の「田山地区」に大阪から移住された児島正之さんという方で、仕事が大阪にある奥様より一足先に「南山城村」の古民家に移住されています。南山城村には風恋明媚な「名張川」や山頂の秘境「童仙房」といった田舎らしい雰囲気もありますが、バブル時代にゴルフ場やリゾート開発もあったような場所で、地区によってはそのイメージがガラリと一変するような所です。
Continue reading

今週の『人生の楽園』で佐賀・嬉野市で夫婦が作る無料のフラワー園「志田フラワー園」が紹介されます

志田フラワー園 @佐賀・嬉野市「川原安幸さん夫婦のフラワー園」人生の楽園で紹介

佐賀県嬉野市川原安幸さん夫婦が整備し無料で公開している「志田フラワー園」さんが2018年5月12日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。2018年4月12日~16日のちょうど芝桜が見頃の時期にテレビ朝日『人生の楽園』スタッフによる密着取材があって、地元の子どもたちによる「不知火太鼓(和太鼓)」の演奏も紹介されるとのことでした。志田フラワー園では「芝桜つつじ紫陽花」が4月初旬から5月まで見られるとのことで、旅行雑誌でも紹介されているフラワー園です。
Continue reading

栃木県のブランド苺「とちおとめ」とブルーベリー(規格外品)を使ったスイーツ店が『人生の楽園』で紹介

Chez Fraise(シェフレ)@栃木 規格外イチゴのスイーツ店『人生の楽園』で紹介

イチゴ生産量日本一の栃木県で、2017年6月1日に新店オープンしたスイーツのお店「Chez Fraise(シェフレ)」さんが、2018年4月28日放送の『人生の楽園』で紹介されることになっています。農家直送の朝獲れ苺のジェラートやパフェなどがメインのお店で、クロワッサンや焼き菓子などもあるいろいろ楽しめるお店です。篠原宏明さんご夫婦が経営されている「篠原農園」さんの苺を使っており、篠原さんの娘さん(パティシエ)が店長をされています。
Continue reading

今週の『人生の楽園』は、造船の町・佐世保「眺めのいい高台の カフェこもれび」

カフェこもれび @長崎県佐世保市「眺めのいい高台のカフェ」寺田克成さん『人生の楽園』で紹介

2018年4月21日放送の『人生の楽園』の舞台は、長崎県佐世保市にある眺めのいい高台のカフェ「カフェこもれび」さんが紹介されることになっていました。佐世保市出身の寺田克成さんが経営するカフェで、築130年の祖父母が住んでいた古民家の納屋を改装してカフェを開業されています。高台からは佐世保市を見渡せ、2本のソメイヨシノ(夫婦桜)が満開になった時期に撮影ロケがあったようなので、番組でもキレイな佐世保の風景が見られそうです。
Continue reading

ともこ工房の公式サイトで通販があるので入手は比較的簡単です

ともこ工房 米飴@高知・黒潮町 堀由紀さん『人生の楽園』で紹介

高知県幡多郡黒潮町の米飴工房「ともこ工房」と、農家民泊「ななさと」さんが、2018年4月14日放送の『人生の楽園』で紹介されます。米飴(こめあめ)は平安時代から作られている米から作る水飴のことですが、米飴工房「ともこ工房」さんでは昔ながらの手作りで今でも米飴を作られています。農家民泊「ななさと」さんは同じ敷地にある民泊で、土曜日限定モーニングが500円で豪華なセットになっています。
Continue reading

今週の『人生の楽園』は故郷の里山を再生させようと奮闘するご夫婦の話です

大小迫つむぎの家 @岩手県大船渡市 千田耕基さん『人生の楽園』で紹介

千田耕基さんと永久世さんが運営する「大小迫つむぎの家」が2018年4月7日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。岩手県大船渡市三陸町綾里在住の千田耕基さんと永久世さんご夫婦のご自宅で、交流の場として地域の方々に開放し、小学校などと協力して体験型環境学習をされています。こういった取り組みは地方では珍しくはないのですが、地域の方々と活発に交流していかないとなかなかうまく行かない取り組みでもあります。
Continue reading

古民家体験工房&カフェ「とらいかん」は農家体験や農家民泊にカフェのある施設です

とらいかん 元気母さんの体験工房が『人生の楽園』で紹介(長崎県佐世保市)

長崎県佐世保市の柴山節子さんご夫婦が経営する体験工房&カフェ「とらいかん」が2018年3月24日放送の『人生の楽園』で紹介されます。番組では地方の(特に田舎の)農家民泊やカフェが紹介されることが多く「とらいかん」さんも古民家をリノベした家屋で「軽食&カフェ、体験教室、体験民泊、施設貸切研修」などの事業を行っているそうです。
Continue reading

