香取慎吾 佐々木健介 @農家民宿へんどん・ムサシ十日町店で『おじゃMAP』撮影ロケか

新潟県十日町市の「ホームセンター ムサシ 十日町店」で、なぜかスマップ香取慎吾さんと佐々木健介さんが目撃されています。7月4日 15時頃のことだそうで、複数の目撃情報があるのですがハッキリしたことまでは分かっていません。

組み合わせからして『おじゃMAP』の撮影ロケのようですが、ザキヤマさんは目撃されていませんでした。

広告

ムサシ十日町店で『おじゃMAP』撮影ロケか


ムサシ十日町店で『おじゃMAP』撮影ロケか

ムサシ十日町店で『おじゃMAP』撮影ロケか

7月4日 15時頃から、SMAP香取慎吾さんと佐々木健介さんの目撃情報が出ています。

なんの撮影ロケかは不明ですが、SMAP香取慎吾さんと佐々木健介さんの組み合わせだと『おじゃMAP』の可能性はありそうですが、ザキヤマさんなどはいなかったそうです。

香取慎吾さんは「慎吾ママ」の恰好だったとのことなので『おじゃMAP』の線が濃厚です。

目撃情報のほとんどが「ムサシ」という場所で撮影ロケしていたというものですが、これはたぶん「ホームセンター ムサシ」のことです。

また「ダイソー」が併設されていること「十高」という学校が近いということから調べたところ、場所はたぶん「ホームセンター ムサシ 十日町店」だと推測されます。

新潟県十日町市丑900−2

農家民宿へんどん「住民たった2人の村に開店した民宿!泊まり込みガチお手伝い!!」


新潟県十日町市松代「星峠の棚田」

新潟県十日町市松代「星峠の棚田」

追記です。

この撮影ロケですが、7月19日放送『おじゃmap』の企画で「住民たった2人の村に開店した民宿!泊まり込みガチお手伝い!!」という撮影とのことです。

予告では棚田が映っていましたが、「ホームセンター ムサシ 十日町店」から近くて棚田(たなだ)のある「住民がたった2人の」で、「2017年4月におばあちゃんが運営する民宿がオープン」という条件に一致する所にいたということになります。

棚田というのは山間部にある傾斜を利用した田んぼのことで、この付近だと棚田を「山田(やまだ)」と呼びます。

いわゆる魚沼なので棚田はたくさんある地域です。

棚田は川西地区だと「大白倉(おおしらくら)」と「藤沢」、十日町エリアだと「三ツ山(みつやま)」や「枯木又」という所にあります。このあたりは枯木又地区など世帯数などが少ない限界集落が見られるエリアです。

実際に訪問したのは新潟県小千谷市岩沢にある「農家民宿へんどん」という所だそうです。

新潟県小千谷市岩沢3382

Twitterの口コミや感想

おじゃmap 7月19日 予告


おじゃmap 7月19日 予告は以下のとおりです。

過疎のド田舎にオープンしたばかりの民宿!おばあちゃんばかりで男手不足の大ピンチ!!泊まり込みでガッツリ汗流しお手伝い!夜空の下で…初めて香取が将来を語る
町おこしのために、限界集落に今年4月にオープンしたばかりの民宿から番組宛てに切実な依頼が飛び込んでくる。ご年配の皆さんだけで運営しているので、力仕事などができる若い男手が全然足りないため是非手伝って欲しいというのだ。そこで香取慎吾、山崎弘也、さらにゲストに佐々木健介を迎え、男3人で民宿のお手伝いをするために民宿へ向かう。  1泊2日の泊りがけで、力仕事をはじめ何でもお手伝いする。家具作り、展望台作り、ドラム缶風呂作り、新メニュー作りなど、仕事はいくらでもあるが時間は限られているため、休む間も惜しんで汗だくで必死にがんばる。今回も、思わぬハプニングあり、笑いありで、3人が予想のできないできごとが次々と起こるのだった。予測のできない展開にどんな人や場所に会うことができるのか。

広告


【送料無料】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】【5400円以上まとめ買いで送料無料対象商品】(lf)


「おじゃMAP」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。