KAT-TUN中丸雄一「京都の魔界スポットに潜入」所さんのニッポンの出番

Sponsored Link

6/20~6/21で京都KAT-TUN中丸雄一さんがいるらしいとの話が出ています。『所さんのニッポンの出番』の撮影ロケとのことで、6/20に白峯神宮(しらみねじんぐう)で目撃されたのはロケであると認めていました。

放送は7/19『所さんのニッポンの出番!2時間SP』で放送される「京都の魔界スポットに潜入」という内容です。

では、京都で中丸さんはどこに行ったのでしょうか?

6/21 京都にKAT-TUN中丸雄一さんがいるらしい


晴明神社鳥居

晴明神社鳥居

6/21 15時頃の『所さんのニッポンの出番』の公式Twitterが、こんなことをつぶやいていました・・・・。

「中丸くんが京都に出没した件ですが、出番ロケで行っていただいてます。」

6/20~6/21(本日)で、中丸さんのが京都に来ていたのが目撃されています。

では、中丸さんはどこに行ったのでしょうか?

調べてみました。

京都の魔界スポットに潜入


晴明神社狛犬

晴明神社狛犬

その後、放送は7/19『所さんのニッポンの出番!2時間SP』で放送される「京都の魔界スポットに潜入」という内容であることが判明しています。

「ご利益ニッポン」の企画で、中丸さんが京都の神社などを巡るようです。

(1)見え方で自分の心の状況が分かる像
(2)地獄につながる井戸
(3)明治天皇も恐れた最強怨霊の素顔

予告では、上記の3つだけ書かれていました。

これだけでも分かるのですが、予告映像や目撃情報を精査したところ、KAT-TUN中丸さんが行ったと分かるのは、以下の場所であることが分かりました。

晴明神社(京都最怖の魔界スポット)
白峯神宮(明治天皇も恐れた最強怨霊の素顔)
御霊神社(早良親王の怨霊から平安京を守るために建立)
六道珍皇寺(地獄につながる井戸)
貴船神社(予告で朱色の春日燈籠が映っていました)
四条の蛸薬師付近
廬山寺(見え方で自分の心の状況が分かる像)
菅原院天満宮神社(道真の直筆写経があるとされる)

魔界から戻ることができる橋


番組で中丸さんがお参りした角度から激写 【晴明神社】

番組で中丸さんがお参りした角度から激写 【晴明神社】

番組予告で、KAT-TUN中丸雄一さんが「晴明神社」をお参りしていました。

五芒星」が映っているので間違いありません。我々にとっても、地元のメインストリート「堀川通」にあります。

堀川通沿いにある 桔梗の名所

堀川通沿いにある 桔梗の名所

天才陰陽師・安倍晴明の居住跡にある神社で、「一条戻橋」のすぐ近くにあります。

堀川通沿いにあり、 桔梗の名所としても知られている神社です。

近くには、たぶん今回紹介されるであろう「一条戻橋」というのがあります。

現在の一条戻橋

現在の一条戻橋

一条戻橋」というのは、魔界から戻ることができる橋と言われ、京都の魔界スポットとして有名なので、まずはここに行ったのでしょう。

ただ、現在の堀川通にある橋は新しいもので、当時のものが晴明神社に復元されて飾られています。

復元された一条戻橋

復元された一条戻橋

橋の欄干(らんかん)が本物で、こんな小さかったわけではありません。

現在の堀川は堀川通の下に流れていますが、堀川今出川から南は今でも川が残っています。

(1)晴明神社は安倍晴明の居住跡
(2)堀川通りの「一条戻橋」は魔界から戻ってこれるという橋
(3)昔の「一条戻橋」の一部が晴明神社の中で復元されている

現在の堀川

現在の堀川

京都府京都市上京区堀川通一条上ル806
URL:http://www.seimeijinja.jp/

明治天皇も恐れた最強怨霊 崇徳天皇


白峯神宮(しらみねじんぐう)

白峯神宮(しらみねじんぐう)

白峯神宮は(しらみねじんぐう)、スポーツ神社として知られている我々の地元の神社です。

我々が四条方面に行く場合の通り道ですが、実はここには「明治天皇も恐れた最強怨霊 崇徳天皇」が祀られている神社でもあります。

最強怨霊 崇徳天皇

最強怨霊 崇徳天皇

明治天皇が即位の礼を京都で行う際に、わざわざ四国にあった崇徳天皇の御霊を京都に移して、ここにあります。

崇徳天皇は応仁の乱(1467年)で後継者争いに敗れて「日本国の大魔王となる」という厨二病的な言葉を残したと言われています。つまり、今後日本に災いを起こすと宣言したのです。

