キスマイ藤ヶ谷太輔 @京都・北野天満宮の紅葉『もしもツアーズ』撮影ロケ

11月22日に京都の北野天満宮で、『もしもツアーズ』の撮影ロケが目撃されています。11月25日放送『もしもツアーズ』で「超速報!京都の絶景紅葉ベスト10教えます!」が放送されるので、その撮影ロケのようです。キスマイ(Kis-My-Ft2)藤ヶ谷太輔さんが出演するようです。

ちなみに、放送日には京都の紅葉はもう終わりかけです。

※関東ローカル放送なので、関西では12月16日に放送されます。

広告

北野天満宮の紅葉が11月25日放送『もしもツアーズ』で紹介


北野天満宮の紅葉が11月25日放送『もしもツアーズ』で紹介

北野天満宮の紅葉が11月25日放送『もしもツアーズ』で紹介

北野天満宮が11月25日放送『もしもツアーズ』で紹介されるようです。

予告で「超速報!京都の絶景紅葉ベスト10教えます!」と書かれているのですが、11月22日に京都の北野天満宮で『もしもツアーズ』の撮影ロケが目撃されていました。

キスマイ(Kis-My-Ft2)からは、藤ヶ谷太輔さんが参加しているのが判明しています。

目撃場所は「北野天満宮」と「東福寺」です。

もみじ苑という御土居の紅葉が紹介か


もみじ苑という御土居の紅葉が紹介されるはずです

もみじ苑という御土居の紅葉が紹介されるはずです

北野天満宮で紅葉といえば、もみじ苑という御土居の紅葉が紹介されるはずです。

入苑料700円が必要ですが、豊臣朝に築かれた京都を守る防御壁にある紅葉の道です。

京都の紅葉はもう終盤です

京都の紅葉はもう終盤です

京都の紅葉はもう終盤なので、見に行くなら早めでないと遅いかと思います。

予告では「超速報!京都の絶景紅葉ベスト10教えます!」となっていますが、今年は紅葉期間が短いので「速報」でも間に合わないという感じの年となりました。

御土居沿いの川は「紙屋川」と言います

御土居沿いの川は「紙屋川」と言います

キスマイ(Kis-My-Ft2)藤ヶ谷太輔さんも歩いたであろう紅葉苑

キスマイ(Kis-My-Ft2)藤ヶ谷太輔さんも歩いたであろう紅葉苑

歴史的遺構「御土居」の上を歩けます

歴史的遺構「御土居」の上を歩けます

北野天満宮 基本情報


北野天満宮 紅葉苑は最後にお茶とお茶菓子がいただけます

北野天満宮 紅葉苑は最後にお茶とお茶菓子がいただけます

北野天満宮で紅葉が見られるのは新しくできた「紅葉苑」という場所で、入苑するには700円必要です。

最後にお茶とお茶菓子がいただけます。

付いているのは、上七軒の和菓子店「老松」さんお生菓子でした(茶色の方)。

白い大福は、境内で毎月25日のみ販売される「長五郎餅」というもので、これは境内で買ってきたものです。北野天満宮に来たら、この「長五郎餅」は食べるべきもので、25日以外であれば北野天満宮からも近い「長五郎餅本舗」さんで購入することができますよ(地図)。

京都府京都市上京区馬喰町
入苑料:700円(茶菓子付き)
入苑時間:9時~
URL:http://kitanotenmangu.or.jp/

Twitterの口コミや感想

もしもツアーズ 11月25日 予告


もしもツアーズ 11月25日 予告は以下の通りです。

明日が見頃!京都の絶景紅葉10選ツアー!600年続く紅葉寺/200mの紅葉トンネル/世界遺産の紅葉ライトアップ!蓮佛美沙子/限定お菓子プレゼント
「超速報!明日が見頃!京都の絶景紅葉10選すべて見せますツアー」 ちょっと工夫やアイデアを加えると、お父さんやお母さん、そして子供たちも、月曜日に思わず会社や学校で話したくなる「家族でできる面白ツアー」を体験することができます。 『もしもツアーズ』はそんな「週末のお得な楽しみ方をお届けするおでかけバラエティー」です。


「もしもツアーズ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。