もけじょ 荻野ゆか マツコの知らない世界 プラモデル女子

Sponsored Link

もけじょ荻野ゆかおぎのゆか-右衛門)さんが10/20放送『マツコの知らない世界プラモデルの世界』に出演します。

現在50歳で小学校三年からプラモデルを始め、気がつくと行き遅れて独身だったという経歴の持ち主で、『月刊モデルアート』などに作品記事が掲載されているプロモデラー(プラモデラー)の方です。

モケジョ 模型+女子


モケジョは「模型+女子」の略で、2014年にNHKで「プラモデルにはまる女子」のことを特集したことで知られるようになりました。

それ以前から、オオゴシトモエさんのようなプロモデラー(プラモデラー)もおり、今回『マツコの知らない世界』でも紹介される強烈キャラ50歳独身プラモ女子の荻野ゆかさんのように40年近くプラモデルおたくをし続けて、プロモデラー(プラモデラー)になっていた方もいらっしゃいます。

Sponsored Link


女子高生=五十六=大和 4 最終決戦! セカンドウォー・リアルII (あくしずレーベル)

山梨県の有名人 荻野ゆか


今回紹介される「荻野ゆか」さんは山梨県の広報サイトでも取り上げられるほどの有名人です。

2015-10-20_160541

UTYテレビ山梨で放送している山梨県で活躍する人々を取り上げる番組『山梨いまじん(今人)』でも紹介されています。

2015-10-20_160736

コクピットと自称する山梨県甲府市の隠れ家(制作スタジオ)にはプラモデルと制作道具が並んでおり、そのオタクっぷりがわかります。

URL:http://www.pref.yamanashi.jp/koucho/tv/ima131127.html

※画像は山梨県広報サイトより

プロモデラー 荻野ゆか=右衛門


今回、『マツコの知らない世界』で紹介される荻野ゆかさんは山梨県甲府市で女子だけのプロモデラーグループ「Mokejo」の発起人の方です。

荻野ゆかさんは、右衛門というペンネームでも活躍しています。

先ほど書いた別のオオゴシトモエさんは女子っぽくピンクの塗装などでプラモデルを楽しむタイプですが、この荻野ゆかさんはガチでスーパーカーや戦艦に戦闘機などの王道まっしぐらの方です。

FC2ブログで「右衛門」のペンネームで活動もされているのですが、「国宝姫路城」とか「東京モノレール」とか「HONDA RA272」(スポーツカー)とか「トヨダAA型」(クラシックカー)などが投稿されており渋いセンスが光っています。

山梨県甲府市でプロモデラーグループ「Mokejo」を設立してプラモデル誌で記事などを執筆。
小学校三年生からプラモデルをつくり、現在50歳独身。
URL:http://profile.ameba.jp/mokejo/
Twitter:https://twitter.com/72_uemon

Sponsored Link


1/16 ソッピース キャメルF.1 プラモデル(再販)[ハセガワ]《10月予約※暫定》

ロイヤルモデル(山梨県甲府市)

荻野ゆかさんの地元にある模型屋「ロイヤルモデル」(山梨県甲府市)さんに作品が展示してあるとのことです。

ここ品揃えを見ると、ずいぶんとマニアックなお店のようです。

Sponsored Link


MODEL Art (モデル アート) 2015年 01月号 [雑誌]

荻野ゆかさんが記事を書いている『月刊モデルアート』という雑誌もかなりマニアックな雑誌です。

山梨県甲府市中央2丁目10−15
URL:http://royalmodel.jp/

Sponsored Link


1/350 艦船シリーズ No.25 日本戦艦 大和 78025


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。