【京やきにく懐石 弘】京都の一番人気焼肉「京やきにく懐石 弘 八坂邸」がおじゃマップで紹介される

Sponsored Link


10/20、京都で「おじゃマップ」の撮影があり、スマップ香取慎吾さんと観月ありささんが撮影(ロケ)に来ていた件を以前書きました

その時は「雄琴あがりゃんせ」(天下一品の運営)に出没したということで、その様子は11/19放送の「おじゃマップ」で放送されたのですが、12/10放送でも、スマップ香取慎吾さんと観月ありささんが「京やきにく懐石 弘」に行ったロケの内容が放送されます。たぶん、同時のロケだったかもしれません。

京都の一番人気焼肉「京やきにく懐石 弘」


京都以外では、あまり知られていないかもしれませんが、京都で焼肉の一番人気なのが「京の焼肉処 弘」(ヒロ)というお店です。

2014-12-10_115506

店は3タイプあります。

京やきにく懐石 弘:京の懐石料理を楽しむ焼肉料理店
京の焼肉処 弘:リーズナブルで京都一番人気の焼き肉屋さん
弘商店:お肉屋さんの定食屋さん

他にも、本業のお肉屋さんがありますが、最近できた「イオンモール 京都桂川店」にも入っています。

今回のロケでは、料亭のような場所にある「京やきにく懐石 弘」が選ばれたみたいです。たぶん、「京やきにく懐石 弘 八坂邸」だと思われます。


http://www.yakiniku-hiro.com/

200坪の料亭「京やきにく懐石 弘 八坂邸」


八坂邸は日本庭園100坪、料亭100坪の合計200坪あるお店です。この辺で駐車場を持っているというのも、なかなかポイント高いです。

お庭の見えるお座敷で食べる焼肉というのも風情があります。

お値段は、コースで6000円台、8000円台、1万円台があります。お気軽に高級感を味わいたい場合は、使えるお店です。デートでも問題ありません。ま、デートでこの値段はキツイと思いますが(笑)

お子様連れはやめたほうがいいです。

京やきにく懐石 弘 八坂邸
京都府京都市東山区東大路通八坂西入ル 小松町11−9
営業時間:17時から24時(LO 23時)
http://www.yakiniku-hiro.com/yasaka/access.php

鴨川に近い「京やきにく懐石 弘 祗園山名庵」


こちらは、八坂店とそんなに離れていませんが、祇園白川の鴨川沿いにあります。元々は老舗旅館「祗園山名」のところです。店の入口は大和大路のところからで、長屋の建物になっています。

こちらは、個室や大広間そして料理人を前にできるカウンター席のあるお店です。懐石というよも、だいぶオシャレな焼肉店です。

お値段は、おまかせコースが6000円台、7000円台、8000円台となっています。コース以外ももちろんあります。ここは、お子様づれでも大丈夫です。

京やきにく懐石 弘 祗園山名庵
京都府京都市東山区祇園縄手新橋16
営業時間:17時から24時(LO 23時)
http://www.yakiniku-hiro.com/yasaka/access.php

Twitterの口コミや感想

おじゃマップ【京都&福岡のご当地社長の自宅に突撃SP】
今夜は京都のご当地社長のもとにおじゃマップする上に、さらに福岡のご当地社長のもとにもおじゃマップ!2つの都市を股に掛けてお送りする。京都でご当地社長を訪れるのは香取慎吾、山崎弘也のほか、観月ありさと児嶋一哉(アンジャッシュ)。独特の懐石風焼き肉が大人気の、『京やきにく懐石 弘』を訪ねる!苦労しながら懐石形式で焼き肉を出すというユニークなアイデアを実現させた秘策が明らかに。兄が精肉店を経営し、弟がこの「弘」を経営しているという2人だからこそ実現した焼き肉店の常識を破った秘策とは!?アイデアに驚くことしきりの香取、そして感動秘話が明らかに! 福岡のご当地社長におじゃマップしたのは、石原良純と菜々緒。2人と共に訪れたのは『博多華味鳥・中洲本店』。すてきなお店の雰囲気に飲まれて注文までしてしまう!『博多華味鳥』の名物社長にお会いしてお話を伺うと、人をとてもとても大切にするという社長からの苦労話、感動話が飛び出す!驚きの事実が!
http://www.fujitv.co.jp/ojamap/index.html

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。