島根県松江市美保関町「鶏肉と卵を食べてはいけない風習」がナニコレ珍百景で紹介

2020年5月10日放送の『ナニコレ珍百景』で、島根県松江市美保関町に残る「鶏肉と卵を食べてはいけない風習」が紹介されるそうです。なぜ鶏肉や卵を食べてはいけないのか? それは神話書「古事記」に記されている事代主神(ことしろぬしかみ=えびす様)の神話に由来します。

島根県松江市美保関町には鶏肉と卵を食べてはいけない風習がある


美保神社(島根県松江市美保関町)には鶏肉と卵を食べてはいけない風習がある

美保神社(島根県松江市美保関町)には鶏肉と卵を食べてはいけない風習がある

2020年5月10日放送の『ナニコレ珍百景』で、島根県松江市の美保関町に伝わる「鶏肉と卵を食べてはいけない風習」が紹介されるそうです。

これは美保神社(島根県松江市美保関町)の神主さんや氏子衆に受け継がれている風習のことです。

美保関では鶏を飼っているところもないと言われるのですが、要するに鶏が忌み嫌われているのです。

恵比須様がサメに手(足?)を噛まれたのは鶏のせいだから鶏が嫌いと神話に書かれている

恵比須様がサメに手(足?)を噛まれたのは鶏のせいだから鶏が嫌いと神話に書かれている

美保神社は恵比須様を祭る総本山です。

神話書『古事記』によれば美保関の事代主神(ことしろぬしかみ=えびす様のことと考えられている)が揖夜(いふや=対岸の揖夜神社)の美保津姫のところに妻訪いしているときにサメに手を噛まれてから鶏を嫌いになったそうです。

なぜ、サメに手(足?)をかまれたのに鶏が憎いのかというと、美保津姫のところに通っていた時に明け方に鳴く鶏の声で戻る時間を読んでいたのですが、たまたま時間を間違えた鶏がいて、いつもと違う時間に帰ったら、たまたまサメに手(足?)を噛まれたからというのが理由です。

神話らしいユニークな話ですが、その神話が理由で美保関町にある美保神社の氏子衆は鶏肉や卵を食べないのだそうです。

ただ、それはクジで当たった人だけで最短で1年間、最長で4年間の義務として風習が残っているそうです。

美保神社はどこにある?


風光明媚な美保関町の風景

風光明媚な美保関町の風景

島根県松江市美保関町は風光明媚な場所です。

そこにあるのが美保神社で、半島の東端にある神社です。

島根といえば神話の国、昔ながらの風習が今も残る不思議な場所です。

今となっては「鶏肉と卵を食べてはいけない風習」なんてナンセンスではあります。

でも、日本は神の国であると言われる理由のひとつが、こういう神話から出た風習が残っていることからもわかります。

ナンセンスであっても、日本が日本であり続けるにはこういった風習が残っていくことが大事なのです。

〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関608
公式サイト:http://mihojinja.or.jp/

ナニコレ珍百景 2020年5月10日 予告


ナニコレ珍百景 2020年5月10日 予告は以下の通りです。

★日本全国の離島や田舎で驚きの光景を発見▼島根…鶏肉と卵を4年食べられない風習▼宮城・気仙沼…臭いが強烈すぎる郷土料理▼北海道…感動!全身の毛が白くなった黒い犬
▼島根・松江・美保関…鶏肉と卵を食べてはいけない集落…由来は神話に▼埼玉・神川町…鯉のぼり禁止の集落に伝わる平将門伝説▼佐賀・唐津沖…犬を飼ってはいけない島▼宮城・気仙沼…臭いがスゴい伝統料理「あざら」&仙台…住宅街に「そ」一文字の看板▼岩手・盛岡…河川敷に大量の石柱群の謎を調査▼大阪市…50年前から現役の手動開閉式エレベーター&鉄仮面が必要?強面ラーメン店主▼奈良市…全て売れるまで閉めない洋菓子店▼茨城・土浦…家具店に「横向き枕」
12年間の名作厳選▼宮城…理容店主の人生を語る電光掲示板▼山梨…高速回転で読めない看板▼大阪…祖母の入れ歯を勝手に使う犬▼千葉・大多喜…流れる川の中を進む車!衝撃の生活道▼福岡…出会う前の七五三写真で結ばれた運命の夫婦▼長崎…離島に高級イタリア料理店▼茨城…野鳥と仲良しおじさん▼フライパンで眠るネコ▼モップネコ▼主人の○○に返事するネコほか


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。