そのため、明治天皇は崇徳天皇の御霊を京都の「白峯神宮」に移したのです。

白峯神宮 社殿

白峯神宮 社殿

今出川通なので、頻繁に前を通りますが、ここまで来る観光客は多くはないので、京都観光ネタでお参りするのも面白いかもしれませんね。

(1)明治天皇も恐れた最強怨霊 崇徳天皇が祀られている
(2)スポーツの神様として有名

今は「リオ・オリンピック」に便乗してました(笑)

「リオ・オリンピック」に便乗

「リオ・オリンピック」に便乗

京都府京都市上京区今出川堀川東入飛鳥井261
URL:http://shiraminejingu.or.jp/

早良親王の怨霊から平安京を守るために建立した神社


上御霊神社

上御霊神社

予告では「御霊神社」も映っていました。

予告で1番最初に映っています。これも近いのですぐに分かりました。

「御霊神社」には「上御霊神社」と「下御霊神社」とがありますが、今回紹介されるのは鞍馬口にある「上御霊神社」のことです。

上御霊神社 境内

上御霊神社 境内

崇道天皇の御霊を祀った神社とされ、桓武天皇が早良親王の怨霊から平安京を守るために建立したものと言われています。

(1)桓武天皇が早良親王の怨霊から平安京を守るために建立
(2)紹介されるのは「上御霊神社」
(3)もうひとつの「下御霊神社」は地元では汚い神社として有名

ちなみに、「下御霊神社」の方は、京都では汚い神社として知られています。

京都府京都市上京区御霊竪町495
URL:http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/02/004/

冥土通いの井戸


六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

さて、予告では「地獄につながる井戸」が紹介されるとあり、映像では「小野篁像」(おののたかむら)が映っていました。

六道珍皇寺 参道

六道珍皇寺 参道

場所は「六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)」です。

所さんのニッポンの出番に便乗

所さんのニッポンの出番に便乗

『所さんのニッポンの出番』に便乗する貼り紙がありました。

ここから「冥土通いの井戸」という井戸を見ることができます。

といっても遠くからなので、望遠かましました。

冥土通いの井戸

冥土通いの井戸

冥土通いの井戸」というのは、小野篁(おののたかむら)が、この裏にある井戸を通って冥界と現世を行き来していたという噂から出た話です。

小野篁(おののたかむら)像

小野篁(おののたかむら)像

ここは、温泉担当がよく麹を買いに行く「菱六」(ひしろく)さんという日本で数軒しかない種麹のお店の近くです。(紹介記事はこちらです

ここら付近にいると、外国人観光客に「ろくどうちんのうじ、どこですか?」と英語で聞かれることが、かなり多いのですが、河原町とか清水にも近いので観光客も多くいらっしゃいます。

地図だとルートがおかしいですが、「菱六」(ひしろく)さんと同じ通りから入れます。

(1)「ろくどうちんのうじ」と読む
(2)冥土通いの井戸がある
(3)小野篁(おののたかむら)は昼間は都の役人で夜は冥界の役人と伝説が残る

なお、この近くには、とんでもないモンスターフードがあります!


揚げ八ッ橋生八ッ橋のフライ)という看板を掲げているお店が京都にあります。フード担当が何度かチャレンジしているのですが、開いている時間に行けていないお店「フライとお惣菜のお店 キッチン」さんというお店です。魔界への入口がある「六道珍皇寺」の並びにあります。


7/19放送『所さんのニッポンの出番!2時間SP』まとめ


ということで、7/19放送『所さんのニッポンの出番!2時間SP』で、KAT-TUN中丸雄一さんが京都で訪れた場所をまとめてみました。

晴明神社(京都最怖の魔界スポット)
白峯神宮(明治天皇も恐れた最強怨霊の素顔)
御霊神社(早良親王の怨霊から平安京を守るために建立)
六道珍皇寺(地獄につながる井戸)
貴船神社(予告で朱色の春日燈籠が映っていました)
四条の蛸薬師付近
廬山寺(見え方で自分の心の状況が分かる像)
菅原院天満宮神社(道真の直筆写経があるとされる)

なお、一部は紹介を割愛してあります。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link


御朱印帳

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。