明神池 @山口県萩市「住宅街にある海水の池」がナニコレ珍百景で紹介

山口県萩市の住宅街にある海水の池「天然記念物 明神池」が2020年5月31日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介されるようです。予告では「山口の住宅街に海水の池」と書かれており、池なのに海水という珍しい池と書かれていました。

山口県萩市「住宅街にある海水の池」がナニコレ珍百景で紹介


山口県萩市にある海水の池「明神池」がナニコレ珍百景で紹介

山口県萩市にある海水の池「明神池」がナニコレ珍百景で紹介

2020年5月31日放送の『ナニコレ珍百景』で、山口県萩市の住宅地にある珍しい池が紹介されるそうです。

予告では「山口の住宅街に海水の池」と書かれており、池なのに海水という珍しい池と書かれていました。

では、その海水の池とはどこにあるのでしょうか?

実は・・・・

これ、観光地でもある「天然記念物 明神池」という池なのです。

海岸付近にあるため塩水が入り込んでいる

海岸付近にあるため塩水が入り込んでいる

いわゆる「汽水湖(きすいこ)」と呼ばれるもので、海岸付近にあるため塩水が入り込んでいる池や湖のことを言います。

池と海は岩の隙間で通じていて、海水が流れこんできているそうです。

この「天然記念物 明神池」がある笠山は元は本土とはつながっていない島だったのですが、笠山と本土との間に砂州ができた時に海水が残った部分が出来て「明神池」になりました。

江戸時代に明神池と呼ばれるようになりましたが、地元の漁師が漁の安全と豊漁を祈願して、この池に魚を奉納したことろから海水魚が繁殖した池となり「天然の水族館」とも呼ばれるほど海水魚が増えたのだそうです。

マダイ
イシダイ
シマイサキ
メジナ
キジハタ
クサフグ
コノシロ
ボラ
アカエイ
ヒラメ
クロダイ
スズキ
マハゼ

明神池はどこにある?

では「明神池(山口県萩市)」はどこにあるのでしょうか?

萩市街地より車で15分ほどのところ、JR山陰本線「越ケ浜駅」から徒歩20分くらいの笠山と呼ばれる半島にある池です。

近くには厳島神社(広島)から勧請した神社「厳島神社」もあり、そこに風穴という観光地もあります。

〒758-0011 山口県萩市大字椿東
※見学自由、釣り禁止

京都にもある汽水湖「阿蘇海」


天橋立(京都府宮津市)に汽水湖がある

天橋立(京都府宮津市)に汽水湖がある

では、京都に汽水湖ってあるのでしょうか?

たぶん「ない」という方が大多数だと思いますが・・・・

でも、ちょっと見方を変えれば天橋立(京都府宮津市)にも汽水湖があるんですよ。

それが天橋立の内側にある「阿蘇海」です。

これも砂州(天橋立)によって海と切り離されており、定義上は海なのですが実質的には汽水湖と言っても良いものです。

ナニコレ珍百景 2020年5月31日 予告


ナニコレ珍百景 2020年5月31日 予告は以下の通りです。

★日本全国で驚きの光景▼山口の住宅街に海水の池▼黒部峡谷に謎つり橋▼動物&赤ちゃん&奇跡の写真続々▼挨拶するカラス▼2つ並んだ富士山▼ハート虹▼秋田…笑うヤギ他
★動画投稿一挙紹介…おはようカラス▼ウサギのいびき▼変顔で眠る赤ちゃん▼お地蔵様に拝む赤ちゃん▼中3少女が1人キス★名作選クイズ★石川・能美…名前が東西南北に忠実な集落▼福井・大野…集落を守る250m巨大壁▼岩手・八幡平…3.8km続く階段の川▼沖縄・宜野湾…謎の標語「カメが渡るスピード落とせ」▼黒部峡谷…恐怖の絶壁道&サル専用の吊り橋▼静岡・大井川…すぐ下をSL列車が通過つり橋▼愛知…船を追う野生○○軍団▼鹿児島…イルカが跳ねる水路▼熊本…ヒトデを食べる集落▼山口・萩…神秘!海の魚が泳ぐ住宅街の池▼岩手・滝沢に万里の長城?▼長崎・西海…野生の白鳥と熱愛おじさん▼北海道沖に出現!大群シャチ&アザラシ▼神戸…ボール遊びが1時間続く犬★たまたま珍百景★ゴジラ雲▼魚雲▼電線の上を綱渡りトイプードル▼2つ並んだ富士山▼滝に出現!ハートの虹▼秋田…笑うヤギ▼大分の寺にザキヤマが?激似の偉人像


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。