二本足で直立するネコ @京都が『ナニコレ珍百景』で紹介される?

京都にいる二本足で直立するネコが2020年7月5日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介されると予告されていました。場所やどんな猫なのか一切書かれていませんが、心当たりがあるネコが一匹だけいます。それが西陣の猫カフェ「キャットアパートメント コーヒー」さんのウニちゃんです。

西陣の猫カフェ「キャットアパートメント コーヒー」さんに二本足で立つ猫がいる


西陣の猫カフェ「キャットアパートメント コーヒー」さんに二本足で立つ猫がいる

西陣の猫カフェ「キャットアパートメント コーヒー」さんに二本足で立つ猫がいる

2020年7月5日放送の『ナニコレ珍百景』の予告を見ていたところ、京都の話題が予告に書かれていました。

動物のおもしろ動画スペシャルという企画の中で紹介されるみたいなのですが、予告には「京都 二本足で直立ネコ」とだけしか書かれていませんでした。

京都って、動物ネタが少ない土地柄なのですが、京都には二本足で立つ猫がいるようなのです。

そして、一軒だけ心当たりのあるお店があります。

西陣の猫カフェ「キャットアパートメント コーヒー」さんという地元のお店です。

お店にいるのがマンチカンという品種の猫で、名前は「ウニちゃん」というのですが・・・・

2016年にそのウニちゃんが直立二本足で立って外を見る姿が話題になったことがあるのです。

そのウニちゃんが紹介されるのか分かりませんが、京都で二本足で立つ猫といったらウニちゃんくらいしか思いつきません。

このお店への行き方や営業時間は?


休業中の「キャットアパートメント コーヒー」2020年7月5日時点

休業中の「キャットアパートメント コーヒー」2020年7月5日時点

京都・西陣の「キャットアパートメント コーヒー」さんが紹介されると確定したわけではありませんが、場所を書いておきます。

ただし、2020年7月5日時点で休業中です。

新型コロナウイルスの影響で京都のお店も多くが休業状態、7月に入ってから国内観光客が少しずつ戻ってきてピーク時の4割程度の混雑具合です。

とはいえ「キャットアパートメント コーヒー」さんがあるのは観光地ではないし、猫の安全も考慮する必要がありますので休業状態なのだと思います。

今のところ、公式サイト(base)でグッズなどを通販されているようなので、気になる方は御覧になってみてください。

〒602-8239 京都府京都市上京区下石橋南半町54−1
営業時間:
定休日:
公式サイト:https://catapartment.thebase.in/

このお店の口コミは?

ナニコレ珍百景 2020年7月5日 予告


ナニコレ珍百景 2020年7月5日 予告は以下の通りです。

★日本全国で驚きの光景を発見▼岡山の秘宝…かけ声と湯切りで爆笑させるラーメン店▼高知…要塞?高い塀で守られた謎の集落▼島根のオモシロ課長は今▼言葉を話す洗濯機
▼岡山市の奇跡ラーメン店…見たら爆笑の湯切り&謎のかけ声「キムチバーデー」何と言ってる?▼北海道・函館…ダジャレ連発の寿司店▼島根…オモシロ課長が栄転?▼高知・室戸…高い壁で守られた集落▼栃木・日光…屋外に冷蔵庫だらけの集落…何に使う?▼鹿児島・徳之島…昆虫採集の子どもが集まる役場▼福島・只見川…幻想的な光の輪で包まれる人影▼三重・いなべ…大自然で生活する家族▼愛知・瀬戸…「おばはん」を呼ぶ洗濯機▼熊本市…「トシコさん」を呼ぶトラック★新作も大公開★大阪…エスカレーターで鍛えるハト▼福岡…生物に見える川のゴミ▼香川…発射しそうな高層ビル▼阿蘇…情熱的トイレ▼埼玉…変顔で眠る赤ちゃん▼岡山市…くしゃみ不発の赤ちゃん▼兵庫…散歩についてくる野生キジ▼三重…慣れない音声に首をかしげる犬▼京都…二本足で直立ネコ▼大分…28歳?ご長寿ネコ▼埼玉…頭がいい犬▼月夜に巨大サメ▼スカイツリー+夕日=ロウソク


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。