手のべ陣川 @長崎の素麺(そうめん)が『マツコの知らない世界』で紹介

長崎の島原そうめん「手のべ陣川」の社長・陣川利男さん(陣川製麺)と、京都にある「世界流しそうめん協会」さんが7月25日放送の『マツコの知らない世界』で紹介されるようです。

世界流しそうめん協会」さんは7月23日に上賀茂神社でも流しそうめんイベントをされていました。

広告

京都の「世界流しそうめん協会」が『マツコの知らない世界』で紹介


7月23日に京都・上賀茂神社で開催していた「世界流しそうめん協会」さんのイベント

7月23日に京都・上賀茂神社で開催していた「世界流しそうめん協会」さんのイベント

京都・綴喜郡にある「世界流しそうめん協会」が7月25日放送『マツコの知らない世界』に出演されます。

世界流しそうめん協会」は、流しそうめんイベントの運営や監修などをされる団体ということですが、放送では日本一の幻の竹で流しそうめんをするなど盛りだくさんの内容です。

日本一の幻の竹というのは、たぶん「大分県の竹」か、京都の「京銘竹」と思われますが、一番気になるのはどこの素麺(そうめん)が紹介されるかです。

長崎県の「手延べそうめん陣川」さんが紹介されるようです

長崎県の「手延べそうめん陣川」さんが紹介されるようです

判明しているのはまず長崎県の「手延べそうめん陣川」さんです。

世界流しそうめん協会」さんは7月23日に上賀茂神社に行った際に「流しそうめん」イベントをされており、チラッだけ拝見したのですが、ちょうど南島原市の「ふるせ」さんの「島原そうめん」を流していたそうです。

今回紹介される「手延べそうめん陣川」さんも島原そうめんです。

広告


【送料無料】ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ(おもちゃ)

手のべ陣川(島原そうめん)

島原手延べそうめん(島原そうめん)というと有名な素麺で、特に陣川利男さん(陣川製麺)という素麺の匠がつくる素麺が知られています。

江戸時代に小豆島の手延べ素麺が長崎に伝わったことから始まるのですが、予告では長崎県南島原市の「手のべ陣川」さんの工場が映っていました。(社長の陣川利男さんも映っています)

国際味覚機構が認定する金星を3つも獲得(最高評価)している日本の素麺を代表するような会社さんで、テレビでもよく紹介されている島原そうめんの専門会社さんです。

通販でも入手できるので購入は難しくありません。

広告


手のべ陣川 通販

長崎県南島原市北有馬町己564−1
URL:http://www.jin-men.com/

マツコの知らない世界 7月25日 予告


マツコの知らない世界 7月25日 予告は以下のとおりです。

夏の風物詩…そうめんの世界!全国から激ウマそうめん続々!日本一の竹で流しそうめん!▼お化け屋敷の世界…お化け屋敷の矛盾に悩む男性が登場…全国からお化け集結!!
夏の風物詩SP■夏の主役…そうめんの世界!そうめんの味は同じじゃない!世界流しそうめん協会会長が全国から超厳選!日本一の竹で作った流しそうめんセットに流して流して流しまくる!■お化け屋敷の世界!お化け屋敷の矛盾に悩む男性が登場…お化けは美しいから怖い?続々登場する美人お化けに背筋も凍る…


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。