クラウンメロンが当たる自販機 @静岡県袋井市『珍百景』で紹介

静岡県袋井市富里のメロン農家さんが設置している「クラウンメロンが当たる自販機」が8月9日放送『ナニコレ珍百景』で紹介されるようです。サンシャイン池崎さんが緑色の自販機の前で「静岡クラウン印」のシールが貼られているオロナミンCを持っているのが予告で確認できます。

では「クラウンメロンが当たる自販機」はどこにあるのでしょうか。

広告

クラウンメロンが当たる自販機 @静岡県袋井市『珍百景』で紹介


静岡県袋井市に「クラウンメロンが当たる自販機」があるらしい

静岡県袋井市に「クラウンメロンが当たる自販機」があるらしい

8月9日放送『ナニコレ珍百景』で「静岡に高級○○が当たる自販機が!本当に当たるのか池崎が挑戦」という企画が放送されます。

サンシャイン池崎さんが、静岡県まで行って珍しい自販機を探してくる内容ですが、静岡県で高級品といえば「メロン」です。

実は静岡県袋井市はクラウンメロンの有名な産地で、その「クラウンメロンが当たる自販機」というのが「富里」という所にあります。

Twitterでも少ないながら目撃情報があるのですが、確かに「100円~ クラウンメロンが当たる!!」と書かれていました。

100回に1回当たるということなので、一般的な当たりくじ付き自販機と全く同じ確率設定です。

さて、地域タグで「浅羽」と書かれていましたが、千里眼の持ち主である温泉担当にイタコさせたところ・・・・

静岡県袋井市富里のメロン農家さんだということが判明しています。

クラウンメロンが当たる自販機の場所

この「クラウンメロンが当たる自販機」の場所ですが「静岡県袋井市富里1126」にあります。

上のストリートビューは2012年のもので昔のものですが、この場所に2016年ころから存在しているようです。

静岡県産のクラウンメロンには等級「富士」があって、県内3か所の集荷場で厳しい検査を受けた上で「静岡県産クラウンメロン」として出荷されるのですが、それに該当しないものが「クラウンメロンが当たる自販機」の景品になっています。(アウトレット品)

クラウンメロンは袋井市で栽培され、もうひとつアローマメロンが浜松市・磐田市・御前崎市付近で栽培されています。

ブランドメロンには「静岡クラウン印」のシールが貼られるのですが、そのシールが缶に貼ってあったら大当たりということです。

広告


静岡県産クラウンメロン

静岡県袋井市富里1126

ナニコレ珍百景 8月9日 予告


ナニコレ珍百景 8月9日 予告は以下のとおりです。

日本全国から驚きの光景が続々!大自然が造った鍾乳洞の絶景、カワイイ動物、涙なしには見られない感動秘話から理由に爆笑の光景まで衝撃風景の数々を復活感謝で一挙公開
▼欽ちゃん感動!鯉にエサをあげる鴨
▼熱愛発覚!車に恋する犬
▼自然の神秘!藤岡探検隊に吉田勝次が投稿~西表島の未知なる洞窟へ!超危険生物&生命の神秘
▼超人的ご長寿も大活躍!フルマラソン完走する92歳
▼不屈の闘志!68歳ボクサーvs亀田興毅
▼珍百景党は静岡県へ~宙に浮くスベリ台&用水路の中州に謎のスベリ台
▼大分に秀才中学生出現!宮崎美子と漢字対決に芦田愛菜ビックリ
▼眼科医がナニコレ!?まつ毛が長い2歳児
▼食べると仰天!○○製の珍料理
▼あべのハルカスで発見!夜に現れる幻の通天閣
▼変顔でアピールする犬
▼恐怖!不気味すぎる交通安全人形
▼静岡に高級○○が当たる自販機が!本当に当たるのか池崎が挑戦
▼涙なしには見られない…仏像7000体…あの日を忘れない…手掘りし続ける元刑事の感動秘話
▼原田泰造vs悪童サキちゃん…「オイ泰造!」から7年の因縁ついに決着
▼お母さんに内緒で投稿する山口のアノ娘は今何してる?


「ナニコレ珍百景」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。