東椎屋の滝 @大分・宇佐「落差85m!絶景の滝と給食にスッポン鍋が出る小学校」がナニコレ珍百景で紹介

2019年3月10日放送『ナニコレ珍百景』で、大分県宇佐市安心院町(あじむまち)にある2つの珍百景が紹介されるそうです。ひとつは「給食にスッポン鍋が出る宇佐市立津房小学校」、もうひとつは「落差85mの絶景滝、東椎屋の滝(ひがししいやのたき)」です。

広告

東椎屋の滝(ひがししいやのたき)が『ナニコレ珍百景』で紹介


東椎屋の滝(ひがししいやのたき)

東椎屋の滝(ひがししいやのたき)

大分県宇佐市にある東椎屋の滝(ひがししいやのたき)が2019年3月10日放送『ナニコレ珍百景』で紹介されるようです。

安心院町にあり、日本の滝百選にも選出されている絶景の滝です。

西椎屋の滝・福貴野の滝と共に宇佐の三瀑のひとつにも選ばれています。

・大分県宇佐市安心院町(あじむまち)にある
・日本の滝百選にも選出
・滝の頂上から滝つぼまで85メートル
・宇佐の三瀑のひとつ(東椎屋の滝、西椎屋の滝、福貴野の滝)
・別名「九州華厳」

見た目が日光にある有名な「華厳の滝」に似ていることから、別名は「九州華厳」と呼ばれているそうです。

滝のテッペンから滝壺までの落差が85メートルある滝(東椎屋の滝)


滝のテッペンから滝壺までの落差が85メートルある

滝のテッペンから滝壺までの落差が85メートルある

この東椎屋の滝は、滝のテッペンから滝壺までの落差が85メートル・幅は約5メートルある滝で、それが『ナニコレ珍百景』で取り上げられるようです。

番組では宇佐市で給食にスッポン鍋が出る小学校「宇佐市立津房小学校」の児童達による案内で行くとのことで、2019年2月7日に開催された給食センター主催の交流給食「安心院スッポン鍋」・スッポンのお話会で撮影ロケが行われています。

ちなみに安心院はスッポンの産地で、周辺の9つの小中学校でスッポン鍋の給食が出たことがあるそうです。

東椎屋の滝 アクセス方法

東椎屋の滝への行き方(アクセス方法)は、宇佐別府道路「安心院IC」を降りて、剣道500号線を別府方面へ約20分の場所です。

上の地図に書かれた「東椎屋の滝」の場所に駐車場(有料)があり、そこから約300メートルの場所に滝があります(実際に滝がある場所)。

また、滝から1.2kmほど離れた東椎屋地区に「東椎屋の滝バス停」がありますので、バスでも行くことができますが1日に3~4本しか運行便がありません。

バスは「JR中津駅前」から「大分交通・中津観光バス」で安心院(あじむ)行きに乗車、約65分の終点「安心院役場前バス停」で下車となります。さらに、そこから町営バスに乗り換えて25分ほどです(中津駅からのバス時刻表)。

大分県宇佐市安心院町東椎屋(MAP
駐車場:普通車300円、バイク100円、大型バス1000円、小型バス500円

ナニコレ珍百景 2019年3月10日 予告


ナニコレ珍百景 2019年3月10日 予告は以下の通りです。

★日本全国の離島や田舎で驚きの光景を再発見▼福島の希望…東日本大震災後に復活した小学校▼大分…給食に高級スッポン鍋が出る小学校&絶景名所▼山口の爆笑ドッキリ温泉
★大分・宇佐市…給食にスッポン鍋が出る小学校&子どもたちの名所案内 落差85m絶景滝&天国と地獄を味わう江戸時代の洞くつ
▼「子は希望」福島・葛尾村で閉鎖していた小学校が復活
▼山口から爆笑連発!!激しすぎる打たせ湯&YAB山口朝日アナ投稿「サルスベリから生えた神秘の松」
▼香川・観音寺 ある歌だけ一緒に歌う犬
▼徳島・小松島…地元民が知らない打ち上げ花火の謎
▼静岡・富士宮上空からギョッ!!空を見つめる巨大な目の謎
▼大阪 短すぎ!!3秒間だけ赤信号
★あの珍百景は今 感動と笑いの東北セレクション
▼岩手・大船渡 感動絵本1冊だけ売る「日本一小さな本屋さん」は今
▼福島・本宮 100年続く映画館は今
▼青森・鰺ヶ沢…民家の屋根が青一色の集落
▼山形・鶴岡 どの家にも西郷隆盛の肖像画がある集落
▼宮城・仙台…店主の生い立ちを電光掲示板で紹介する理髪店
▼青森の県立郷土館に名倉潤ソックリの縄文人
▼爆笑&驚きの信号機の珍百景も大連発


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。