昔の古い升などの古民具、そのままでも良いものですが、捨てるなら再生してみたいですよね

カエる(兵庫県姫路市)妻木敏保さんの古民具再生工房『人生の楽園』で紹介されます

兵庫県姫路市飾磨区中島で、木工古民具を再生して飾り棚などに仕立てる活動をされている妻木敏保さんが、2018年3月17日放送『人生の楽園』で紹介されるとのことでした。退職後に趣味が高じて木工製品の再生をする工房「古民具再生工房カエる」を立ち上げて、地元の展示会(工芸展)などに出品されている方です。
Continue reading

のと七尾線「穴水駅」から徒歩10分の場所に「蔵カフェ 菜々(さいな)」さんがあります

蔵カフェ菜々(能登・穴水)の蔵カフェが『人生の楽園』で紹介されます

今週の「人生の楽園」は、能登半島で「蔵カフェ菜々(さいな)」を経営する守山さんご夫婦が紹介されるとのことです。能登といえば「米・野菜・海鮮」となんでも美味しい場所ですが、その地元の食材を活かしたランチを1000円で提供されているとのことでした。
Continue reading

柞の木(いすのき)は暖かい海岸沿いの山あいなどに育つ木のことです

ガーデンCafe柞の木(いすのき)@長崎県松浦市『人生の楽園』で紹介

長崎県松浦市「ガーデンCafe柞の木」さんが2018年1月27日放送『人生の楽園』で紹介されるとのことです。地方の山間部にあるカフェですが、地元の食材を使って名古屋のコーヒー・モーニング文化を長崎に持ち込んだ事例でテレビなどでも紹介しやすいお店のようです。食器やお店づくりもセンスが良く、すぐ隣りの「守山農園」から新鮮卵を毎朝仕入れるなどの工夫もされています。
Continue reading

『人生の楽園』で宮崎県村田町の手打ち二八蕎麦が紹介されます

蕎麦玄(そばげん)寒晒し蕎麦 @宮崎・村田町『人生の楽園』で紹介

蕎麦玄(そばげん)が2018年1月20日放送の『人生の楽園』で紹介されます。2011年2月3日にオープンした手打ち二八蕎麦のお店で、同じ宮城県の名店「岩手山 もみじ野」で蕎麦打ち修行をされた村上玄吉さんが主人公になっていました。「蕎麦玄(そばげん)」は村田地区では美味しいと評判のお店で、蔵王山麓「宝龍権現社の湧水」を使用した「ほんのり甘みがある」蕎麦だそうです。
Continue reading

弥平治の丘(京都府広報資料より)

弥平治の丘(やへいじのおか)@京都・綾部市 農家民泊『人生の楽園』で紹介

京都府綾部市農家民泊弥平治の丘(やへいじのおか)」さんが、2018年1月6日放送『人生の楽園』で紹介されることになっています。「弥平治の丘」は、2013年に四方房夫さんご夫婦が開業された農家体験型の民泊で、おくどさん(かまど炊き)で炊いた自家製山田米などのお料理も楽しめる民泊です。
Continue reading

京都府亀岡市神前にある「Cafe nouka」さん

Cafe nouka @京都・亀岡市 彩り野菜の農家カフェ 『人生の楽園』で紹介

京都府亀岡市の農家カフェ「Cafe nouka」さんが2018年1月6日放送『人生の楽園』で紹介されます。恒例の京都特番で、今回は1時間拡大スペシャルで京都のカフェと農家民宿が紹介されます。農家カフェ「Cafe nouka」では1日10食限定で、亀岡市神前で栽培された野菜をたっぷり使ったランチを提供されており、他にもカフェスイーツをいただくことができるようになっていました。
Continue reading

12月23日の『人生の楽園』は熊本県荒尾市のオリーブ農園が舞台です

中川オリーブ農園〇megane(まるめがね)@熊本県荒尾市のオリーブレストラン

熊本県荒尾市にあるオリーブソムリエが経営するオリーブ農園のレストラン中川オリーブ農園〇megane(まるめがね)」さんは、名物の「モンスターサラダ」のついた平日限定ランチ(価格:1700円)が有名の人気店です。その「中川オリーブ農園〇megane(まるめがね)」さんの経営者・中川孝さんが2017年12月23日放送『人生の楽園』で紹介されることになっています。
Continue reading