カサローエモ 素材にこだわり過ぎたお店 五反田 大田原牛

Sponsored Link

五反田のカサローエモさんが「素材にこだわり過ぎたお店」として10/13放送『火曜サプライズ』で紹介されます。

撮影ロケは伊藤淳史さんと溝端淳平さんにウエンツ瑛士さんで「こだわりすぎるお肉祭り!」として放送されますが、映画『ボクは坊さん。』の番宣だと思われます。

16万円のステーキとは?

カサローエモってどこにあるの?

通販予約は可能?

カサローエモさんは色々と謎の多いお店のようです。

カサローエモ 五反田

カサローエモさんは、JR五反田駅東口からさほど遠くないところにある炭火ステーキのお店です。

五反田は東京の中でも、お店や会社、そしてマンションなどの個人宅がマゼマゼした独特の雰囲気のある町で、下町のようだし、都会的だし、昔ながらのお店もあるしで、面白い町です。

そんな五反田で住宅街に入りかけのところにあるステーキ店が「カサローエモ」さんです。

素材にこだわったお店と言われ、最高の状態でステーキを提供するために完全予約制(ネット予約あり)です。

ランチでも、ハンバーグでさえ4000円近いお値段(200g)となっています。

東京都品川区東五反田3丁目17−14
営業時間:12時~14時、18時~21時
定休日:水曜、第三火曜
URL:http://casarowemo-shop.com/company.html

こだわり過ぎたお店


カサローエモさんは『マツコの知らない世界』でも紹介されていたりと、メディアでも結構紹介されているお店です。

この前放送された「1000円以上のハンバーグ」の中で紹介されていました。

味付けは塩・コショウのみですが、お店は「純粋・純潔」にこだわった素材を使っており、今回も「素材にこだわり過ぎたお店」として紹介されます。

血統にこだわった黒毛和牛
特注の備長炭
マイナスイオン水
完全無添加ボナペブラックペッパー
中国2000年の歴史がある完全自然塩田の塩

価格もすごくて、上ロース16000円が一番安く、超吟撰ロースが160000円とお値段が10倍の開きがあります。

こだわった素材と宣伝されていますが、味付けは塩とコショウだけなので、素っ気無い味にしかならないはずです。また、口コミで出てくる「まぼろしの大田原牛」というのも、ブランド肉ではありません。

今回のロケではこれを食べ比べたそうですが、自分のお金でも他人のお金でも16万円のステーキとか、たぶん人として食べちゃいけない気がします(笑)

極撰生ハンバーグ 通販なども可能


極撰生ハンバーグ(200g)が2160円で通販可能となっています。

公式サイトから注文できるようになっています。

とはいえ、ハンバーグは高級和牛のもので通販も多いので、いろいろと見てみるのもよいでしょう。

Sponsored Link


★★★黒毛和牛 霜降りハンバーグ10個化粧箱入りお中元(ギフト)・ご贈答にどうぞ 【送料無料】【ギフト】【牛肉】【楽ギフ_包装】【あす楽対応】【10P04Jul15】【RCP】

大田原牛とは何か?

大田原牛というのは「まぼろしの大田原牛」として2005年頃から売り出している牛肉です。

ただ、松坂牛などの公認されているブランド牛とは違って、販売元が「まぼろしの大田原牛」と言っているだけです。

かなり高額なのですが、メディアを利用した宣伝も巧みに行っており、一躍有名になりました。

美味しいという声は多少ありますが、「高すぎ」という話が多いお肉です。

悪評もあるので、今回の放送で「大田原牛」という名称が使われるか気になるところです。

Sponsored Link


フィレ ヒレ 柔らかい シャトーブリアン 赤身 和牛 牛肉 霜降り 希少 A5 訳あり 人気 送料込 【高級黒毛和牛】大田原牛 極上シャトーブリアン〈フィレ〉ステーキ2枚セット(150g×2枚)

こだわりすぎるお肉祭り!


10/13放送(一部20日)『火曜サプライズ テレビ初公開のスゴい豪邸大連発&イケメンだらけの2時間SP!』では、「こだわりすぎるお肉祭り!」が放送されます。

関連記事がありますので、ぜひご覧ください。

するり 肉うどん 吉祥寺 敷居の高い肉うどん

カサローエモ 素材にこだわり過ぎたお店 五反田 大田原牛

旬熟成 熟成肉にこだわり過ぎたお店 麻布十番 六本木


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。