5/20放送『ナニコレ珍百景』で長崎県の廃墟の島「池島」が紹介されます

5/20放送『ナニコレ珍百景』で廃墟の島である三井松島産業の炭鉱島「池島」が紹介されるようです。2014年には「池島譚歌」という島の子供の話の映画化もありましたが、2001年に炭鉱閉鎖後は廃墟の島になっていました。

三井松島産業というのは、いわゆる仕手株ですね。

【金魚湯】5/20放送『ナニコレ珍百景』で金魚の水槽が浴室にある「玉川の湯」が紹介されます

広告

5/20放送『ナニコレ珍百景』で長崎県の廃墟の島「池島」が紹介されます

2015-05-18_011836

5/20放送『ナニコレ珍百景』で長崎県の廃墟の島「池島」が予告に映っていました。

映像の右に見える、赤茶色の屋根の建物は地図では「かあちゃんの店」となっていますが、島の食堂です。

この池島では、この「かあちゃんの店」か、港の近くにある「港ショッピングセンター」と、「みなと亭」という食事処でしか食事の要素がない島です。

私が京都で住んでいる場所よりかは都会ですね!

今回紹介されるのは、その池島に住む小学生の話ですが、これ実は「池島譚歌」という2014年2月22日にロードショーになった映画にもなっています。

廃墟の島「池島」は三井松島産業の炭鉱島

この長崎県の廃墟の島「池島」は三井松島産業の炭鉱島で、2001年までは稼働していました。

「三井松島産業」といえば「仕手株」です(笑)

その仕手株「三井松島産業」(1518)の島です。

100円くらいで買っておくと、年に1回くらいは1.5倍から2倍になる株ですね(笑)

ここ半年は、誰かが底値で仕込んでいるので、今の全体株価がすこし収まってきたとか、下がりだした暁には、仕手筋が買いあがるのでしょう、たぶん。

要するに「くだらない銘柄」です。

4/18『ブラタモリ』でも紹介された池島

実は、先月4/18に放送された『ブラタモリ』でも紹介されました。

一応、佐世保などから高速船(片道1860円)があるので、島に行けますし、人も住んでいます。

「池島中央会館」で止まることができ、大人は一泊3290円で宿泊できます。

URL:http://blog.ikeshima.info/

その他の『ナニコレ珍百景』関連記事もまだまだたくさんあります。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。