創作麺工房 鳴龍 @大塚『マツコの知らない世界』で紹介

大塚の「創作麺工房 鳴龍」さんが、5月16日放送『マツコの知らない世界』で紹介されます。担担麺の特集で紹介されることになっており、ミシュラン掲載店として「担担麺 800円」が紹介されるようです。

『ミシュランガイド東京 2017』で星ひとつ獲得している人気店です。

広告

創作麺工房 鳴龍 @大塚『マツコの知らない担々麺の世界』で紹介


創作麺工房 鳴龍 @大塚『マツコの知らない担々麺の世界』で紹介

創作麺工房 鳴龍 @大塚『マツコの知らない担々麺の世界』で紹介

5月16日放送『マツコの知らない世界』で、大塚にあるラーメン専門店で『ミシュランガイド東京 2017』で星ひとつ獲得の有名店「創作麺工房 鳴龍」さんが紹介されるかもしれません。

放送は「大ブーム!担々麺の世界」という内容で、主に東京の担担麺が紹介されます。

紹介されそうな担々麺は・・・・

黒炎担々麺(BananaMoon下北沢)
汁なし坦々麺(四川家庭料理 楊 3号店 八戸)
担担麺 800円(創作麺工房 鳴龍 大塚)コレ
汁なし担担麺 800円(麺や 金時 江古田)
汁あり担担麺(雲林 神田)

などが紹介されると思われます。

広告


ミシュランガイド東京 2017

担担麺(創作麺工房 鳴龍 大塚)

大塚にある「創作麺工房 鳴龍」さんの担担麺は、2017年5月29日に日清食品のカップ麺でも販売される人気店です。

オープン1時間前には行列ができるほどのお店で、こちらの名物「担担麺」を食べるために多くの方が訪れ、待ち時間も1時間30分~2時間と言われています。

トッピングのネギは京都の「九条ネギ」を使うなど、素材にこだわったお店です。

担担麺辛味の強いタイプですが、酸味と旨味もあるスープで、強いコシの細麺が特徴的です。

担担麺というのは、スープに濃度があると細麺では弱いのですが、ドロッとしていないスープの場合「低加水」を固めに茹でて使うとスープにとても合います。

メニューには「担担つけ麺」というトマトソースを使ったオリジナル麺もあるなど趣向を凝らしたラーメンのお店です。

担担麺 800円
麻辣担担麺 850円
酸辣麺 850円
担担つけ麺 880円

創作麺工房 鳴龍 基本情報

「創作麺工房 鳴龍」さんの場所はJR山手線「大塚駅」南口から歩いていけます。

ミシュラン掲載店のため、ランチ時間帯も早めに売り切れになるほどの有名店です。

営業時間は11:30~15時がランチで、18時~21時がディナーになっています。駐車場は近隣のコインパーキングを使う必要があります。

東京都豊島区南大塚2丁目2−34−4
営業時間:11:30~15時、18時~21時
定休日:月曜(昼は営業)、火曜
URL:http://www12.plala.or.jp/nakiryu/
Twitter:https://twitter.com/NAKIRYU


「有吉ゼミ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

マツコの知らない世界 5月16日 予告


マツコの知らない世界 5月16日 予告は以下の通りです。

大ブーム担々麺の世界!汁あり派VS汁なし派…大論争!1000軒から厳選5軒にマツコ感動&ケータイ充電器の世界!体当たり家電ライター再び!充電器は4桁を…
大ブーム担々麺の世界!汁ありVS汁なし…大論争決着!?360日担々面を食べる男が1000軒から厳選!行列が絶えない人気店対決&激戦区人気店対決!汁あり派マツコ悶絶…どっちもお美味しすぎる▼ケータイ充電器の世界!体当たり家電ライターが再び登場!ケータイ充電器は4桁を見ればすべて分かる!今夜ケータイ充電器の悩みが解決!さらに、進化型充電器続々!焚き火しながら充電!?スピーカー型&プロジェクター型


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。