縄文の谷kitchen開 @岩手県西和賀町「山奥に客続々のレストラン」が珍百景で紹介

岩手の山奥にある客続々のレストランがあるそうです。古民家をリノベーションしたカフェ&レストランで、西和賀町の山菜や魚料理を提供するレストランとのことです。お店の名前は「縄文の谷kitchen開」で、シェフの鈴木さんは『満点☆青空レストラン』にも出演されていました。

では、この「縄文の谷kitchen開」はどこにあるレストランなのでしょうか。

広告

岩手の山奥にある客続々のレストランが『ナニコレ珍百景』で紹介


岩手の山奥に客続々のレストランがあるらしい

岩手の山奥に客続々のレストランがあるらしい

2018年12月9日放送『ナニコレ珍百景』で「岩手の山奥に客続々のレストラン」があると予告されていました。

山奥レストランは「秘境めし、秘境レストラン、秘境カフェ」というキーワードで話題になることが多いのですが、遠くまでわざわざ食べに行くお客さんはまだ少なく、それが話題になるというのは珍しいことです。

では、この岩手の山奥にあるレストランとはどこのレストランなのでしょうか。

実は西和賀町のレストラン「縄文の谷kitchen開」さんというお店です。

縄文の谷kitchen開 どんなレストラン?

縄文の谷kitchen開」さんは「岩手県和賀郡西和賀町耳取」の山中にあるレストランで、周辺は山と木しかないエリアにあります。

2017年に古民家をリノベーションして開業したレストランで、山間部の平野にあるので別荘地のような雰囲気の中にあるレストランですが、2世帯4人しか住んでいない集落です。

創作料理のお店でカフェ利用もできるようになっており、SNSでは「秘境カフェ」として紹介されたりもしていました。

西和賀町で採れた山菜や川魚で作った料理の値段は2000円ほどとされています。

ちなみに、この「縄文の谷kitchen開」さんなのですが、2018年6月2日に放送された『満点☆青空レストラン』に出演したシェフ(鈴木さん)という方のお店です。

縄文の谷kitchen開 営業時間とアクセス方法

では「縄文の谷kitchen開」の営業時間とアクセス方法についてです。

JR北上線「ゆだ錦秋湖駅」から4kmほど離れた場所にあり、南本内岳の登山口へと向かう山間部の道の途中にあります。

北上市から秋田自動車道で45分ほどの場所です。

営業時間は「12時~16時」、夏季の定休日は「月曜と火曜」冬季は予約のみ対応となっています。

岩手県和賀郡西和賀町本屋敷48地割190−6
営業時間:12時~16時
定休日:月曜と火曜(夏季)、冬季(12月~3月)は予約のみ対応
予約TEL:090-8786-1990
公式Facebookページ
西和賀町観光ページ

View this post on Instagram

#縄文の谷kitchen開 #キッチン開

田丸 さくらさん(@sakuranbo_t)がシェアした投稿 –

縄文の谷kitchen開 SNSの口コミや評判(感想)

View this post on Instagram

同級生とランチ #縄文の谷kitchen開

栗谷明子さん(@kuzumakiko)がシェアした投稿 –

ナニコレ珍百景 2018年12月9日 予告


ナニコレ珍百景 2018年12月9日 予告は以下の通りです。

★日本全国の山奥や田舎で驚きの光景を再発見▼高知の山奥に子どもが新規事業を企画して活性化する集落▼岩手の山奥に客続々のレストラン▼長野の山奥に1人だけの小学校
★高知の山奥で事業を興して地域活性化に励む子どもたち…落ちないゴトゴト岩から受験グッズ発案&地元ゆずの商品開発続々▼長野の山奥に子ども1人だけ小学校…絶景紅葉の集落に残る理由▼静岡vs長野の30年闘争!!県境の住民同士が綱引きで領土争奪戦▼民家2軒の岩手の山奥集落レストランに客続々▼北海道・美唄で人気…食べ方が変な焼きそば▼岩手・遠野カッパ淵に子どもが恐れる謎の物体群出現▼爆笑!!途中から音がずれる信号機▼まるで砂時計!?東京で住民も知らない謎の道路標示発見!知れば納得★放送10年…アノ珍百景は今!?教官がド派手で個性的すぎる自動車教習所は今!?期待を超える進化が▼愛知…毎日逆さになっていた93歳おばあちゃん…97歳の今も食べ盛り▼静岡・清水の間違える音声案内「おつくろぎ下さい」は今▼北海道・釧路…子どもガッカリ!?ゾウとキリンがハリボテの動物園は今▼高知の山奥で大人気の映画館▼ゲームコーナーが寂しすぎる動物園


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。