【学校にゴルフ場】ゴルフ場がある麗澤大学、東京ドーム60コ分?麗澤瑞浪中学・高等学校(珍百景)

Sponsored Link


千葉県柏市にある麗澤大学には、学校内の敷地にゴルフ場があることで知られています。

地図だと分かりづらいかもしれませんが、大学の南西に「麗澤中学・高等学校」があり、その南にゴルフコースが存在しています。

麗澤大学
千葉県柏市光ケ丘2−1−1
http://www.reitaku-u.ac.jp/

広池学園ゴルフクラブ


このコースは「広池学園ゴルフクラブ」と呼ばれており、9ホールある中堅コースです。料金も平日1日で「6,180円」くらいです。

2014-10-20_000329

広池学園ゴルフクラブ
千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
http://hiroike-gc.com/

運営会社は「れいたくサービス」という会社です。つまり、大学の「麗澤」(れいたく)関連会社です。

れいたくサービス
http://www.reitaku.co.jp/

松戸中央自動車学校


こちらの会社はゴルフコースの南にある「松戸中央自動車学校」も経営されています。つまり、麗澤グループが運営しているということです。

松戸中央自動車学校
千葉県松戸市根木内681−1
http://www.matsuchu.com/

ゴルフコースは麗澤ではなく広池学園?


で、先ほどのゴルフコースですが「広池学園」となっています。麗澤ではなく「広池」です。

運営会社の「れいたくサービス」という会社が以下の3つの組織の出資によってつくられているのですが、中に「学校法人廣池学園」というのがあります。


学校法人廣池学園
公益財団法人モラロジー研究所
一般財団法人麗澤海外開発協会

この「学校法人廣池学園」というのが、麗澤関係学校のの母体で「広池家」が初代校長を務めています。学校名は「麗澤」と付きますが、運営母体は「廣池学園」というわけです。

ゴルフ場は、この「広池」を取ったものになっています。教育関係以外では「麗澤」が使われていないことになります。これは創始者「廣池千九郎」が通った学校「麗澤塾」から取っています。

学校法人廣池学園
http://www.reitaku.jp/

日本一広いかも…岐阜に東京ドーム60コ分以上の広さがある学校が(麗澤瑞浪中学・高等学校)


この「廣池学園」が運営する学校が以下になります。


麗澤大学
麗澤中学・高等学校
麗澤瑞浪中学・高等学校

麗澤大学と麗澤中学・高等学校は千葉県柏市にありますが、「麗澤瑞浪中学・高等学校」は岐阜県にあります。

ここも北側にゴルフコースがありますが、これは偶然のようです。

「れいたくみずなみ」と読みます。「瑞浪」の意味は知りませんが、中高一貫の学校で、寮もあります。

ここは「約88万坪、ナゴヤドーム約60個分」という広大な敷地になっています。

学園内の「コモンホール」には巨大な地球儀もあるなど、スケールの大きい学校です。また、この高校にもゴルフコースが近くにあるのですが、これも学校の敷地のようです(27コース)。先ほどの大学にもありましたが、どれだけゴルフ好きなんでしょうか(笑)

2014-10-20_003356

麗澤瑞浪中学・高等学校
岐阜県瑞浪市稲津町萩原1661
http://www.mz.reitaku.jp/
※11/19の「ナニコレ珍百景」で放送されます。

皇居勤労奉仕


道徳に力をいれている麗澤関係ですが、麗澤瑞浪中学・高等学校では定期的に「皇居勤労奉仕」というのを行っています。

「勤労奉仕」といっても社会科見学で、皇居や靖国神社に行って天皇崇拝するものです。今どき「皇国教育」をしています。

第5回皇居勤労奉仕
http://www.mz.reitaku.jp/news/2012082710540369.html

こういった方針は「公益財団法人モラロジー研究所」の教育研究によるものです。

国学院の神道学科も似たようなものですが、普通に入学してきた生徒から見れば一種異様に見えるかもしれませんね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1092554030
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12108744542;_ylt=A2RAEEFXyUNUKQwAsWVYAPR7?pos=1&ccode=ofv

別記事:【行奈木バス停】35年間誰も乗り降りしない奇跡の「行奈木」バス停(鹿児島県、JR九州バス北薩線)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。