ココグラン@高崎のホテル プレミアムココスイートが『マツコの知らない世界』で紹介

Sponsored Link

群馬県高崎にある「ホテル ココ・グラン高崎」さんの最上階にあるスイートルーム「プレミアムココスイート」が11/1放送『マツコの知らない世界』で紹介されるようです。バルコニーに露天風呂がついているスイートルームで気になる宿泊料はひとり6万円ほどのお部屋です。

では、この「プレミアムココスイート」とはどのようなお部屋なのでしょうか?

ホテル ココ・グラン高崎が『マツコの知らない世界』で紹介


最新ホテル情報が『マツコの知らない世界』で紹介されます

最新ホテル情報が『マツコの知らない世界』で紹介されます

11/1放送『マツコの知らない世界』でホテル評論家である瀧澤信秋さんの紹介するホテルが紹介されます。

その紹介されるホテルの中にものすごい豪華なスイートルームが映っていました

Sponsored Link


ホテル ココ・グラン高崎

マツコの知らないビジネスホテルの世界」の予告では、バルコニーに露天風呂がついているスイートルームが映っています。

そこで調べてみたところ・・・・

高崎駅前にある「ホテル ココ・グラン高崎」の最高級グレードのお部屋である「プレミアム ココスイート」というお部屋であることがわかりました。

プレミアムココスイート ホテル ココ・グラン高崎


このお部屋ですが「プレミアムココスイート」という「ホテル ココ・グラン高崎」の最上階にある広さ100㎡の最上級のお部屋です。

Sponsored Link


プレミアムココスイートの露天風呂

最上階にあるラグジュアリーの充実したホテルで「露天風呂プール岩盤浴室浴室TV」まであるお部屋なのです。

・広さ100㎡
・最上階にあるお部屋
・露天風呂(炭酸風呂)
・プール
・岩盤浴室
・浴室テレビ
・チェックアウト12時

気になる宿泊費は、ひとり利用の場合は「50,700円(消費税込)」、ふたり利用だと「25,350円(消費税込)」です。ただし、これは部屋貸し(素泊まり)のお値段なので朝食・夕食は付きません。

・50,700円(ひとり利用・素泊まり)
・25,350円(ふたり利用・素泊まり)
・60,000円~72,000円(ひとり利用・朝食付き)
・30,000円~36,000円(ふたり利用・朝食付き)

Sponsored Link


ホテル ココ・グラン高崎 詳細情報はこちらです

ホテル ココ・グラン高崎 基本情報

なかなかの高級ホテルですが、ホテルがあるのはなんと高崎です。

JR信越本線「高崎駅」に隣接するホテルで、シングルであれば夕食ありで1万円程度で宿泊できるホテルなのです。

スイーツも最高級ホテルに比べたらだいぶ安く、温泉街の高級旅館程度の宿泊料ですね。

群馬県高崎市東町3−5
URL:http://www.cocogrand.co.jp/takasaki/

マツコの知らない世界 11/1 予告


マツコの知らない世界 11/1 予告は以下のとおりです。

柴犬の世界…インスタ250万フォロー大人気“柴犬まる”マツコと戯れる!ビジネスホテルの世界…安くて快適!劇的進化…天然温泉&最強快眠システム&豪華朝食バイキング
世界中で大ブーム柴犬の世界…インスタグラム250万フォロー!大人気柴犬“まる”とマツコが戯れる!生まれてくる確率1%!?超貴重柴犬の赤ちゃん登場…マツコついに犬を飼う!?▼ビジネスホテルの世界…今や、サラリーマンだけが泊るホテルではない!家族・女性に大人気!劇的進化…天然温泉完備!ホテルを超えた温泉宿&枕やベッドにこだわりぬいた快眠ホテル&ご当地ビジネスホテルで豪華朝食バイキング!


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。