びっくりパン(巨大パン)@道の駅つるた『ナニコレ珍百景』で紹介

「道の駅 つるた 鶴の里あるじゃ」のパン「びっくりパン」が12月6日放送『ナニコレ珍百景 2時間スペシャル』で紹介されるようです。巨大パンのシリーズで「デカ盛り」とかと同じ話なので、大食いタレントの「もえあず」さんが食べるという内容になるようです。

では、この「びっくりパン」とはどんなパンなのでしょうか。

広告

びっくりパン(巨大パン)@道の駅つるた『ナニコレ珍百景』で紹介


青森県の「びっくりパン(巨大パン)」が『ナニコレ珍百景』で紹介

青森県の「びっくりパン(巨大パン)」が『ナニコレ珍百景』で紹介

青森県鶴田町の道の駅「道の駅 つるた 鶴の里あるじゃ」で、巨大パンのシリーズ「びっくりパン」というのが販売されています。

その「びっくりパン」が、12月6日放送『ナニコレ珍百景 2時間スペシャル』の予告で映っており、大食いタレントの「もえあず」さんが食べるという企画が放送されるようでした。

予告では「たこ焼き」がトッピングされたパンが映っているのですが、これは「びっくりたこ焼きパン」という「道の駅 つるた 鶴の里あるじゃ」で売られているオリジナル商品です。

この「びっくりパン」は比較的有名で、2017年6月7日放送『おじゃMAP』でもザキヤマさんが元SMPAの香取慎吾さんに「差し入れ」として買ったのが紹介されています。(20年前に描いた津軽のボロボロ列車という企画で)

びっくりチョコリング #道の駅つるた

mori rinさん(@moririn)がシェアした投稿 –

・びっくりピザパン 350円
・びっくりチーズパン 380円
・びっくりゴマあんちゃん 320円
・びっくりあんパン 250円
・びっくりちょっと辛いフランク 500円
・びっくり豚トロフランク 500円
・びっくり豆パン 380円
・びっくり焼きそばパン 400円
・びっくりたこ焼きパン 450円
・びっくりバーガー 500円
・びっくりソーセージパン 450円
・びっくりコロッケバーガー 450円
・びっくりチキン竜田バーガー 450円
・びっくりコロネパン 500円
・びっくりコロネ(カスタード)480円
・びっくりナンカレー 500円
・びっくりナンピザ 500円
・びっくりメロンパン 350円
・びっ栗モンブランバーガー 500円
・むねやけバーガー 500円
・びっくりチキンカツバーガー 520円
・びっくり豚カツバーガー 520円
・バケツ豆乳プリン 1300円
・でっかいシュークリーム 2300円
特産品「スチューベンぶどう」の餃子とかウケ狙い路線の道の駅です

特産品「スチューベンぶどう」の餃子とかウケ狙い路線の道の駅です

この道の駅では「スチューベンぶどう」などの特産品を販売しているのですが、ぶどうで作った餃子「スチューベン餃子」などの面白い商品も多く、こういう奇抜な商品で注目を集めるというのは、道の駅以外でも使える販促方法です。

デカ盛り」とかと同じですね。

道の駅つるた

道の駅 つるた 鶴の里あるじゃ」は青森の鶴田町境里見に16年ほど前からある道の駅ですが、JR五能線「鶴泊駅」からも徒歩5分程度で行ける場所にあります。

新青森駅からJR奥羽本線(弘前行)で30分の駅「川部駅」でJR五能線(鯵ケ沢行)に乗り換えで「鶴泊駅」まで行くことができます。

青森県北津軽郡鶴田町境里見176−1
営業時間:9時~18時
定休日:不定休
URL:http://www.tsurunosato-aruja.com/

Twitterの口コミや感想

奇抜な色の黒豚餃子⤴😁 #幡龍 #道の駅つるた #ギョーザ #スチューベン色 #ジューシー #昨日は半額

Takahiro Fukushiさん(@fukutaka9614)がシェアした投稿 –


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。