折り紙 ハチの子 イナゴの自販機 井の頭公園 珍百景

Sponsored Link

11/18放送『ナニコレ珍百景』で、折り紙の自販機(愛媛)、ハム・ソーセージの自販機(株式会社九食)、ハチの子・イナゴの自販機(井の頭公園)、カバンの自販機(兵庫県富岡市)、だし道楽の自販機(広島県)が紹介され、日本一を決めるそうです。

それらの自動販売機はどこにあるのでしょうか?

関ジャニ∞ 安田章大 錦戸亮 3/14 井の頭公園 撮影ロケ

11/18 珍百景


11/18放送『ナニコレ珍百景』は、全国で見つけた珍自販機の特集が放送されます。

折り紙の自販機(愛媛)
ハム・ソーセージの自販機(株式会社九食)
ハチの子・イナゴの自販機(井の頭公園)
カバンの自販機(兵庫県富岡市)
だし道楽の自販機(広島県)

折り紙の自販機(愛媛)

岡野千鶴さんという折り紙の作者さんが設置している自販機で、愛媛県内子町にある「折り紙の自販機」が紹介されると予告にありました。

場所を公開している情報源はないのですが、我々の画像解析システム「hi-ma」で分析したところ、「愛媛県喜多郡内子町平岡」にある岡野商店であることが判明しました。

折り紙の鶴とか象に手裏剣と懐かしい感じのものが30円とか50円で売られています。誰が買うんでしょうか?

愛媛県喜多郡内子町平岡1555−3

京都の外国人が集まる繁華街で暴利をむさぼって1000円で売ったら売れるでしょうか?

売れるなら、私やります(笑)

ハム・ソーセージの自販機(株式会社九食)

福岡市にある「株式会社 九食」さんが試験販売中のハム・ソーセージの自販機も紹介されます。

「株式会社 九食」さんの前にあるコインランドリー内に自販機が設置されています。

工場は佐賀県鳥栖市にあり、そこの不揃いの規格外品を本社近く(コインランドリー「おおくす」)で安く販売しているようです。

福岡県福岡市南区大楠1丁目24番4号

ハチの子・イナゴの自販機(井の頭公園)

パンの缶詰やハチの子・イナゴの缶詰を販売している自販機が、井の頭公園の近くにあります。

ハチの子の缶詰は「肉体疲労・食欲不振・耳鳴り」に、イナゴの缶詰は国連食糧農業機関も推奨する昆虫食と書かれており、花九曜印というメーカーの缶詰が販売されています。

ハチの子は2300円、イナゴは900円とかなり高めのお値段設定ですが、本来この価格のようです。

Sponsored Link


花九曜印 いなご甘露煮 EO缶 #5 150g

パンの缶詰はお値段500~550円で、非常食用のミルクパンと富士山の写真の入ったパンの缶詰が売られています。

場所は井の頭公園の中にある70メートルはある「七井橋」(なないばし)の北側にある「草庵」さんという園内のお店のところにあります。

カバンの自販機(兵庫県富岡市)

兵庫県富岡市にある「カバンストリート」に設置された「カバンの自販機」に、11/10に取材が入っています。

今回、これも放送されるはずですが、初めて紹介されるわけではないようです。

場所は「宵田商店街」で、通称「カバンストリート」です。

だし道楽の自販機(広島県)

「だし道楽」という出汁の自販機が昨年くらいから話題になっていますが、それも紹介されます。

これは広島県江田島市の会社で販売している出汁のペットボトルなのですが、勢い余って自動販売機で販売しているものです。呉市に結構あるようで、現在広島県内に12基設置されています。

ただし、珍百景で紹介されたのは、名古屋に設置された自販機で、コムテックタワーお向かいの駐車場のところに設置してあるものです。

URL:http://dashidouraku.com/

Sponsored Link


だし 出汁 飛魚だし 500ml【旨味成分たっぷり うまみ うま味 飛び魚 だし トビウオ 出汁 だし道楽 長崎 飛魚だし 長崎 飛魚 長崎 平戸 あごだし 飛魚出汁】【出汁 dashi】

秋葉原の謎の小話付き自販機

秋葉原にある小話付きの自販機とかも知られていますよね。

なんで、日本にはこんな変な自動販売機が多いのでしょうか。

その他の「自販機」関連記事はこちらです。

その他の『ナニコレ珍百景』関連記事もまだまだたくさんあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。