板橋チャーハン マツコの知らない世界 山本晋

Sponsored Link

11/17放送『マツコの知らない世界』で「板橋区のチャーハン」が紹介されます。板橋区のチャーハンだけとは随分とエリア限定ですが、チャーハン激戦区と言われています。紹介するのは山本晋さんという「結構人ミルクホール」というカフェの店主さんです。

今回、どこのお店が紹介されるのかはわかりませんが、いくつかお店を紹介したいと思います。

追記:予測した「ふなせ」さんと「龍王」さんが紹介されました。(2店的中)

ふなせ(550円、下赤塚)
丸福(600円、志村坂上)
中華料理まるよし(550円、板橋区役所付近)
丸鶴(700円、大山駅、チャーシューモリモリ、レイコー付、城咲仁さんの実家)
龍王(650円、板橋、キムチ炒飯が紹介)
↓ その他、冷凍チャーハンも紹介されました。
ニチレイ「新・本格炒め炒飯
マルハニチロ「あおり炒めの焼豚炒飯
UCCフーヅ「冷凍炒飯(ロイヤルシェフ)

マツコの知らない世界


11/17放送『マツコの知らない世界』で「板橋区のチャーハン」と「顔ハメ看板の世界」が紹介されます。

ここぞとばかりに「どーでもいいネタ」の連続で来たようです。

「板橋区のチャーハン」のナビゲートは山本晋さん(本名)で、ペンネーム刈部山本という名前でB級グルメの取材などをしている方です。「結構人ミルクホール」というカフェの店主さんでもあります。

もうひとりは「顔ハメ看板の世界」は浅見通彦さんがナビゲーターとなっていました。(紹介記事あります

美味しい炒飯は板橋にアリ!実はチャーハン激戦区板橋!パラパラ否定派マツコも納得!昔ながらの中華屋のしっとり炒飯。シャキシャキの玉ねぎの甘味と薄味が絶妙にマッチする激うまチャーハンから、仕上げはオイスターソース!?濃い目の味付けに定番レタスをたっぷり入れ込んだ、シャキシャキレタスチャーハン!

ふなせ

板橋区でチャーハンというと思いつくのが、下赤塚の「ふなせ」さんです。

油多めのしっとりしたチャーハンにチャーシューの細切れがたくさん入ったお店です。

見た目に比べて、味付けは強めのチャーハンで、なかなかおいしかった記憶があります。

チャーハンは550円です。

なんでココが思い浮かぶかというと、東京出張に行く時に近くに泊まるんですけど、東京だとスーパー銭湯があるのが東京の北(板橋区)で、他には南(大田区)の黒湯の銭湯近くに泊まるんです。

で、ここは「おふろの王様」の近くなんです。それで知っていました。

東京都板橋区赤塚新町3丁目12−12
営業時間:11:30~20:30
定休日:

Sponsored Link


送料無料大阪王将裏ミラクルセット王将の餃子50個+チャーハン3袋+キムチチャーハン+高菜チャーハン+ガーリック炒飯ぎょうざ】【中華】惣菜

龍王 レタスチャーハン

予告では「濃い目の味付けに定番レタスをたっぷり入れ込んだ、シャキシャキレタスチャーハン!」と書かれているのですが、これたぶん「龍王」さんです。

ここには「レタスチャーハン」があります。(他の店にもありますが)

板橋でレタスチャーハンだったら、こちらを紹介するかなと思いました。

追記:放送では、キムチ炒飯(650円)が紹介されました。

刈部山本さんも行ってますね。

東京都板橋区板橋1丁目49−3
営業時間:11時~24時(金土日は25時まで)
定休日:

Sponsored Link


【送料無料】【大阪王将】炒めチャーハン230gX12袋セット


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想


以下に、上記以外で紹介されたお店のTweetを紹介します。

ラーメン450円+チャーハン500円。さすが板橋価格。

赤さんさん(@aka_tonic)が投稿した写真 –

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。