【もしツア謎回】6/27「もしもツアーズ」は謎のロケ無し花見回(千葉県南房総市)

Sponsored Link

6/27放送『もしもツアーズ』は「今が見頃!房総3大お花見ツアー」の予告がありました。

しかし、このロケが目撃されていません。

追記:6/24に「マザー牧場」で目撃されました。また、朝方に「千葉公園に来てすぐ帰った」という話も出ていました。

6/27『もしもツアーズ』の目撃がない件


6/10に千葉県印西市で『もしもツアーズ』のロケが目撃され、それは6/20に放送となりました。(別記事)

しかし、次回の6/27の放送では「今が見頃!房総3大お花見ツアー」の予告があるのですが、6/17に房総付近でロケがひとつも目撃されていません。

キスマイからは藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)が参加のようですが、これもまた目撃談がありません。

ロケは周期からいって6/17で、当日の房総半島は天気も「晴れ」であり、ロケ中止という気もしません。

今が見頃!房総3大お花見ツアー

とはいえ、目撃がなくてもだいたい予測はできるものです。

予告では「房総」とあるので、千葉県南房総市の周辺であるはずです。

また、6/18に花畑で「もしもツアーズ」のバスが目撃されています。

房総では「花畑」は「白間津花畑(しらまづはなばたけ)のことなので、ここにバスがあるはずです。

ただ、いまいち疑問は残ります。

白間津花畑(しらまづはなばたけ)

南房総市の「花畑」は、白間津花畑(しらまづはなばたけ)とも言われますが、検索では「七浦の花畑」と検索してください。

この地区に広大に広がる花畑が検索にヒットすると思います。

ただ、ここって1月~3月しかやってないのです。

だから、6月にロケというのが合点がいかないわけです。ただ、予告には書いてありますので、放送はされるはずです。

千葉県南房総市千倉町白間津一帯
入園料:無料
開園時間:9時~日没

服部農園あじさい屋敷

もうひとつの場所は、予告では「6月の花あじさい」と書かれていました。(紫陽花=あじさい)

そんな場所は房総では「服部農園あじさい屋敷」しかありません。

ちょうどシーズンなので、総面積27,000㎡で、300品種1万株のアジサイが咲き乱れています。

ただ、これも目撃情報はゼロです。とはいえ、予告にあるので放送はされるはずです。

千葉県茂原市三ヶ谷719
開園時期:6月~7月(無休)
入園時間:8時~18時
入園料:500円
URL:http://homepage3.nifty.com/ajisaiyashiki/

千葉公園のオオガハス

追記になりますが、6/23に千葉市長がなにかTweetしていました。

「千葉公園のオオガハスや市内の花畑などが放映される予定」とあります。

これを見て、6/24のロケは「千葉公園」だという噂になっています。

実際に、千葉公園で蓮池が取材されて、6/27放送であることが告知されていました。

6/24千葉県の「マザー牧場」にいたという話

6/24に「マザー牧場」で目撃がありました。

「たいぴー」いるとありますが、これはキスマイ藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)のことで、放送予告と一致します。

また、マザー牧場にはちょうど花畑があり、鹿野山一面が花におおわれているので、今回のロケで間違いないでしょう。

なお、複数目撃でているので、間違いではなさそうです。

千葉県富津田倉940-3
URL:http://www.motherfarm.co.jp/

まとめ


ということで、6/27放送予定の『もしもツアーズ』は、目撃情報がゼロで、かつ「花畑」は今はシーズンではないということになり、いささか謎の残る回となっています。

ちなみに、6/20 21時頃に鎌倉でもしもツアーズのロケで藤ヶ谷・要潤・平愛梨さんらの目撃はありますが、信用できる話かはいささか不明です。

ほかにもたくさんの「もしもツアーズ(もしツア)」関連記事があります!

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


マザー牧場 アイスクリーム 120ml×12個

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。